【枕花の贈り方】相手に失礼にならない為の7つの一般常識

【枕花の贈り方】相手に失礼にならない為の7つの一般常識

枕花(まくらばな)とは、亡くなった方の枕元に飾る花のことで、故人と親しかった方や身内の方が追悼の念を伝えるために贈るものです。

冠婚葬祭では最低限のマナーを知っておかなければ、折角のお祝いやお悔やみの気持ちが誤解されて伝わらないことがありますよね。例えば、香典では、薄墨の筆で名前を書くことで「涙で墨が薄まった」と表現したり、香典袋の裏側の折り方も返しが下向きになるように折ることで悲しみを表現したりします。

香典のマナーは知っている方が多いと思いますが、枕花についてはあまり知られていないと思いますので、今回は枕花を贈る際、相手に失礼にならない為の7つの一般常識をご紹介します。



 

【枕花の贈り方】
相手に失礼にならない為の7つの一般常識

 

お届けタイミングに注意点を知ろう


まず花を準備する際、最初に迷うところは、お届けするタイミングです。これについて知っておいて欲しい一般常識は1つだけ。枕花をあまりにも早急に用意すると、香典で新札を使うのと同様で「前もって死を予期して用意していた」となり失礼になります。

お通夜前日~通夜に合わせて故人の自宅にお届けするのが無難とされています。しかし訃報(ふほう)を受けたのであれば、早めに用意して問題ありません。花屋さんからお届けするか弔問(ちょうもん)の際に持っていきましょう。

 

葬儀場の担当者に連絡すること


亡くなってから間もない間、ご遺族は慌ただしい状況です。これは想像すればお分かりになることでしょう。無暗に連絡することはできませんね。勿論、想像を働かせて様々な配慮するということは大事ですが、想像ではどうにもならない部分がありますよね。

宗教や地域慣習、また式場によって異なる対応というものがあります。枕つまり、花や供花を手配する場合は、葬儀場の担当者に連絡し確認した方が良いです。せっかく準備しても飾られないならば悲しいことですからね。

 

枕花に使用する花に注意しよう


基本的には白あがり、淡い色の花で飾りの手間がかからない、小さめのアレンジメントであれば良いです。注意することとしては、血を流す可能性のあるトゲのある花(バラなど)は基本的にダメです。

また色が鮮やかな花、香りの強い花も避けた方が良いです。最近の葬儀は、オーダーメイド葬など自由度は高まる傾向にあります。そうはいっても、故人の好きだった花を贈りたい場合は、ご遺族に確認し理解を得るようにしておいた方が良いです。

 

地域の慣習に気をつけよう


地域によっては、飾り方や飾る期間などが違います。お年寄りなどは結構こういったものに厳格です。地域慣習については、葬儀が行われる地域のお花屋さんに聞くのが一番良いです。

どういった形のアレンジメントを贈るか、故人の好きな花を入れてもよいかなどの相談をしながら、最も想いが伝わる枕花にしましょう。地域の慣習に沿わないと、ご遺族に迷惑がかかりますので、ここもポイントとしておさえておいた方が良いところだと思います。

 

宗教の違いに気をつけよう


日本では、神道系、仏教系の宗教を信仰している方が多いです。次にキリスト教ですね。ただし、葬儀で一般的なのは、仏式です。神式はあまり見られません。

キリスト教の場合は、仏式でいう通夜の代わりに前夜祭が行われるようになっています。枕花は、教会に持ち運べる籠のアレンジメントが適しています。因みに、キリスト教では造化ではなく生花でなければなりません。

最も分かりやすい例としてキリスト教を挙げましたが、キリスト教にもカトリック、プロテスタントなどの宗派があります。宗教に関しては、葬儀場の担当者に聞いておく方が良いです。

 

札やカードの記入の仕方を知ろう


親族であれば、子供一同や孫一同という書き方がされてありますが、基本的には、個人名でカードに記入します。お花屋さんに枕花として届けると伝えればカードに書いてくれます。

無記名の差出人不明の花は不気味ですし、「どう対処すれば良いか」「飾るべきか飾らないべきか」など遺族に余計な考え事をさせることになり、迷惑になりますので、忘れず記名にしておくようにしましょう。また、団体であれば供花としてお花を贈る方が良いでしょう。

 

気持ちを重視しよう


故人へのあなたの気持ち、故人の生前の気持ち、遺族の気持ち、故人の友人などの気持ち。色々な立場の人の悲しみがあり配慮すべきところはたくさんあります。

しかし、枕花であなたの気持ちを故人・遺族に伝えることが目的です。最低限のマナーは、その気持ちを伝える手段のためのものですよね。色々と気にし過ぎて困ったら、「マナーは、気持ちを伝えるための手段である」この考えに立ちかえりましょう。状況に応じた気持ちの伝え方が見えてくると思います。

 

いかがでしたか。

配慮すべきポイントを分かりやすく、枕花をお届けする際の相手に失礼にならない為の7つの一般常識をご紹介いたしました。最低限の知識があれば、最低限のマナーは守れます。

この7つのポイントが分かっていれば、気持ち良く枕花を贈れる。花を届けて気持ちを伝えるということは素敵なことですよね、臆することなく花に乗せて気持ちを伝えていただければなと思います。

そうすることによって、あなたの悲しみもご遺族の悲しみも少し和らぐと思います。故人は、家族や友人の悲しみに暮れる姿より、死を乗り越えて強く元気に生きていく姿の方を望むものではないでしょうか。

 

まとめ

【枕花の贈り方】相手に失礼にならない為の7つの一般常識

・お届けタイミングに注意点を知ろう
・葬儀場の担当者に連絡すること
・枕花に使用する花に注意しよう
・地域の慣習に気をつけよう
・宗教の違いに気をつけよう
・札やカードの記入の仕方を知ろう
・気持ちを重視しよう

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃういます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!