あなたの肌にピッタリの美容オイルを見つける7つのポイント

あなたの肌にピッタリの美容オイルを見つける7つのポイント
保湿だけでなく、導入やマッサージ、化粧落しにまで使える美容オイル。しかし、一方ではオイルを使うと脂っぽくなったりニキビができてしまうなんて方もいらっしゃいます。

それは間違った使用量、使用法による場合がほとんど。肌は水分と油分のバランスが整っていることで潤いが保たれます。使用量が多すぎるとそのバランスが崩れてしまうのでトラブルになってしまいます。

また、こすり過ぎや乾いた肌に起こる摩擦などもトラブルを招く原因に。いくら使用量を守っていても肌トラブルが無くならない場合は、そのオイルがあなたの肌に合っていない可能性があります。

ご自分の肌の状態に合わせてオイルを選び、心配なくお手入れを続けられたらいいですよね。そんな方のために、あなたの肌にピッタリ合うオイルの見つけ方をご紹介します。

[ →続きを読む… ]

シクラメンの育て方、室内でキレイな花を咲かせる為の7つのコツ☆

シクラメンの育て方、室内でキレイな花を咲かせる為の7つのコツ☆
冬になると出回る球根性の植物、シクラメン。「冬の鉢花の女王」とも言われるほど美しく、大輪を咲かせる立派なものから小さな花を咲かせるものまでありますよね。

一般的には大輪のものはデリケートな室内用、小輪のものは丈夫な屋外用とされており、最近では野生の品種に近く丈夫で育てやすい屋外向けのミニシクラメンの一つ「ガーデンシクラメン」が人気となっています。

同じミニシクラメンでも屋外には向かない室内用のものもありますので、お花屋さんとコミュニケーションをとりながら用途に合わて選びましょう。

そして今日お伝えしたいのは室内向けのシクラメンを室内でキレイに花を咲かせる為のコツ。少し気をつけなくてはいけないこともありますが、上手に育ててキレイなシクラメンを楽しみましょう。ではご覧ください。

[ →続きを読む… ]

金木犀の花言葉で、そっと恋心を知らせる7つの方法

金木犀の花言葉で、そっと恋心を知らせる7つの方法秋になるとどこからともなく香る金木犀の香り。暑い夏が終わり、金木犀の香りに秋の訪れと恋の季節を感じる人も少なくないのではないでしょうか。

金木犀は江戸時代に中国から渡来してきました。中国では古くから金木犀の花をお酒に漬けたりお茶に入れたり蜜煮にしたりと、その香りは広く愛されてきました。

香水などにも用いられる甘く特徴的な香りはそれぞれの花言葉にも表れています。恋をしているけどなかなか思いを伝えられない方は金木犀の甘い香りと花言葉の力を借りて勇気を出してみてはいかがでしょうか。

金木犀らしい花言葉からちょっと意外な花言葉まで、そっと恋心を知らせる7つの方法をご紹介します。上手に活用してあなたの思いを届けてみましょう。

[ →続きを読む… ]

ブーゲンビリアの育て方。綺麗な花を咲かせる9つのコツ

ブーゲンビリアの育て方。綺麗な花を咲かせる9つのコツとある戸建のおうちに、ブーゲンビリアのアーチが作られていました。春になるとあざやかな濃いピンク色の花が咲き誇り、それはそれはきれいな光景でした。

ブーゲンビリアは春から秋にかけて、何度も成長と開花を繰り返します。それだけ長く楽しめる花なので、先述したアーチのある家の他にも、鉢植えなどで、外からも目立つところに植えられていることも多く見られます。

また、長く花がついてくれるから、育てる方も楽しく育てることができます。つる性の樹木なので、形もある程度は好きなように作ることができます。

一度育てたら虜になる花なので、興味がある人には、その魅力を肌で感じてもらいたいと思います。

では、これから、綺麗な花を咲かせるための、ブーゲンビリアの育て方をこっそり教えちゃいます。是非読んでみてくださいね。

[ →続きを読む… ]

シクラメンの育て方、ちょっとしたコツで長持ちさせる7つの方法

シクラメンの育て方、ちょっとしたコツで長持ちさせる7つの方法
シクラメンはサクラソウ科の多年草で、10月から3月の寒い季節に花を咲かせ、赤やピンク、白などが定番の色で、珍しい花色としては黄色や紫の品種もあります。また花の形も花弁にウェーブの入ったロココ咲きや、八重咲きものがあるなど種類も豊富です。

シクラメンは可憐な花ですが、恥ずかしそうにうつむいた花の付き方をすることから「内気」「はにかみ」「遠慮」などの花言葉を持っていて、原産地のイスラエルに伝わるエピソードとして、ソロモン王とシクラメンの物語があります。

ソロモン王は王冠に花のモチーフをあしらいたいと思い、様々な花に頼みますが断られてしまいます。シクラメンは困り果てているソロモン王が気の毒になり、モチーフになることを約束します。喜んだソロモン王がシクラメンを称賛しますが、シクラメンは恥ずかしくて真っ赤になってうつむいたのでした。

そんな心優しいエピソードのあるシクラメンの花、和名では「篝火花(カガリビバナ)」と言います。篝火が燃えているような花びらの様子を表わしたものです。

真冬でも炎のように美しく咲くシクラメンは園芸種として人気があります。そこで今回はシクラメンをより元気で長持ちさせるコツについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]