妊娠~育児中の女性に、アロマの効能を試して欲しい理由

妊娠~育児中の女性に、アロマの効能を試して欲しい理由

妊娠から育児の間には様々な体の変化があり、それを楽しむ習慣も生まれてきているようです。

その中で、ストレス解消には、適度な運動や、美しいものを見聞きするとか、人それぞれに解決策があるかもしれません。アロマテラピーもその一つでしょう。

アロマテラピーに使われる精油は、少量で様々な効能をもたらすことが知られています。アロマテラピーには香りを楽しむ芳香浴、キャリアオイルを使ったオイルマッサージ、紅茶に垂らすハーブティなどがあります。

このアロマテラピーによってストレスにアプローチしたいという方へ、妊娠から育児に効果のある精油やその使い方を紹介します。

あとで触れますが、妊娠中から新生児期には通経作用(月経を起こす作用)や分娩促進作用、毒性や神経毒性が高い精油は使うことが出来ませんので、妊娠中から新生児育児のアロマテラピーは種類を限定してたまに、短時間の芳香浴にとどめるべきです。



 

妊娠~育児中の女性に、
アロマの効能を試して欲しい理由

 

妊娠初期はアロマを控えましょう


まずは妊娠中です。妊娠中はフェンネルは妊婦中は子宮刺激作用が強いので使用厳禁 です。また、妊娠初期には同じ作用のあるラズベリー とラベンダー も避けます。

カモミールとオレンジは子宮収斂作用があるため、使用を控えます。アロマになれない人は特に以上のオイルは避けます。また、バジルも避けますが、普段食用しているものはそれほど濃度が濃くないので大丈夫とされています。

ユーカリ、タイム、クミン、ペパーミントには分娩促進効果があり、セージ、ナツメグには通経作用があるので、これらも体調のすぐれない時には避けます。

 

妊娠中期からはたまに芳香浴でリラックスしましょう


妊娠中は慣れていないのならばすべてのオイルで使用を避けるべきとされています。それほど妊娠さんはデリケートなホルモンバランスの時期なのです。妊娠中はハーブ系のオイルは控えたほうがいいことは分かりました。

初期に使えないオイルが中期・後期には使えるのもあるのですが、赤ちゃんの事を考えるとほとんど使わないほうがいいようです。一度や二度ならば影響はないため、あまり神経質にならないことも大事です。

グレープフルーツ、レモンなどの柑橘系は使えますが、ベースのオイルに混ぜてマッサージとして使うより、妊娠中・授乳期、新生児期から乳児期は香りをかぐ程度に抑えたほうが良いです。

 

ドイツ老舗のメディカルハーブを取り入れましょう


ドイツ・マリエン薬局のメディカルレベルの精油とキャリアオイルを使用したストレス用アロマオイルは香りを嗅ぐだけでなく、直接塗ることで成分が浸透し、精油本来の効果を発揮します。

育児中は赤ちゃんはパパに預かってもらい、少しだけ癒しの入浴タイムを楽しむのが良いでしょう。授乳・乳腺炎対策ブレンドティーは、マリエン薬局の自然療法アイテムの中でも最も古くから支持されているメディカルハーブのひとつです。

母乳を作る作用と、流れをよくする作用によって、より快適な母乳育児をサポートします。

 

ミントで足をすっきりさせましょう


妊娠初期に避けるべきだったミントは新生児育児のあとからは掃除機にミントの香りを2.3滴吸わせて掃除をしてみましょう。掃除が終わる頃には、お部屋がさわやかなミントの香りになります。

ちょっとしたことでも苛立ちは抑えられるのでおススメです。疲れた体へ、キャリアオイルに混ぜてさっと塗ってみましょう。

ただし、肩や腕は子供に刺激が強すぎるので、ふくらはぎをかかとの方からひざ裏へさすりあげるマッサージをしてあげましょう、足の疲れも吹き飛びます。

 

カモミールとラベンダーは一度は取り入れましょう


子育てにおすすめの精油といえば、カモミール。

ヨーロッパで古くから民間治療薬に用いられた植物で、女性と子どもの精油と呼ばれます。高ぶっている神経を鎮めて、精神状態を安静に導いてくれるといわれています。

ラベンダーも、鎮静効果に優れます。母子をリラックスさせてくれるこの香りは、子どものかんしゃくをなだめたい時、寝付きが悪い時に良いでしょう。

夜泣きやかんしゃくを起こした時に、キャリアオイルで希釈したカモミールやラベンダーで胸元をやさしくなでてあげたり、アロマランプを寝室で焚いても良いでしょう。

 

子育てアロマスプレーでリラックスしましょう


子育てアロマは先に紹介したカモミールを3滴とラベンダー2滴を、スプレー容器に無水エタノール小さじ1を入れた中に落とし、精製水大さじ3を加え、よく振り混ぜてできあがります。

2週間を目安に使い切ります。使用の際には、目やお肌の敏感な所にはかからないようにしてください。乳幼児への精油の使用には注意が必要です。原則として乳児(0~1歳)には精油は使用できません。

6歳までの幼児には、カモミール、ラベンダー、ティートリーのみ使用可能です、この中で育児アロマを楽しむのが良いでしょう。

 

ティートリーはアロマランプで手軽に使ってみましょう


子育てに活用したいアロマは、風邪をひいた時にはユーカリを加湿器に入れて空気感染予防に役立てることが出来ます。

キャンプに行く時にシトロネラを加えたアロマスプレーを虫除けに使うことも出来ます、天然素材のアロマだから子どもにも安心です。

オーストラリアの先住民が感染症の傷の治療に利用されたといわれ、消毒や殺菌作用に優れるティートリーは、冬にはアロマランプでの使用が良いでしょう。

嫌なにおいを消して、空間をいい香りで満たす香りの拡散力が強く、その殺菌力は弱い子どもの風邪に立ち向かってくれることでしょう。

 

いかがでしたか。

紹介した使い方以外にも、子ども社会にも立派にストレスはあります。

理由のない腹痛や頭痛などの不調を訴える時には、キャリアオイル(精油を希釈するためのオイル)で薄めたカモミールやラベンダーの精油を患部に塗ってリラックスを促すという使い方もあります。

あっという間に元気になったりして、朝、どうして行きたくないの? とか、何が嫌なの? と、聞いたりするよりもよほど安心してお出かけができることもあるようです。あなたもアロマでリラックスしてみませんか。

 

まとめ

妊娠~育児中の女性に、アロマの効能を試して欲しい理由

・妊娠初期はアロマを控えましょう
・妊娠中期からはたまに芳香浴でリラックスしましょう
・ドイツ老舗のメディカルハーブを取り入れましょう
・ミントで足をすっきりさせましょう
・カモミールとラベンダーは一度は取り入れましょう
・子育てアロマスプレーでリラックスしましょう
・ティートリーはアロマランプで手軽に使ってみましょう

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃういます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!