白いバラの花言葉を使って気持ちを伝える5つのポイント

白いバラの花言葉を使って気持ちを伝える5つのポイント
白いバラと言えば結婚式や花嫁のブーケを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。白いバラの花言葉は「純潔」に代表されるように穢れの無い者のイメージを持つものが多く「ウェディングドレス」という名前の白バラもあって、まさに花嫁にピッタリですよね。白いバラの花言葉にはマイナスイメージのものはほとんどないので他の色や種類の違う花と組み合わせやすく、様々なアレンジを楽しめます。

色々な人に色々なメッセージを贈ることができて、そのメッセージを白いバラのもつ誠実なイメージで包み込むことができるのが良いところ。とても使いやすく、頼りになる白いバラなのです。そこで今回は、白いバラの花言葉を使って気持ちを伝える5つのポイントについてお伝えします。



 

白いバラの花言葉を使って

気持ちを伝える5つのポイント

 

白いバラの高潔さは枯れてもなくならない


聖母マリアのシンボルとされる白いバラの花言葉は「純潔」「無邪気」「尊敬」「約束を守る」など純粋で凛とした気品のある印象で、形や状態が変わっても悪い意味の言葉はほとんどありません。

白いバラの蕾は「少女時代」「処女の心」「愛するには若すぎる」、一重咲きのバラは「素朴」「純粋」など納得できますよね。萎れている状態の白いバラには「束の間の印象」という意味があり、少しミステリアスです。

そして意外なのが枯れた白いバラ。「生涯を誓う」という献身的で騎士道精神を感じさせるような素敵なメッセージを持っています。枯れた花を贈るのはかなり勇気の必要な上級者向けですが、贈った花が枯れても悪い意味にならないのなら心置きなく花束を贈ることができて使いやすいですよね。

 

マイルドな印象の中に強い愛と尊敬を込めて告白


愛の告白やプロポーズには赤いバラが定番の印象ですが、赤いバラだと少しベタすぎるのではないかとためらう人には、白いバラでの告白もおすすめです。情熱的でインパクトの強い赤とは違ってややマイルドな感じはありますが、白いバラの花言葉には「恋の吐息」「私はあなたにふさわしい」という意味もあるので告白にはピッタリ。

穢れの無い純粋な気持ちや、相手を大切に思う尊敬・敬愛の念を伝えるのに白いバラは適役です。「あなたは私の宝物」という意味の11本の花束にすれば、白いバラの花言葉である「純潔」や「無邪気」を補って、穏やかに包み込むような優しさの中に揺るぐことのない強い愛を感じることができそう。もちろん、プロポーズには「Will you marry me?(結婚してください)」の108本なら文句なく素敵です。

 

贈る相手のイメージに合わせて他の花とアレンジ


同じ気持ちを伝えるのにも、白いバラの花言葉をベースにしながら贈る相手のイメージや好みに合わせて、他の色や違う花と組み合わせるのが少し進んだテクニックです。キュートで愛らしい彼女なら「恋の誓い」「可愛い人」という意味を持つピンクのバラとマッチング。

お互いの良い面も悪い面も認め合っているような幼馴染みやお付き合いの長い相手ならオレンジのバラと合わせて「絆」や「信頼」の気持ちをプラス。シャイでおしとやかな女性には「恥じらい」「はにかみ」「謙遜」という意味の紫の芍薬と合わせるのも良いですね。白いバラは花言葉の意味でも見た目でも他の花と合わせやすいので、相手のイメージや好みを尊重することで好感度アップも間違いなしです。

 

伝えたい気持ちによってもバリエーション色々


白いバラは恋愛の告白だけではなく、親愛の情や敬愛する気持ち、他の花と組み合わせればさらに色々なメッセージを伝えることができます。様々なバリエーションで心からの想いを届けましょう。

才色兼備で憧れのあの人には「清々しい美しさ」「優美」「希望」などを花言葉に持つトルコキキョウと合わせればピッタリのイメージに。「誇り」「気品」「尊敬」を意味する紫のバラと組み合わせても良いですね。白バラとスイトピーの組み合わせは新しい旅立ちへの祝福に。

スイトピーには「優しい思い出」「門出」などの意味があるので、卒業する先輩に敬愛の気持ちと共に贈りたいマッチングです。白いバラの花言葉を使って、伝えたい気持ちにさらにメッセージをプラスするような自分だけの組み合わせを見つけるのも楽しみのひとつですね。

 

男性に贈るなら持ち歩く時やアフターケアも配慮を


花を贈る相手は女性だけとは限りません。男性は花をもらっても嬉しくないのでは?とか、持って歩くのが恥ずかしいのでは?と思いがちですが、花をもらって嬉しかったと思う男性も少なくありません。ただ、可愛らしいピンクや強烈な赤などはやはり気恥ずかしいので、そういう意味では白いバラは贈りやすいです。

黒い箱に白いバラを1本いれて贈れば、シンプルだけどインパクトがあります。持って帰るのにも恥ずかしくなくて良いですね。花瓶を持っていないとか、世話をしないだろうと思われる男性も多いので、プリザーブドフラワーもおすすめです。

白いバラの花言葉には「約束を守る」という意味もあり、「穏やか」「希望を持てる」という意味のライトグリーンのバラと合わせて掛け時計タイプの花器に収めれば、実用的で色合いも爽やか。気の利いたプレゼントです。

 

いかがでしたでしょうか。清楚で気品のある白いバラの花言葉は、形や状態が変わってもほとんどがプラスイメージ。枯れても悪い意味にはならないので贈りやすく、他の花とも組み合わせやすいのが優秀です。

控えめな印象の中にも強く凛とした高潔さがあり、誠実な愛を告白するのにも申し分ありません。贈る相手のイメージや好みに合わせて他の花と組み合わせればさらに好印象に。愛の告白だけでなく、尊敬や憧れ、祝福など伝えたい気持ちによって様々なアレンジが可能です。

ラッピングやアフターケアに配慮すれば、女性から男性に贈ってもあまり抵抗なく喜こんでもらいやすい花なので、白いバラの花言葉で気兼ねなく気持ちを伝えて、ハッピーになれると良いですね。

まとめ

白いバラの花言葉を使って気持ちを伝える5つのポイントは

①白いバラの花言葉は枯れても良い意味なので贈るのも気兼ねなく贈れる
②強い愛のメッセージも白いバラならマイルドで優しく誠実な印象になる
③贈る相手によって他の花と組み合わせればピンポイントのメッセージになる
④他の花の持つ花言葉を、白いバラの純粋で誠実なイメージでアシストする
⑤贈り方や演出に配慮すれば白いバラは男性にも喜ばれるプレゼントとなる