母乳に関するトラブルに効くハーブティ、おすすめ7選☆

母乳に関するトラブルに効くハーブティ、おすすめ7選☆

母乳は赤ちゃんにとって、とても大切な食事です。今でこそ、母乳の出が悪ければ、粉ミルクで代用ができますが、昔は母乳が満足に出なくて、赤ちゃんが亡くなってしまうこともありました。粉ミルクで代用できる今の時代でも、授乳する時間はお母さんと赤ちゃんとの大切なひと時。自分の胸にしがみついている赤ちゃんは愛おしく、心から守ってあげたいと感じます。

母乳の出は、胃腸の状態と密接な関係があると言われています。また、母乳トラブルの代表的なつまりや、乳腺炎も、お母さんたちの食生活と深く関連しています。それに、お母さんたちがリラックスすることも大事。ここで、ハーブティーが活躍します。

最近は、複数のハーブをブレンドして、ハーブティー初心者のお母さんたちが飲みやすいものを多く売られています。ぜひ、ハーブティーを活用して、母乳のトラブルを解決していきましょう。

[ 続きを読む… ]

柚子の花言葉を使って素敵な贈り物をする7つの方法

柚子の花言葉を使って素敵な贈り物をする7つの方法

柚子は、冬のお鍋のお供としてよく食卓に上ります。柚子の爽やかな香りと酸味は、料理を引き立てる名脇役ですよね。私は、柚子の酸っぱい香りを嗅ぐと、家族団らんで鍋をつついている光景を思い浮かべます。

柚子が食卓に登場するのは冬ですが、柚子の花は他の柑橘系の植物と同様、晩春から初夏にかけて咲きます。白い可愛い花は、5つの弁で形成され、小さく可憐な花です。香りは柑橘系の花独特のほんのり甘い懐かしい香りがします。

そんな「柚」の漢字は、常用漢字に含まれたこともあって、最近子供の名まえとして人気を呼んでいます。柚子の爽やかなイメージや、良い花言葉も選ばれる理由と一つということです。今日は、柚子にどんな花言葉があるのか調べてしましょう。

[ 続きを読む… ]

結婚祝いランキング☆新郎新婦の本音で選ぶギフト!

結婚祝いランキング☆新郎新婦の本音で選ぶギフト!

ギフトを贈ることは、案外難しいものです。相手方の好みを完全に把握していれば、喜ばれるものもすぐに見つかるのですが、つい自分の好みピントのずれたものを選んでしまいがちです。

特に結婚祝いのギフトは、新郎新婦の新生活に使うものが主になるため、チョイスに頭を悩ませる方も多いです。そんな時、客観的に相手の欲しいものを選ぶために、結婚祝いランキングをリサーチしてはいかがでしょうか。

結婚祝いランキングでは、多くの新郎新婦がもらったギフトの体験談を、本音で答えています。結婚祝いランキングで「貰って嬉しかった、助かった」というものならば、たとえそのギフトが消耗品だとしても、ずっと心に残るものとなっています。

自分の好みで選びたいところもありますが、せっかくのお祝い。客観的に結婚祝いランキングでの品選びをして、棚の奥にしまわれることのない、愛されるものを贈りたいですね。

そこで、本記事では「新郎新婦の本音で選ぶギフト」を結婚祝いランキングのデータを元に、いくつかご提案します。以下に取り上げる「新郎新婦の本音」をぜひ、ご参照ください!

[ 続きを読む… ]

菫の花言葉と、ピッタリな贈り物の選び方7例

菫の花言葉と、ピッタリな贈り物の選び方7例

ギリシア神話には、花にまつわる話がたくさん残っています。美しいものには美しい物語を作りたくなるものなのでしょうか。可憐な菫(スミレ)もヨーロッパの人たちに好まれていた花の中の一つで、イアという美しい娘の悲しいお話を残しました。

ある日、太陽神アポロンは、イアに一目ぼれをしました。アポロンはイアを追い掛け回して、求愛を続けました。でも、イアはアポロンがどんなに追い回しても、アポロンの愛を受け入れようとしませんでした。

なぜなら、イアには羊飼いの婚約者がいたのです。そのことに怒ったアポロンがイアを菫に変えてしまったといいます。

自分のものにならないのなら、いっそ花にしてしまおうと思ったのでしょう。

菫の花が可憐なのは、イアの可憐な面影を残しているからだといいます。その可憐な菫の花言葉はこのギリシア神話の影響を受けて付けられています。ロマンチックな菫の花言葉を添えて相手にピッタリな贈り物を選んでみましょう。

[ 続きを読む… ]

芍薬の花言葉~育て方まで、知っておきたい7つのポイント

芍薬の花言葉~育て方まで、知っておきたい7つのポイント

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」

芍薬といえば、この言葉を思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。芍薬のように風情があって、牡丹のように華麗で、そして、百合のように清楚な美しい女性を、花にたとえた言葉です。

素敵ですよね。私も一度はそう言われたいものですが、芍薬は、天空に向かってすっと伸びている姿から背丈の高い、スラリとした美人をイメージしているので、どれだけ頑張っても難しいようです。

一方で、この芍薬が庭にあって、毎日芍薬の花を見ることができる人もいます。芍薬は大きい花をつけるので、手入れが難しく、きれいな花を咲かすことは難しいかもしれません。

でも、立派に育てることで、もしかしたら、芍薬の花に近づけるかもしれません。今日は、そんな芍薬の花言葉から育て方まで知って、少しでも芍薬のような美人に迫ってみましょう。

[ 続きを読む… ]