クチナシの花言葉が女性を誘う時にぴったりな7つの理由☆

クチナシの花言葉が女性を誘う時にぴったりな7つの理由☆

「クチナシの花」というと、清楚で控えめなイメージを持ちますが、それはかの名曲「くちなしの花」の歌のせい。別れた女性を想いながら、くちなしの花のような人だった・・・と懐かしむ男の歌です。

きっと忘れられないぐらいの、素敵な女性だったんでしょうね。

また、「クチナシ」=「口なし」と例えられるように、嫁の貰い手がないなど、良い例えにも使われない言葉のため、ちょっと暗いイメージを抱きがち。

ですが、クチナシの花について色々調べていると、決して「清楚で控えめ」というイメージだけでない顔が見えてきます。

「ガーデニア」という英語名で、西洋では香水にも使われる甘くて、印象的な香りを持っているとか。花言葉にも、明るくハッピーな言葉が並んでいることとか。

あまり知られていない、クチナシの隠れた魅力で、女性を誘ってみませんか?クチナシの花が、意中の女性を誘うのにピッタリな7つの理由をお教えします。



 

クチナシの花言葉が
女性を誘う時にぴったりな7つの理由☆

 

クチナシという花について


まずはクチナシという花は、どんな花なのでしょう。

白い花びらを持つくちなしの花は、一重咲きもありますし、八重咲きもあります。一重咲きは可愛らしく、八重咲きはバラのようにゴージャスな印象で、おなじクチナシの花でも印象が随分違います。

一重咲きには実がつき、この実は山梔子(さんしし)と呼ばれて、きんとんなどの着色に用いられています。他にも漢方薬として、使われています。

赤い実がなるのですが、これが熟しても開かないことから「口無し」という名前がついたとも言われています。

八重咲きのほうは、品種改良をされたもので、実がつきません。見た目はバラや椿のようで美しいのですが、クチナシ独特の香りは、一重咲きのほうが強いです。

クチナシらしいのは、一重咲きのほうになります。

 

クチナシの花言葉


明るく、幸せな気持ちにさせてくれる、クチナシの花言葉を並べてみました。

「私は幸せ者」「とても幸せです」。

クチナシの甘い香りをかぐと、そんな気持ちにさせられるのかもしれません。好きな花の香りをかぐことで、幸福感や、高揚感をもたらしてるからですね。

「優雅」「洗練」「清潔」。

クチナシの真っ白な花びらを見ていると、こういう女性に似合うように思えてきますね。優雅で、洗練されて、清潔な女性なんて、まさに憧れの女性を思い浮かべてしまいます。

「喜びを運ぶ」。

ちょっと官能的な意味にも取れる言葉です。クチナシを身近においておくと、喜びを運んできてくれるパワーがあるのかもしれませんね。

是非実践してみたいものです。

 

ダンスパーティーの誘いに


アメリカでは、クチナシは「ガーデニア」と呼ばれています。この花は、男性から女性によく贈られる花のうちのひとつ。日本だったら、赤いバラの花のような位置づけでしょうか。

また男性が女性をダンスパーティーに誘うときにも、この花を贈るそうですよ。贈られた花は、胸に飾るそうなのですが、白いクチナシの花って、癖もないですし、どんな服にも似合うと思いませんか?

また、花の官能的な甘い香りは、いっそうロマンチックなパーティーにしてくれそうです。「私は幸せ者」という花言葉そのものの気分を、パーティーでは味わえるんですね。

 

甘く誘う香り


クチナシの花の英語名は、「ケープ・ジャスミン(Cape jasmine)」といいます。

クチナシはジャスミンのような甘い香りで、うっとりとさせてくれます。「ガーデニア」や「ケープジャスミン」と言う名前でも、香水やエッセンシャルオイルが売っています。

一言でクチナシといっても、世界にはたくさんの種類のクチナシがあって、香りも様々です。シャネルやイヴロシェからもガーデニアの香水が出ていますね。

まだ香水がない時代、女性たちはクチナシの花を着物のたもとに潜ませていたみたいです。クチナシの甘い香りに誘われてしまう女性は多くいそうですね!

 

クチナシの花のブーケ


「私は幸せ者」「とても幸せ」という花言葉にあやかって、クチナシのブーケでプロポーズはいかがですか?

ブーケによく使われるのは、やはり八重咲きのクチナシの花になります。クチナシのブーケの花束を見て、正直これほど花嫁に合うブーケはないんじゃないかとビックリしました。

白バラに似ていますが、もっと花びらが柔らかく、もっと優しい印象のブーケになるんです。これはまさに、「優雅」「洗練」。花言葉にうなづいてしまいました。

アンティークのような優しい雰囲気を持つブーケ。まるで西洋の古い映画に出てくる、レースがふんだんに使われたドレスに、ピッタリです。

 

初夏のデートに良い香りを添える


クチナシの花がさくのは、6月の梅雨入りごろから7月にかけて、初夏の季節です。つぼみが、ひとつひとつ、花を咲かせていきます。

遠くにいても、クチナシの花の香りが漂ってくるほど、強い香りを放ちながら咲きます。この香りをかぐと、夏が近いなと思わせてくれる、季節感を感じさせてくれる花です。

そういう理由で、家のガーデンでクチナシを好んで育てている人が多くいるんです。梅雨の憂鬱な時期でも、きれいなクチナシの花が咲いているのをみたら、恋人を誘って見に行ってみませんか。

甘い香りに、二人のムードも盛り上がってしまうかも?

 

悪いものを追い払う、天国に咲く花


クチナシは「天国に咲く花」ともよばれていて、選ばれた特別の花になっています。きっと天国は、クチナシの花のような香りでいっぱいなのかもしれませんね。

神聖な花とされて、悪いものを追い払うとも言われています。

クチナシの実は、赤橙色で「山梔子(サンシシ)」と呼ばれています。染料として利用される他にも、実を乾燥させたものは、漢方薬としても利用されています。

消炎、止血、鎮痛、解熱、のぼせ、イライラ感、不眠などに効き目があるということです。実にも特別な効果を秘めているクチナシの花。健康で過ごせるように身近において、悪いものから守ってもらいましょう

 

いかがでしたでしょうか。

クチナシの花は、女性がもらって嬉しいと感じる理由をたくさん持っている花なんですね。特に、香りが大好きな女性には、是非香り高い一重のクチナシをプレゼントしてあげてください。

もちろん、緑を添えた素朴で可愛らしいブーケにしてあげてくださいね。

また、「幸せになりたいな・・・」って思ったときには、クチナシの花を身近に置いてみてください。暗い気持ちを吹き飛ばして、「私は幸せ者」と思えるような未来を、運んできてくれるかもしれませんよ。

 

まとめ

クチナシの花言葉が女性を誘う時にぴったりな7つの理由☆

・クチナシという花について
・クチナシの花言葉
・ダンスパーティーの誘いに
・甘く誘う香り
・クチナシの花のブーケ
・初夏のデートに良い香りを添える
・悪いものを追い払う、天国に咲く花

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃういます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!