黄色のお花をメインに超かわいい花束を作る7つのコツ☆

黄色のお花をメインに超かわいい花束を作る7つのコツ☆
黄色のお花。黄色のお花を想像した時に感じる気持ち。ひまわり、たんぽぽ、チューリップ・・・なんだか元気な明るい気持ちになって来ますよね。

春には一面に広がった菜の花畑が各地で観光スポットになります。夏になれば、太陽に向かって元気いっぱいに咲いているヒマワリ畑。それから、タンポポのいっぱいに咲いた野原。

想像しただけで、心の中がポカポカとしてきて、希望に満ち溢れたような気分になってきます。そう、黄色いお花には、私たちを元気にしてくれるパワーがあるんです。

そんなすごい力を持つ黄色いお花。黄色いお花のそのパワーを生活に取り入れてみませんか?ちょっとしたコツさえつかめば、誰でも簡単に花束を作ることが出来ます。

自分用に上手に花束にしたものをお部屋に飾ってももいいし、簡単にラッピングして贈り物にできちゃいます。お花屋さんで好みのお花を求めるのもいいですが、野の花を摘んできて花束にするなんていうのも、自然のパワーもいっぱいもらえて、とても素敵ですよね。

[ 続きを読む… ]

水仙の花言葉がプレゼントに向いていない7つの理由

水仙の花言葉がプレゼントに向いていない7つの理由
冬の12月頃から初春4月あたりまで、昔から民家の近くで咲いていた水仙の花。ややうつむきかけたその花は、庶民の心をなごませ身近に親しまれてきました。

自宅でも育てやすく近所の花屋で球根を買って、幼い頃育てた経験のある方もいるのではないでしょうか。

温暖化の影響や花の栽培技術の進化により、近頃の理科の授業などでは水仙が冬の花であるのか、春の花であるのか。子どもたちの間でも議論になるようです。そんなあまりにも身近な水仙の花は、プレゼントにすることを忘れてしまうようなところもある花ですね。

けれども、水仙は親しまれつつもプレゼントの花にはされない理由がいくつかあります。今回は西洋と東洋のそれぞれの花言葉から水仙がプレゼントに向かない理由をお伝えいたします。

[ 続きを読む… ]

贈る前に知っておきたい水仙の花言葉、7つの意味

贈る前に知っておきたい水仙の花言葉、7つの意味
水仙の学名はNarcissus(ナルシサス)です。ギリシャ神話に登場するナルキッソスという美少年が由来とされています。ナルキッソスはそのあまりの美しさから周囲の女性を虜にし、沢山のアプローチを受けていました。

しかし高慢な性格と自分の美しさを鼻にかけていたナルキッソスは、決して自ら誰かを愛そうとはしませんでした。その態度に怒った復讐の女神ネメシスによって自分しか愛せない呪いをかけられ、水面に映った自分に恋をすることに。

やがて恋する気持ちで食事もできなくなったナルキッソスは憔悴して息絶えました。その姿が水辺でうつむきながら咲く水仙の花に変わったというお話です。

このような神話からうまれたこともあり、水仙にはナルキッソスを象徴するような花言葉が込められています。そこで今日はナルキッソスを象徴するような花言葉とは何か、そして誰かに贈る前に知っておきたい、水仙の花言葉についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

カスミソウの花言葉に合わせて、一緒に花束にすると素敵な7つの花

カスミソウの花言葉に合わせて、一緒に花束にすると素敵な7つの花
皆さんは『カスミソウ』と聞いて、どんなことを思い浮かべますか。多くの人が『花束の脇役』だったり『あまり目立たない存在』だったりと、少し地味な印象を持っているのではないでしょうか。

しかし、カスミソウは花束にはかかせない存在です。主役の鮮やかなお花を引き立ててくれますし、数種類入っている花束もきれいにまとめてくれます。このカスミソウがあるのとないのとでは、花束の印象も大きく変わります。

また、カスミソウは素敵な花言葉を持っています。花束を贈るときに、カスミソウの花言葉に合わせて、メインのお花を選んでみてはいかがでしょうか。

花束を受け取った相手との会話も弾みますし、何より思いがより一層伝わるはずです。そこで今回はいつも脇役になりがちなカスミソウに焦点をあてて、一緒に贈ると素敵なお花を紹介します。

[ 続きを読む… ]

花の名前の漢字を使って素敵な名前を考える7つのコツ

花の名前の漢字を使って素敵な名前を考える7つのコツ
綺麗な花の名前に使われる漢字は、やはり綺麗で素敵なものが多いですよね。そんな花の名前の漢字を使った名前はきっと花のように素敵な名前になるでしょう。

花の名前を付けるのはよくないとも言われていますが、花は人を癒し、明るい気持ちにしてくれますので、花の名前を使いたいという方は多いのではないでしょうか。

実際に、花の名前の漢字を使った名前は人気の名前の上位に選ばれていますよね。

女の子の名前に使われることが多いですが、男の子の名前にも使える花の名前の漢字はたくさんあります。

花の名前の漢字を使って名前を考えるのはあなた自身なので、あなた次第で可愛くもかっこよくもなります。今回は、花の名前の漢字を使って名前を考える際のコツを紹介したいと思います。

[ 続きを読む… ]