【ミモザアカシアの育て方】来年も咲かせる為の7つのコツ

【ミモザアカシアの育て方】来年も咲かせる為の7つのコツ
日本でミモザアカシアというと、房アカシアと銀葉アカシアを指すことが多いですよね。ミモザというのは「オジギソウ」の意味で、明治に日本に来た「ニセアカシア(ハゲシバリ)」を通称でアカシアと呼んでいたために、房アカシア・銀葉アカシアが「ミモザアカシア」と呼ばれるようになりました。

イギリスでフランスから輸入されるフサアカシアの花をミモザと呼んだことから、現在ではフサカアカシアや銀葉アカシアのことをミモザアカシアやミモザと言います。オーストラリア原産の木で、早春に黄色い花を咲かせます。関東以南では露地植えができるので、昔は街路樹に植えられていました。葉っぱが銀色に輝き、黄色の花とのコントラストが目を引きますよね。

そこで今回はミモザアカシア(銀葉アカシア)を来年もきれいに咲かせるコツを7つのステップで分けてお伝えします。ではご覧ください。

[ 続きを読む… ]

赤いバラの花言葉を使って粋なプロポーズをする7つの方法

赤いバラの花言葉を使って粋なプロポーズをする7つの方法

バラの花言葉は色によって違います。

赤は愛情・情熱・あなたを愛します・貞節・美・熱烈な恋・私を射止めて。ピンクなら上品・温かい心。白だったら尊敬・私はあなたにふさわしい。紫は誇り・気品。黄は嫉妬・不貞などというちょっとありがたくない花言葉です。黄色以外はどれも女性がプレゼントされたい花No.1と言われるバラに相応しいですね。

男性からバラの花束をプレゼントされると、その芳醇な香りも相まってとてもロマンティックな気分になりますね。

黄色は別です、日本では危険標識にも使われています、黄色と黒のトラテープを連想する人も多いでしょう。欧米では嫌悪されています。大切な人への贈り物には黄色いバラだけではなく花も避けたほうがいいそうです。

今回はオーソドックスに赤いバラの花言葉を使って粋なプロポーズをする7つの方法を紹介します。

[ 続きを読む… ]

アザレアの花言葉が新婚のお家にぴったりな7つの理由

アザレアの花言葉が新婚のお家にぴったりな7つの理由

アザレアは、まるでシフォンのドレスのようにひらひらと広がる花弁がとても可愛いツツジ科の常緑低木です。

もともと日本や台湾などのアジアに生息していたツツジを交易によって外国で改良し、逆輸入された品種のため、国内では別名セイヨウツツジ・オランダツツジとよばれています。

カラーはピンク・ホワイト・レッドなどがありますが、中にはバイカラーになったものや花びらの淵だけが淡く色づいたものなどそれぞれに個性があり、お気に入りを選ぶ楽しさがあります。

そんなアザレアですが、じつは新婚のお家にぴったりな可愛らしい花言葉がたくさん与えられているんですよ♪

新婚のご家庭への贈り物を考えている人は、ぜひアザレアを候補にいれてみてくださいね。

[ 続きを読む… ]

御用心!シロツメクサの花言葉がちょっと怖い5つの理由

御用心!シロツメクサの花言葉がちょっと怖い5つの理由
春も暖かくなると、公園や路傍でたんぽぽやヒメジョオンと並んで咲いているシロツメクサを見ることができますよね。誰しも一度は小さい頃にシロツメクサでかんむりやネックレスを作って遊んだり、四つ葉のクローバーを探したりといった経験があるでしょう。

あの丸くて愛らしい白い花や、幸運の象徴ともいえる四つ葉のクローバーを持つシロツメクサの花言葉は「幸福」「約束」「私を思って」「私のものになって」。どれも幸せでロマンチックなものばかりです。

そんなシロツメクサは、実はちょっと怖い花言葉も持っているのです。それは「復讐」。意外すぎるその花言葉にぎょっとしてしまう人も多いことでしょう。

なぜシロツメクサは復讐なんて花言葉を持っているのでしょうか。そこで今日はシロツメクサの花言葉がちょっと怖い5つの理由についてお伝えします、ではご覧ください。

[ 続きを読む… ]

【蘭の育て方】初心者が上手に育てるための7つのポイント

【蘭の育て方】初心者が上手に育てるための7つのポイント

たくさんの人々を魅了する華麗で美しい蘭の花。育ててみたいと思われる方も多いでしょう。しかし、南国のイメージが強い蘭を、日本で育てるのは難しいと考えられがちです。蘭を上手に栽培するには、それぞれの蘭の自生地の環境を知ることが何より大切です。

ラン科に属する植物は、野生種だけでも約1000属2万5000種ほどもあると言われています。蘭はほかの草花とは生態や構造の異なる、単子葉植物です。単子葉植物の中で最も多様化が進み、種の数が増えたのが蘭というわけです。

園芸ショップなどで市販されている蘭の多くが、熱帯や亜熱帯を原産としています。ほとんどの蘭は寒さに強くはありません。しかし、自生地の環境によって、それぞれの蘭の越冬可能温度には差があります。初心者には比較的寒さに強い蘭の種類を選ぶことをおすすめします。

それぞれの蘭の特徴をふまえて、育てやすい蘭から始めてみましょう。今回は初心者でも蘭を上手に育てることができるポイントを、7つご紹介していきます。育て方の参考にしてみてくださいね。

[ 続きを読む… ]