ホルモンバランスの崩れが日常生活に及ぼす7つの影響

ホルモンバランスの崩れが日常生活に及ぼす7つの影響

女性は男性と比べると、体調の変化が頻繁に起こっています。

それはホルモンバランスが変化していることが深く関係し、さまざまな原因が積み重なることでホルモンバランスは崩れやすくなります。女性の持つホルモンは「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類ありますが、この2つのホルモンがバランスよく分泌されることが理想とされています。

一生で分泌されるのはたったのスプーン1杯分。それほどの微量を視床下部がコントロールして分泌しています。ホルモンバランスの乱れは妊娠や月経前に多く分泌されるプロゲステンが多かったり少なかったり。月経後に増えるエストロゲンが減少することで引き起こされます。

今回はホルモンバランスの崩れが日常生活に及ぼす7つの影響を紹介します。



 

ホルモンバランスの崩れが
日常生活に及ぼす7つの影響

 

あなたはどのタイプか知りましょう


まずはどのタイプか知りましょう、生理前に多い症状を思い出し、チェックします、当てはまる項目が多いものがあなたの体質になります。

自律神経の乱れタイプは身体がスムーズに動かない・肩こりがひどくなる・めまいがする・手足の冷えを強く感じる・下痢になる・不安が高まる・整理整頓がしたくなる・アレルギー症状(目や鼻など)が出る。いくつあてはまったでしょうか。

次でセロトニン不足タイプと卵巣疲れタイプに多い症状を紹介します。

 

体質は自律神経乱れ・セロトニン不足・卵巣疲れです


セロトニンの不足タイプに多い症状は食欲が増す・便秘になる・眠くなる・頭痛がする・のどが渇く・怒りやすいもしくは攻撃的になる・涙もろくなる・一人でいたいと思う。です。

次に卵巣疲れタイプは以下のような症状が出ます。下腹が痛くなる、もしくは張る・乳房が痛くなる、もしくは張る・にきびが出来やすい・身体や顔がむくむ・おりものが増えて気になる・イライラする・腰が痛くなる・化粧のりが悪くなる。

あなたはどのタイプがいくつでしたでしょうか。 次にそれぞれの対処法をお知らせいたします。

 

自律神経乱れの原因を知りましょう


自律神経の乱れタイプの人は生理前に、肩こりや手足の冷え、めまいなどの症状を強く感じます、自律神経が乱れているためです。

普段から「交感神経優位」の生活で、血管・神経系に不調が出やすくなります。一時的、または過度のストレスで女性ホルモンに影響が出ます。ストレスで自律神経が乱れると、卵巣への指令が上手く伝わらず、女性ホルモンも乱れてしまいます。

また、気持ちの面よりも身体の不調が強く出る傾向にあり、生理痛が強かったり、生理中まで不調を強く感じる方が多いのも特徴です。

 

自律神経乱れのセルフケアを学びましょう


自律神経乱れ型のセルフケアとしては、入浴やマッサージで身体を温めるに尽きます。

交感神経優位で末端まで血行が行きわたらず、子宮や卵巣への栄養素も十分に届いてない状態です。入浴などで身体を温めて、ホルモンバランスを整えましょう。身体が凝り固まっている方が多いので、マッサージなどで筋肉を緩めるのもよいでしょう。

副交感神経が優位になり、自然と女性ホルモンのバランスが良くなっていきます。マッサージにはキャリアオイルに女性のためのオイルと言われるフランキンセンスを混ぜると良いでしょう。

 

セロトニン不足の原因と対策を知りましょう


セロトニン不足タイプの人は生理前に気分や感情面の不調が出やすい傾向にあります。タイプ別にあったような食欲増加・睡魔などの症状はエストロゲンの低下により、脳内物質セロトニンも一緒に低くなるので起こります。

加齢でもこの症状は出やすくなります。セロトニン不足の人はまずは呼吸に気をつけましょう。

ゆっくり長めに吐くことを意識して卵巣まで酸素を送り、細胞を活性化させます。 ウォーキングやジョギングなどのリズム運動も有効です。

 

卵巣疲れは自律神経不足と間違えやすい


卵巣疲れで女性ホルモンが乱れてくると、身体のむくみやイライラ、下腹部の張りを強く感じたり、にきびが出るようになります。

20代~30代前半の方が該当する場合、自律神経の乱れやセロトニン不足からくる女性ホルモンの乱れの場合が多いので、卵巣ではなく、自律神経やセロトニンのケアをすることが大切です。

30代後半~50代くらいまでの方は、加齢による卵巣機能の低下で女性ホルモンの乱れが出ます。女性ホルモンを補う生活を心がけることが重要です。

 

卵巣疲れは食べ物で取り除きましょう


卵巣疲れの方は、食事の際にたんぱく質、ビタミンE、カリウム、コエンザイムQ10など、卵巣の新陳代謝がスムーズになり、女性ホルモンが活性化する食材を積極的に摂りましょう。

また、運動によってもエストロゲンが出てきます。ウォーキングなど適度な有酸素運動を行うと、女性ホルモンの減少による不調から解放されます。

ビタミンEはアーモンドやイクラやたらこに多く含まれます。 コエンザイムQ10は牛肉やキャベツに多く含まれます。

 

日常で女性ホルモンが乱れやすい原因のうちストレスは、自分が意識しない間にどんどんたまって女性ホルモンの分泌を乱してしまっている可能性がありますので、不調になったときはストレス解消にも努めましょう。

体を動かしたり音楽を聴いたり歌を歌うことで緩和されることが分かっています。

一生で分泌される女性ホルモンの量はたったのスプーン1杯。ほんの少しの量で体に大きな影響を与える女性ホルモン。これをうまく調節して快適な毎日を送りたいですね。

 

まとめ

ホルモンバランスの崩れが日常生活に及ぼす7つの影響

・あなたはどのタイプか知りましょう
・体質は自律神経乱れ・セロトニン不足・卵巣疲れです
・自律神経乱れの原因を知りましょう
・自律神経乱れのセルフケアを学びましょう
・セロトニン不足の原因と対策を知りましょう
・卵巣疲れは自律神経不足と間違えやすい
・卵巣疲れは食べ物で取り除きましょう

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃういます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!