桜の種類と名前で選ぶ、関東にある桜の名所おすすめ7選!

桜の種類と名前

桜は日本の美の象徴として、万葉の時代から人々に愛され歌にも詠まれてきました。和歌で「花」と出てくれば、それは桜を意味すると言われるほどです。待ちわびた春の到来を告げる花でもあり、はらはらと美しく散る様子にはかなさや散り際の美学を見る人も多いでしょう。

桜はバラ科に属し、10種の野生種と300種あまりの栽培品種があります。最も有名な桜の品種はソメイヨシノ(染井吉野)で、桜の名所とされるほとんどすべての場所で見ることができます。

江戸時代頃までは桜といえば山桜を指していましたが、明治以降はソメイヨシノが主流となりました。学校や公園の多くに植えられている桜でもあります。しかし、美しい桜はソメイヨシノだけではありません。たくさんのきれいな品種が存在しています。

今回は知っておきたい桜の品種と名前をご紹介し、その桜が見られる関東の名所をおすすめしたいと思います。春は桜前線の北上のニュースとともに、うきうきした気分になるものです。ぜひ次の桜の季節には、いつもと少し違う様々な種類の桜に心を留めてみてください。

[ 続きを読む… ]

ブーゲンビリアの花言葉を使って粋な告白をする7つの方法

ブーゲンビリアの花言葉を使って粋な告白をする7つの方法

ブーゲンビリアというと、常夏の島に咲いているイメージがあります。ハワイをはじめ、バリ島、セブ島などの南国リゾートで、目にすることが多いからでしょうか。

南国の海に、ブーゲンビリアの赤やピンク、オレンジ色などはとても合いますよね。

「ブーゲンビリア」という名前は1768年に、ブラジルでこの木を見つけたフランス人「ブーガンヴィル」さんからつけられたようです。原産地は、中央・南アメリカの熱帯雨林なんだそうです。

とても情熱的な香りのするこの花ですが、花言葉「あなたしか見えない」という、メッセージが秘められています。そんなまっすぐな気持ちを伝えるために、ブーゲンビリアの花に手伝ってもらってはいかがでしょう。

粋な告白をする7つの方法、ぜひ参考にしてみてください。

[ 続きを読む… ]

【愛を伝える王道】バラの花言葉が幸福をもたらす理由とは

【愛を伝える王道】バラの花言葉が幸福をもたらす理由とは

バラは愛と美の象徴とも言われ、古くから愛を伝える花として親しまれてきました。

園芸品種だけでも3万種ほどもあり、花色のバリエーションが豊富です。

バラの花と一口に行っても形や色それぞれに違った美しさがあり、花言葉もたくさんあります。バラの花言葉の中には愛を伝えるのにぴったりのものが多くあるので、ぜひ花言葉を添えて贈ってみましょう。

バラの花名はケルト語で赤色を意味する「rhodd」に由来しています。

告白やプロポーズでイメージする赤いバラの花は、好きな人へ贈る花の王道と言っても過言ではありません。聖母マリアや女神ヴィーナスとも重ねられるバラの花は、自分にとって唯一無二の相手に贈りたい花です。

バラはたいへん華やかで存在感があるので、バラだけの花束でも美しいですし、ほかの花とアレンジしてもバラの輝きが際立ちます。

今回はバラの花言葉をご紹介しながら、バラの花言葉が幸福感をもたらす理由を考えていきたいと思います。優雅なバラの花であなたの想いを届けてみてくださいね。

[ 続きを読む… ]

胡蝶蘭の育て方にはコツがある?その技法とノウハウ

胡蝶蘭の育て方にはコツがある?その技法とノウハウ

胡蝶蘭は洋ランの中でも優美で人気のある花の一つです。

たくさんの花が重なり合うように咲く姿は、ゴージャスで気品があります。胡蝶蘭の正式な名前はファレノプシスと言い、ギリシャ語で「蛾のような」という意味を表わすそうです。

蝶が舞うような花の形をした胡蝶蘭はたいへん美しく、花の寿命が長いのでギフトとしても重宝されています。

東南アジアを原産とする胡蝶蘭は、熱帯から亜熱帯のジャングルに自生しています。

胡蝶蘭は樹上に着生する種類のランで、木漏れ日の挿す比較的高い樹木の幹や枝に着生して生育します。したがってご家庭で栽培する際には、自生地の環境に近づけてあげることが大切です。

高温多湿ですが風通しが良いことが、胡蝶蘭を元気に育てるポイントです。

難しいと思われがちな胡蝶蘭の栽培ですが、コツをおさえておけばきれいな花を長期間楽しむことができます。

冬越しさせるコツや、病気にならないコツをつかめば、10年以上生きるとも言われています。育て方の技法とノウハウを知って、美しい胡蝶蘭を長く楽しみましょう。

[ 続きを読む… ]

バラの花言葉を知って、気持ちを上手に伝える7つの秘訣

バラの花言葉を知って、気持ちを上手に伝える7つの秘訣

誕生日や結婚記念日、そしてプロポーズのときなど、花束が大活躍です。

統計を見ても、女性がもらって嬉しいプレゼントのトップには花束があります。花束+αがあるともっと嬉しいのが女性の本音ですが、花束を見ると無条件に嬉しくなります。

さて、花束に使う花と言えば定番中の定番は「バラ」。

今まで、いろいろな花束を見てきましたがバラが含まれていない花束を思い出すほうが難しいくらいです。

実は、1種類だけにまとめた花束を贈る方が、気持ちを伝えやすくなると言われています。それは花言葉を利用できるからなんですね。花言葉を知らずに花束を贈ると全く違う意味に、勘違いをされる危険性もあります。

さらに、バラには花の色や、本数や、花以外の部分にもそれぞれ違う花言葉があるので、安易に花束にして渡せませんね。

そこで、ここでは、バラの花の色によって異なる花言葉を紹介していきたいと思います。

[ 続きを読む… ]