貰った切り花をちょっとしたコツで長持ちさせる7つの方法

貰った切り花をちょっとしたコツで長持ちさせる7つの方法 最近ではフラワーショップでもミニブーケやミニアレンジなど、切花のバリエーションが豊富になっています。

価格的にもプチプライスで、ちょっとしたプレゼントに貰ったことのある方も多いのではないでしょうか。人から貰った時には、美しい切花の中にくれた人のあたたかさを感じ、ホッと心あたたまる感じがするのではないでしょうか。

いつまでも見つめていたい美しい切花ですが、2,3日もするとすっかり花の頭がたれ色あせてしまうといった寂しい体験をした方も多いことでしょう。

仕事や家事で忙しい日常の中で、つい水かえを怠ってしまい、切花が長持ちしないというケースもあると思います。今回は貰った切花をちょっとしたコツで長持ちさせる7つの方法をお伝えいたします。

[ 続きを読む… ]

カサブランカの花をキレイなまま長持ちさせる7つのコツ☆

カサブランカの花をキレイなまま長持ちさせる7つのコツ☆
ユリ科によくある内側の模様や斑点がなく、真っ白なのが特徴的なカサブランカ。その様子から「白い家」という由来があります。カサブランカなどのユリ科がオリエンタル系と言われるのは、東洋原産のユリを基本に交配してできたため。

東洋の植物ということで日本との相性も良く、育てるのもそこまで難しくないお花です。明治維新直後には日本の輸出品の13%がユリの球根だったことも。

ユリの中で最も大きな花を咲かせ、6月~8月の開花期には香り高い優雅な芳香を漂わるカサブランカ。その姿はまさにユリの女王と言われるのに相応しく、日本のように大きな花のユリが無かったヨーロッパにとって、東洋のユリは衝撃的だったようです。

鉢植えでも庭植えでも、ちゃんとお世話をしてあげると毎年花を咲かせてくれるので、コツを覚えて見事なお花を育てましょう。

[ 続きを読む… ]

チューリップの育て方、来年も花を咲かせるためにやるべき7つの事

チューリップの育て方、来年も花を咲かせるためにやるべき7つの事
春の代表的な花と言えば、桜のほかに忘れてはならないのが『チューリップ』ですよね。入園・入学式などには必ずと言っていいほど飾られていたり、小学校の植木鉢や花壇で栽培したりと、私たちになじみのある花です。

そんなチューリップは、もともと地中海沿岸から中央アジアにかけて分布する球根植物で、実に150種も存在しています。比較的栽培しやすいため、ホームセンターなどでたくさんの球根が並んでいるのを見かけたことがあるのではないでしょうか。

しかし、球根植物は開花後に適切な処理を施さないと、翌年も花を咲かせることが難しいのです。せっかくであれば、正しいチューリップの育て方を知って、長く楽しみたいですよね。そこで今回はチューリップを翌年も楽しむための育て方についてお伝えします。ではご覧ください。

[ 続きを読む… ]

シクラメンの育て方、ちょっとしたコツで長持ちさせる7つの方法

シクラメンの育て方、ちょっとしたコツで長持ちさせる7つの方法
シクラメンはサクラソウ科の多年草で、10月から3月の寒い季節に花を咲かせ、赤やピンク、白などが定番の色で、珍しい花色としては黄色や紫の品種もあります。また花の形も花弁にウェーブの入ったロココ咲きや、八重咲きものがあるなど種類も豊富です。

シクラメンは可憐な花ですが、恥ずかしそうにうつむいた花の付き方をすることから「内気」「はにかみ」「遠慮」などの花言葉を持っていて、原産地のイスラエルに伝わるエピソードとして、ソロモン王とシクラメンの物語があります。

ソロモン王は王冠に花のモチーフをあしらいたいと思い、様々な花に頼みますが断られてしまいます。シクラメンは困り果てているソロモン王が気の毒になり、モチーフになることを約束します。喜んだソロモン王がシクラメンを称賛しますが、シクラメンは恥ずかしくて真っ赤になってうつむいたのでした。

そんな心優しいエピソードのあるシクラメンの花、和名では「篝火花(カガリビバナ)」と言います。篝火が燃えているような花びらの様子を表わしたものです。

真冬でも炎のように美しく咲くシクラメンは園芸種として人気があります。そこで今回はシクラメンをより元気で長持ちさせるコツについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

花の名前の漢字を使って素敵な名前を考える7つのコツ

花の名前の漢字を使って素敵な名前を考える7つのコツ
綺麗な花の名前に使われる漢字は、やはり綺麗で素敵なものが多いですよね。そんな花の名前の漢字を使った名前はきっと花のように素敵な名前になるでしょう。

花の名前を付けるのはよくないとも言われていますが、花は人を癒し、明るい気持ちにしてくれますので、花の名前を使いたいという方は多いのではないでしょうか。

実際に、花の名前の漢字を使った名前は人気の名前の上位に選ばれていますよね。

女の子の名前に使われることが多いですが、男の子の名前にも使える花の名前の漢字はたくさんあります。

花の名前の漢字を使って名前を考えるのはあなた自身なので、あなた次第で可愛くもかっこよくもなります。今回は、花の名前の漢字を使って名前を考える際のコツを紹介したいと思います。

[ 続きを読む… ]