アロマセラピストになる!転職に成功した先輩達の体験談

アロマセラピストになる☆転職成功の先輩達の体験談

アロマセラピストに転身する女性が最近増えているのを、ご存知ですか?女性はアロマが好きな方多くなり、広く知られるようになりました。一般的に、『アロマ』と聞くと癒しやリラックスをイメージします。

けれども、紀元前のギリシャやローマでは心身の健康を維持し、病気にならないようにするためのホリスティック(包括的)な観点から行う、自然療法として用いられてました。薬のような役目をしていたとは驚きますよね!

ではアロマセラピストは、どんな仕事をするのでしょうか?そこで今回は、アロマセラピストを取り上げて、転職成功された先輩達の体験談も交えながら、どういった仕事なのか、どう進んだらアロマセラピストになれるのかをお伝えします。



 

アロマセラピストになる!
転職に成功した先輩達の体験談

 

アロマセラピストの仕事について知ろう!


【 アロマセラピストとは 】

・ アロマテラピーに使われる、香りに関する知識と癒しを与える様々な技法を学び、リラックス効果や、幸福感を促進させる仕事に従事する人のことです。

国家資格はありませんが、民間の資格があります。アロマ協会もいくつかあり、AEAJ(日本アロマ環境協会)英国IFA協会などです。

いくつかある協会認定の学校でアロマの知識や施術などを学び、試験を受けて合格して初めてアロマセラピストとなります。

【 アロマセラピスト以外の仕事 】

・ アロマセラピーインストラクター
・ アロマセラピーアドバイザー
・ メディカルアロマセラピスト

などがあります。

アロマセラピストはリラクゼーションサロンエステのイメージですが、現在は医療や福祉、もちろんショップでのお仕事などもあります。

仕事例)

★ 産婦人科にて

・ アロマを用いて陣痛を和らげる
・ 出産前にリラックスするアロマを使用。
・ つわりが酷い妊婦さんには、つわりが和らぐアロマをご提案。

★ 心療内科や精神科にて

・ リラックスや緊張を解き、不安を取り除く作用のあるアロマを芳香する。
・ リラックス効果のあるアロマで、トリートメントを行う。

などなどがあります。

しかしアロマセラピストは医者や薬剤師ではないので、不眠症にはこのアロマが効果があるなどと言って、精油を販売したり、勝手に症状を診て病名を判断したりしてはいけません。

またアロマセラピストといえばマッサージですよね!ですが、マッサージも法的にはあん摩や指圧などとは違うとされています。あん摩などをアロマセラピストが行ってしまうと法に触れてしまうのが現状です。こういった法律も頭に入れておけば大丈夫です。

さて、アロマセラピストの仕事を簡単にご説明しましたが、実際に転職成功の先輩達2人の体験談を聞いていきましょう!

 

転職成功の先輩達の体験談を聞こう!


(Iさんの場合 販売業からアロマセラピスト→開業成功!

★ Iさんは以前販売業で勤務していました。

毎日ノルマのことを上司に言われ、自分が心身共に疲れて果ててしまい、休職を余儀なくされました。その後心療内科の受診を勧められ、行った病院でアロマセラピストの先生に出会います。

医師のメディカルチェックを受けた後に、アロマセラピストの先生と少し話をして、アロマトリートメントを行ってもらいました。それからアロマに興味を持ち、休職中に勉強することに。

アロマセラピストになるという目標を持つことによって、心身の健康も少しずつ取り戻して行きました。

★ まずは通信講座で勉強

約半年後に試験を受け、無事に合格することができました。その頃には、すっかり元気になり、病院も通院しなくていいようになりました。

そして、販売業を辞めて、自宅近くリラクゼーションサロンで5年働き自宅サロンを開業しました。同じように心身共に疲れているお客様が多く、カウンセリングしながらも普通の会話をして、心を解していけるように努力しています。

Iさんは、施術が終わった後にも癒しをプレゼントできるようにお仕事しています。

★ 毎日辛いと思う仕事よりも、きついけど楽しいと思える仕事をしているので本当に転職してよかった。との感想です。

 

訪問看護師からアロマセラピストへ転身!


(Sさんの場合 訪問看護師からアロマセラピストに転身し、開業へ!

★ Sさんは訪問看護師として在宅医療に携わっていました。

Sさんはちょうどその頃、訪問看護の仕事で抱えたストレスが頂点に達し、体調不良を感じていたこともあり、上司に嘆願してアロマセラピーのセミナーに参加したのです。

そのとき参加した研修は「アロマセラピーって何?」から始まる入門的な内容であり、新鮮で、リフレッシュでき、楽しく学ぶことができました。それを機に20数年にわたる看護職としての生活にピリオドを打つことにしました。

通信教育修了後は、自宅サロンを開業。肩こり、腰痛、ストレスケアなどのトリートメントを施術し、軽快していかれるクライアントの皆さんから大変喜んで頂きました。

★ 現在はクリニックで、看護師兼アロマセラピストとして仕事。

自宅サロンも存続しています。Sさんは家庭医学として、各家庭にも取り入れられるように、後身の指導にも携わっています。

 

いかがでしたでしょうか。アロマセラピストに転職成功された先輩二人とも、仕事で何らかのストレスを感じたことが、転職するきっかけとなりました。現在ではアロマテラピストとして、やりがいのある仕事を掴んでいます。

現代社会では、誰もがストレスを抱えています。どんなきっかけでも、まずはアロマセラピストの知識を少しずつ知る、「最初の一歩を踏み出す」ことが始まりなのかもしれません。転職に悩まれている方がいたら、一つの選択肢としてアロマセラピストも一案です。

アロマテラピストとしての仕事は、その他にもクリニックやショールームの香りデザインをしている先輩なども見受けます。香りによる気分の誘導は、医療や癒しの分野だけではありません。また、エッセンシャルオイルの専門店でアドバイザーをしている先輩もいます。

癒しだけでなく風邪をひいた時夏の虫刺され予防に、花粉症にと、アロマセラピストの知識は他人だけでなく、自分自身や家族にも使えます。まずは気軽なベイビーステップから、初めの一歩を踏み出してください!

 

まとめ

アロマテラピストとして活躍した先輩の、転職成功体験談

・アロマセラピストは病院や福祉などでも必要とされている
・心身の不調をきっかけにアロマセラピストの道へ、現在はサロン開業!
・訪問看護師からサロン開業と、クリニック勤務のふたつの仕事を両立

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃういます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!