寄せ植えで玄関を彩る☆失敗しない7つのポイント

寄せ植えで玄関を彩る☆失敗しない7つのポイント

ひとつの鉢やコンテナに色とりどりの花を植えて楽しむテクニック、それが寄せ植えです。

植物のバランスや色合いが見事に調和している寄せ植えには、芸術性さえ感じられるものです。この寄せ植えは、いくつかポイントを押さえれば誰にでもチャレンジが出来ることはご存知でしょうか。

もちろんこれから始める方は「どんな植物を選べばいいのかな?」「どのように複数の植物を同時に育てていけばいいのかな?」など、疑問が絶えないことでしょう。そこで今回は初めて寄せ植えに挑戦する方へ、失敗しないためのポイントを7つにまとめてみました。

素敵な寄せ植えが完成したら、ぜひ玄関に飾ってみましょう。玄関は言わば「家の顔」。花々が出迎えてくれたら、家族のみんなもお客さまもあなた自身も、きっと明るい気持ちになりますよ。

[ 続きを読む… ]

アネモネの花言葉☆花に込められた哀しい恋の伝説とは

アネモネの花言葉☆花に込められた哀しい恋の伝説とは

アネモネの花言葉は、儚くて切ない意味合いの言葉ばかりだと知っている人は少ないかもしれません。しかし、アネモネをテーマにした歌の歌詞を見てみると失恋のエピソードだったり、叶わぬ恋のエピソードのものが多いのです。

それは、アネモネの花言葉がハッピーな意味ではなく、恋愛に関して哀しい意味を持つためなのです。

しかし、アネモネの花は3月から5月頃の春の季節に咲き、また、見た目も可愛らしいのが特徴です。色は、赤や白、青や紫など色鮮やかなものばかりで、とても哀しい気持ちを連想させるようには思えません。

それでは、アネモネの花言葉はなぜ儚くて切ない意味合いの言葉ばかりなのでしょうか。アネモネの花言葉の由来となった哀しい恋の伝説を交えて、アネモネの花言葉に関するエピソードをご紹介します。

[ 続きを読む… ]

花の画像をSNSに投稿したい!スマホでも美しく撮る秘訣

花の画像をSNSに投稿したい!スマホでも美しく撮る秘訣

花の画像をSNSに投稿したら、たくさんの人に注目してもらいたいと思う人は多いでしょう。しかし、一眼レフのカメラをいつも持ち歩くのは難しいですし、キレイだなと思う花は思いがけないタイミングで出会ってしまうものです。

そんな、思いがけないタイミングで画像にしたいと思うような花を見かけた時に手持ちのスマホでも美しく撮ることができるポイントをご紹介します。スマホのカメラ機能の画素数や画質は今やデジカメに引きを取らない位のレベルまで発達していますが、上手く撮るポイントを知らないと、つまらない画像になってしまいます。

しかし、ちょっとした工夫をするだけでSNSで、友人達に「お!」と思わせる花の画像を撮ることができるので、ぜひ、すぐに実践してみましょう。

[ 続きを読む… ]

花の画像をキレイに撮るには?専門家が教える7つのコツ

花の画像をキレイに撮るには?専門家が教える7つのコツ

花の画像の撮影テクニックは、カメラが趣味な人にはもちろん、カメラが趣味とまでは行かないまでもスマートフォンなどで写真を撮るのが好きな人にも欠かせないものです。花は、キレイですし、見ているだけで心が癒やされたり、華やかな気持ちにさせてくれます。

また、花の画像は人を不快にすることがないので、同じ写真好きの友人と見せ合って楽しむことができますし、SNSにシェアもしやすいでしょう。しかし、自分で撮った花の画像をせっかく誰かに見せるのならば、キレイに撮りたいですよね。

そこで、日頃からカメラが趣味である程度のスキルがある人はもちろん、カメラ初心者の人でも簡単に実践できて、花の画像がキレイに撮れるテクニックとコツをご紹介します。

[ 続きを読む… ]

ボックスフラワーを自分で作る為の予算とその方法

ボックスフラワーを自作!その手順や予算をまとめました
箱の中に色とりどりのお花!ボックスフラワーは見る人の心をたちまち和ませてくれます。このボックスフラワー、実は誰でも作ることができるのです。

花を箱の上面に配置していくので、フラワーアレンジメントの経験がない方でもイメージが湧きやすく、作りやすいとも言えます。けれども、いざ作ろうと準備を進めると、花と箱以外に、何を準備すれば良いのか、迷う人々が多いようです。

とは言えボックスフラワーは購入する場合、少なくとも3,000円台、高価なものは10,000円以上の価格となりますので、予算も気になるところですね。そこで、ここではボックスフラワーに必要な材料や作り方の手順、美しくアレンジできるアイディアを簡単にまとめてみました。ぜひこちらを参考に、トライしてください。

[ 続きを読む… ]