合法ハーブ依存症が引き起こす本当に恐ろしい7つの後遺症

合法ハーブ依存症が引き起こす本当に恐ろしい7つの後遺症

法律上では禁止されていないものの、恐ろしい作用をもたらす『合法ハーブ』。一見『合法』の『ハーブ』と聞くとそこまで危険なものであるようには思わず、むしろ『合法』なのだから全く問題がないのではないかと勘違いをしている人が多くいます。

そんな勘違いからサラリーマンやOL、学生までもが安易に手を出している合法ハーブ。名前こそは『合法』ですが、それは決して法律で認められているということではありません。

実際は法律上で禁止されている薬物に似た物質を化学的に作り出し、それを乾燥させた植物に混ぜたもの。禁止をしようにも、あらゆる組合せによって様々な物質が作られるため、法律がその状況に間に合わずに禁止ができない状態です。なので『合法』だからと言って人体に悪影響が無いなんてことはありません。

ものによっては禁止されている薬物よりも身体や精神を蝕む危険性や、強い依存性すらあります。最近では、その名が勘違いの原因でもあるとして『危険ドラッグ』という名前に変更されました。ちょっとした軽い気持ちが人生を狂わすかもしれない合法ハーブ。

遊び心で手を出す前に知ってもらいたい、合法ハーブ依存症が引き起こす本当に恐ろしい後遺症を7つご紹介します。



 

合法ハーブ依存症が引き起こす
本当に恐ろしい7つの後遺症

 

 

身体の自由が利かない、吐き気・めまい

 


合法ハーブを使用後に多くの人が訴える症状の一つが吐き気とめまいです。平衡感覚が失われて、立とうとしてもうまく立てない、歩けなくなるという報告がよくされています。時には意識の混乱や痙攣を伴うことも。

朦朧とした意識の中で嘔吐をしたことで、吐いた物が喉に詰まって窒息死するという事故が起こったこともあります。めまいには様々な原因があり、耳の異常によるものや脳の異常によるものがあります。耳の異常によるめまいの場合はめまいと同時に耳鳴りや難聴、耳閉感が表れます。

合法ハーブと耳の異常に関する具体的な関係性はまだわかっていません。しかし、合法ハーブを使用すると音が大きく聞こえるなどの報告があることから、耳にも何らかの影響があることがわかります。

また、合法ハーブが脳神経に悪影響を与える関係で、身体に強いダメージを与える化学物質が使用されていた場合、脳に深刻な問題が起きている可能性があります。更に大きなダメージを受けた脳は、そのダメージによって老化している恐れも。

仮に脳や耳に大きな異常が無かったとしても、吐き気とめまいが常にある生活は苦痛を伴う生活になります。

 

長期間で苦しむ鬱やパニック障害


頭痛や不眠などの身体的症状から精神的な落ち込みや不安感、孤独感などが主な症状となる鬱。突然の呼吸困難などの発作を起こすことから外出や公共の乗り物に乗ることができなくなってしまパニック障害。

どちらも現代人に増えている症状でもありますが、合法ハーブを使用することで症状を引き起こしてしまう恐れがあります。また、鬱を患っている人が一時的な気持ちのリラックを求めたり、気を紛らわすために使用する場合も。

鬱は精神的な病気と思われがちですが、脳内の成分分泌の伝達疾患である場合がほとんどです。合法ハーブを使用することで鬱が軽くなったように思うのは、その合法ハーブのなんらかの化学成分が脳に作用しているから。使用し続けることは脳に悪影響を与え続けることになります。

その結果、鬱の人は鬱から抜けられないまま、鬱ではなかった人も脳のバランスが崩れて鬱状態に。そして最も危険なのは鬱の薬と同時に合成ハーブを使用してしまうこと。激しいオーバードーズの末、最悪の場合は死を招くこともあります。

更に合成ハーブに含まれている物質次第では激しい呼吸困難や動機、血圧上昇などを引き起こすこともあります。その時に経験した恐怖心からパニック障害になり、軽い気持ちで試した結果、長期間苦しむことになってしまうのです。

 

一度破壊された脳細胞は元に戻らない、思考能力低下


合成ハーブで使用さえる化学物質の種類によっては、脳の神経細胞に激しく作用する毒性が確認されています。まるで覚せい剤のような化学構造をしたものも発見されましたが、その成分を理解せずに使用してしまう人が多いのが現状です。

危険な成分の致死量や危険性を理解しないまま使用することで大きなダメージを与えてしまうことも。脳細胞は一度破壊されてしまうと、二度と回復することはありません。

脳細胞が異常に破壊された場合、まだ若い年齢の人でも脳は高齢者の脳と同じようなものになってしまいます。思考能力が低下することで、倫理的に抑えられていた衝動が抑えられなくなり、奇声や奇行にはしってしまうことがあります。

最悪なケースでは、事故を起こしたり殺人事件にまで発展してしまう恐れもあります。無意識のうちに何か言葉を発していることもあり、まるで自分が自分でないような恐怖心と闘わなくてはなりません。

自分が自分と闘うことも辛いことですが、それは己の心の隙が生み出したものなので自業自得と言えばそれまでです。しかしそんな姿を見ている周りはもっと辛いものです。

もしもあなたを心配し、側にいてくれる人がいるのであれば、その人のためにも絶対に手は出さないようにしてください。

 

周りの人生さえも狂わせる、幻覚・幻聴・妄想


合成ハーブは脳の神経細胞に作用することから、幻覚や妄想にも悩まされます。厚生労働省の研究班が全国の病院で入院、受診した合法ハーブの乱用者について調べたところ、覚せい剤を上回る4割超の人に幻覚や妄想が出ていたことがわかっています。

誰かが自分を監視している、みんなが自分の悪口を言っているなど、実際には起こっていないことを思い込んでトラブルを起こすことも。幻覚や妄想を見ている本人にとって、その異常な状態が幻なのか本当に起こっていることなのかの区別がつきません。

恐ろしい悪魔が現れた、床から手が何本も出てきた、頭の中で誰かが語りかけてくるなどの症状から、悪霊に憑りつかれたと思い込むこともあります。現実と非現実の区別がつかず、常に恐怖の中で怯えて暮らすことになり、必然的に周囲との関わりも減っていきます。

最も恐ろしいのは、終始聞こえてくる幻聴や幻覚に流され、幻聴の言われるがまま、幻覚の見えるままに行動してしまうことです。親しかった友人や恋人の顔ですら化け物に見えてしまい、心配してくれているのに命を狙いにきたと暴れ出し、最悪の場合、取り返しのつかないことにもなりかねません。

「死ね」と言われてそのまま自ら命を絶ってしまったり、「殺せ」と言われて無差別に殺人を犯してしまう。自分の人生だけでなく、関係の無い、罪の無い人の人生まで奪ってしまう恐れのある大変怖い副作用です。

 

失っていく生きる喜び…。無気力・無感情


何もする気が起きない、学校や仕事にも行く気にならない。無気力、無感情になり、社会に不適合になって社会から孤立してしまう。

ある日突然、感情が無くなってしまったら、あなたはどう思うでしょうか。当たり前のように笑い、感動して、怒ったり泣いたりをしている私たちですが、その感情が無くなった世界を想像できるでしょうか。

感情はあれば煩わしく感じるかもしれませんが、無くなってしまったら、そんなに悲しいことはありません。感情が無いことが悲しくても泣くことができない、それどころか悲しいと感じることさえできなくなってしまいます。

何も楽しく感じられない、生きている意味が見出せなくなり、その結果自ら命を絶つことにも繋がっていく可能性があります。気力もまた同じように生きていく上で欠かせない大切なものです。

誰にだって困難はありますが、その困難を乗り越えていくことで人として成長することができます。無気力になってしまっては自分を向上させようと思うこともなく、ただただ自分の中にこもって、限られた大切な時間を無気力に過ごすことになります。

やる気もない、感動もない、その現実を受け入れていかなければいけないことはとても辛いことです。

 

大きな障害の前触れかもしれない、耳鳴りと身体の震え


耳鳴り、身体の震えと合法ハーブの因果関係はまだよくわかっていません。しかし合法ハーブを使用した人の多くが副作用に耳鳴りや身体の震えを訴えています。

合法ハーブは脳の神経に悪影響を及ぼすことをご説明してきましたが、その影響は自律神経にまで及びます。自律神経とは、自らが意識せずとも働き続けてくれている体の重要な神経を言います。

この神経が乱れると身体には様々な症状が表れるようになりますが、耳鳴りや身体の震えもその症状の一つです。

たかが耳鳴り、身体の震えと思いがちですが、怖いのはその症状が起こっている原因にあります。脳に起こったダメージが原因の場合、脳の障害や、急激な老化による可能性も。

また、常に高音の耳鳴りを聞き続けるうちに、高音が聞き取れなくなるなどの突発性難聴にもなりかねません。もしも合成ハーブが脳にダメージを与えていた場合、もう元には戻らない恐れがあります。

一生耳鳴りや身体の震えと付き合っていかなければならない、それどころか今後もっと深刻な障害が起こる前触れかもしれません。

 

過去や現在の記憶が無くなる記憶障害・健忘症


脳にダメージが起こることで記憶障害を引き起こすことがあります。特に健忘症を訴える人が多く、その症状は物忘れから重度の記憶喪失にまで及びます。一言に健忘症と言ってもその症状は様々で

時間的な関係によるもの
・発症以降の記憶が抜け落ちてしまう、物事が覚えられなくなる(前向性健忘)
・発症前の記憶が抜け落ちてしまう、記憶を呼び出せない(逆向性健忘)

記憶の内容によるもの
・健忘期間内の全ての記憶が思い出せない(全健忘)
・健忘期間内の記憶の中でも思い出せるものと思い出せないものがある(部分健忘)

とがあります。

上記以外にも人が何を話しているのかが理解できないなど、健忘症になると日常生活を送るのがとても困難になります。さっきまで話していたことが思い出せない、約束を忘れてしまう。

結果的に周囲に迷惑をかけることが多くなり、大切な人を失うことにもなります。

 

いかがでしたでしょうか。

合法ハーブが引き起こす主な副作用をご紹介しました。しかし、合法ハーブに使われる化学物質は常に変化し、動物実験なども行われないまま人の手に渡るため、実際の副作用がどこまであるのかはハッキリとはわかっていません。

物によっては使用した直後に呼吸困難を起こして、そのまま死亡してしまうほど危険なものまであります。どんな症状が表れるかは、使用してみないとわからないのです。全てに言えることは、身体を保つ上で大切な神経系統に大きなダメージを与えてしまうことです。

繰り返すようですが、法的に取り締まることが難しいために違法ではないだけで、実際には違法とされている覚せい剤などの薬物よりも依存性も危険性も高い合法ハーブ。ちょっとだけ、1回だけでは済まなくなってしまう恐ろしいものだということを決して忘れないでください。

友達や恋人に進められたから断りずらくて…と手を出してしまう人も少なくありませんが、勇気を出してください。是非、あなたの人生を、一生を大事にしてください。

 

まとめ

合法ハーブ依存症が引き起こす本当に恐ろしい7つの後遺症

・身体の自由が利かない、吐き気・めまい
・長期間で苦しむ鬱やパニック障害
・一度破壊された脳細胞は元に戻らない、思考能力低下
・周りの人生さえも狂わせる、幻覚・幻聴・妄想
・失っていく生きる喜び…。無気力・無感情
・大きな障害の前触れかもしれない、耳鳴りや身体の震え
・過去や現在の記憶が無くなる記憶障害・健忘症

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃういます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!