デイジーの花言葉を使ってメッセージを贈る7つの方法

デイジーの花言葉を使ってメッセージを贈る7つの方法day’s eye(日の目)が英名の語源といわれるデイジー。お花の中心の黄色の部分がお日様にたとえられたのでしょうね。
日本ではデイジーといえば、びっしりと花びらをつけた園芸種の印象が大きくなっていますが、西洋ではまず一重咲きの原種デイジー、ごくありふれた雑草として草原に生息しています。

花言葉:無邪気、乙女の無邪気、美人、純潔、明朗、平和、希望、あなたと同じ気持ちです。

これらの花言葉に思いを込めてデイジーの花でメッセージを送る状況を考えてみましょう。



 

デイジーの花言葉を使って
メッセージを贈る7つの方法

 

1.デートの時に男性から女性へ


どこかで待ち合わせて花束を渡したあと、食事をするという場面で、大きな花束は置き場所に困る。花束を抱えておくのも大変。そんなとき、フラワーアレンジメントの方が花持ちは良く、見栄えも良いです。

食事中、気にならなければテーブルに置いておいてもおかしくはないです。センスいい彼氏として好感度UPです。

そして食事をするテーブルに、そのアレンジメントを置いて。その花を眺め、その花を話題にしながら食事をするのも、とても楽しいものです。

花言葉も話題にしてみるのも良いと思います。「あなたと同じ気持ちです」「あなたのことが好きです」の意味もしっかり伝わるのではじゃないでしょうか。大切な人に贈った花を横にしながら、美味しい物を食べる、幸せなシチュエーションですよね。

 

2.お見舞いには


フラワーアレンジメントで、入院されている方への励ましにデイジーを贈ってみませんか。

「希望」をもって治療に励んで欲しい、私はあなたが元気になって欲しいという思いは「あなたと同じ気持ちです。」をこめたフラワーアレンジの贈り物です。

 

病院のお見舞いでは花束を持って行っても花瓶があるとは限りませんし、付き添いの人がいなくて、花を生けることが難しかったりすることもあるでしょう。そのまま置いておけるフラワーアレンジメントの方が便利で、見た目にも華やかで可愛らしいですね。水を差すだけで手入れもカンタンです。

ちなみに、観葉植物など鉢に入っているものはNGなので気をつけて。いわれは、根が付く=根付く=寝付く、ということで、病気やケガが長引くと言われていて嫌う人が多い様です。

 

3.発表会の花束は小さめのアレンジメントを


発表会やコンサートなどに呼ばれて行くとそのような場面を見かけます。というようなこともあるでしょう。その時に、記念の花を贈ることは珍しくありません。

例えば 子どもが「無邪気」に遊戯をしたりする姿に、頑張りましたとかよかったよ!の意味を込めて、デイジーの花束と共にカードを添えることは受け取る本人も嬉しいのではないでしょうか。

こういう場合の花は、小さめの花束がオススメです。発表会やコンサートの出演者は、多くの荷物を持って出入りすることが少なくないからです。

衣装やメイク道具を詰などなど沢山の荷物を抱えて大きな花束は持ち帰りも大変ですよね。またそれを考えると小ぶりの花束を送ることは相手に対する思いやりでもあるのです。

 

4.送別会やお祝いは大きめの花束で


送別会や、公的なお誕生日パーティーの時、華やかで豪華な花束の方が、見栄えがいいのは想像いただけると思います。

送別会などでデイジーの花束を送ることは「新天地でも希望をもって進んでください」とかお別れのさみしさは「あなたと同じきもちです」につながるんじゃないでしょうか。

それに、特に男性の場合には、「●●会の記念にもらってきましたよ」ということが花を持っているだけで周囲に伝わることでしょう。送別会やお祝いの時、特に男性に贈る場合は大きめの花束にしてあげるとよいですね。

相手に贈って喜ばれるだけでなく、周囲の人に「こんなに素晴らしい花束を贈られる素晴らしい方ですよ」ということ想像させる役割もあります。

「明朗、平和、希望」などの花言葉を持つデイジーを別れを惜しむ意味の会などで送ることは、相手にとってもこの先への希望と活力とになることでしょう。

デイジーをふんだんにあしらった大きめの花束をお花屋さんと相談して作ってもらいましょう。

 

5・記念日じゃない日に贈る花


外国の文化には記念日じゃない日に花を贈る習慣がある国もあります。誕生日や何かの記念日にもよく花を贈りますが、不意に花を贈られたりすると喜びも大きいそうです。

たとえば普段の食事の帰り、花屋が開いているのを見かけると「ちょっと待ってて!」と彼女を先に行かせ、大急ぎで小さな花束を作って贈るなどのワザ。その時デイジーの花束で「あなたと同じ気持ちです」の意味合いがこもっていたら幸せで嬉しい気持ちでいっぱいになりませんか。

豪華な花束ではないけれど、急に贈ったお花の先に見える彼女の笑顔はいつも以上に美しいものだと思います。日本の男性もちょっと見習い、デイジーの花束で素敵な演出、良い時間を過ごしてほしいと思います。

 

5.花ばかりでなく、花言葉のメッセージを届けよう


相手に気持ちを伝えるための方法としてお花を贈る、そして、その気持ちを素直に表現するためにメッセージを添えてみたいとおもいます。

自分の口で表現するのが良いのですが照れてしまって、言いたい言葉を言い切れないなど。カードに書くと素直に気持ちを表現できるのものです。普段言えないようなことを、カードに書いて表現してみるのも良いでしょう。フラワーギフトに欠かせないアイテム、それはメッセージカードです。

デイジーの花と共にメッセージにカードにあなたの思いを綴ってみてはいかがでしょう。

 

6.カードは自分で素敵と思うものを!!


お花屋さんではお花はもちろんのこと、カードも扱っています。センスのいいものも多く、充分気持ちは伝わるものも取り揃っていると思います。

自分の気持ちをより強く伝えたいと思うなら、自分でチョイスしたメッセージカードを花屋さんに持ち込んでみましょう。相手のセンスや好きな色・雰囲気に合わせれば、自分の気持ちやメッセージがよくつたわることでしょう。もちろん大抵の花屋さんでは、メッセージカードの持ち込みは大丈夫です。

メッセージカードは生活雑貨の専門店へ、インポートから日本作家のオリジナルまで、種類豊富です。かならずお気に入りの一品が見つかるでしょう。

デイジーの花束と、自分チョイスのカードで、本気度UPです。

 

7.パソコンで作ってみる?


花を贈る相手にもっと自分をアピールしたいなら、手作りカードはどうでしょう?

インターネットで簡単に制作できるサイトやテンプレートをダウンロードできるさいともあります。これを利用して自分オリジナルのカードにこだわりと共にデイジーの花を送ってみよう。自分好みのカードで相手に思いを伝えてくださいね。

 

花言葉と共に花を贈ることは、好意を意味するほか、感謝や、敬意を意味したりいろいろですね。お花を贈る習慣がイベント以外の時、ちょっとした心付けのつもりで出来たり、花を飾ることがなにげなくできることも素敵な生活ではないでしょうか。

まとめ

デイジーの花言葉を使ってメッセージを贈る7つの方法

1.デートの時、男性から女性へちょっとした心使いで アレンジメントを。
2.お見舞いには贈る相手の症状も考慮してアレンジメントを。
3.発表会の花束は小さめのアレンジメントをおくろう。
4.送別会やお祝いは大きめの花束で敬意を示そう。
5.花言葉の意味を込めてメッセージを届けよう。
6.カードは自分で素敵と思うものを!!。
7.パソコンでオリジナルなカードを作って心を込めて贈ろう。

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃういます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!