スタンド花を開店祝いで贈るなら必見!7つの贈り方マナー

スタンド花を開店祝いで贈るなら必見!7つの贈り方マナー

大切な友人がお店を出す、取引先のお店がリニューアルオープンする。そんな時に、一番喜ばれるのは、あなたが行ってあげて、「おめでとう」と声をかけてあげることです。

開店の当日は、本当にお客様が来てくれるのか不安で、誰も来てくれなかったらどうしようと考えてしまうものです。そんなときに、知り合いが顔を出してくれると心から安心します。

そして、その気持ちを形にしたいときは、スタンド花を贈ってお店の開店を応援してあげましょう。入口が花で華やかになったお店には、道行く人も立ち寄りやすいもの。ただ、私生活でスタンド花を贈るなんて経験、あまりありませんよね。

そんな方に、今日は、開店祝いに贈るスタンド花の贈り方を紹介していきましょう。



 

スタンド花を開店祝いで贈るなら必見!
7つの贈り方マナー

 

届ける日を伝えましょう


スタンド花は大きく目立つため、お客様を呼び込む道具としては最適です。ただ、大きい分だけ、飾る場所も必要となります。あまり早く贈ってしまうと、開店準備の邪魔になることもあります。

また、開店ぎりぎりまで、内装工事をしていることだって考えられます。かといって、当日だと店主が忙しくて、受け取ることができないなんてことも。

だから、贈る相手の都合を事前に確認して、スタンド花を届ける日時はきちんと打ち合わせておきましょう。サプライズ的に贈るには、すこしサイズが大きいようです。

 

サイズを確認しよう


スタンド花が置けるスペースがあるかどうかも、事前に確認が必要です。私事であれば、サプライズも嬉しいのですが、ビジネスとなると話が違います。前もって相手先に確認して、どのくらいのサイズのスタンド花が置けるかを確認するのが大人のマナーです。

店頭に置くことが多いスタンド花ですが、場合によっては店内に置くこともあるかもしれません。お店にピッタリサイズのスタンド花を贈ると、開店のために懸命に働いている相手にも喜んでもらえるでしょう。

 

シーンごとに花を選びましょう


出店するお店の種類によっては、花の種類を選ぶことも重要です。一般的に、ユリのように香りの強いものや花粉の散りやすい花は避けたほうが無難です。とりわけ、洋服を扱うお店や飲食店では、そういった花は好まれません。逆に、広い建物の場合は、大柄の花のほうが映えることもあります。

建物の作りや内装によって、花の種類を選ぶことで、相手を思うあなたの気持ちを伝えることができます。できれば、電話で現場の様子を聞くだけでなく、実際に開店前のお店に足を運んでみるとより一層建物の雰囲気を実感できるかもしれません。

 

用途に合ったものを選びましょう


敷地が広くて、スタンド花を置く場所を十分確保できる場合、スタンド花は店舗の入口付近や、屋外に設置することが一般的のようです。店舗の外に置く場合は、遠くからでも開店の雰囲気がわかるように、目立つ色の花をたっぷり使いましょう。

店内の受付カウンター付近に置く場合は、フラワーアレンジメントのような小さ目のものでもいいかもしれません。きりっとした色の花を挿し色にしてみましょう。店内に広いスペースがあれば大きめの観葉植物などを追加するのも名案です。スタンド花を選ぶときは、ぜひ、お店の雰囲気に合う色や花を選んでくださいね。

 

受取人を確認しておきましょう


スタンド花を贈るとき、受取人になる人の名前を確認しておくと受取がスムーズになります。というのが、実際の受取人となる店主は、開店準備のためにバタバタしていて、お店にいないということがよくあります。また、店内にたくさんの人が溢れている場合もあるでしょう。

その場合、店主に直接渡せなくても、内装工事をしている工事の責任者だったり、店主のご家族だったり、確実に手渡せる人を確認することをお勧めします。それから、夜間に営業する店舗の場合は、届ける時間も合わせて確認しておくと、より安心です。

 

立て札を付けましょう


贈り主の名前を書いた札を立てるスタイルは、花を贈る世界の独特の慣習です。立札は、「誰から贈られた花か」を明らかにするために立てられます。

それは、贈った相手に対してのアピールにもなるし、人が集まる場所に置かれるスタンド花の場合、周囲の人々に対して、贈り主の存在をアピールすることになるからです。

そのため、札に書く名前は、受取る相手の名前と、お花の贈り主の名前も書きます。スタンド花の立て札は、基本的には木の札です。だた、本物の板に直接書く場合と、木目調の用紙に印刷して、板に貼り付ける場合があります。屋外に置く場合、雨に当たる場所かどうかを確認しておいたほうがいいかもしれません。

 

地方によっての習慣を確認しましょう


冠婚葬祭については、とかく地域性が強く残っていて、その地域では当たり前のことでも、他の地域では非常識なんてこともよくあります。たとえば、スタンド花の場合、地方によっては、お客様が持ち帰る習慣があるそうです。

そういう地域では、いつまでもスタンド花が残っている店は流行らないというジンクスがあるそう。だから花を持ち帰るのは、お店のためになると思っているお客様がたくさんいます。逆にそういう風習がない地方も。

同じ県内でスタンド花を贈る場合は、周りの人に確認することができますが、離れた地域に贈る場合は、一度贈る相手にその地方の習慣を確認したほうがいいかもしれませんね。

 

いかがでしたでしょうか。

一生に一度、あるかどうか分からない友人の店の開店。その開店を祝う気持ちをきちんと相手に伝えるためには、多少のマナーも必要になります。自分の好きな花、相手の好きな花だけで固めても喜んでもらえない場合があります。決して自己満足になってはいけません。

たくさん確認することがあって大変ですが、一つ一つ確認して、スタンド花を贈り、ぜひ相手に喜んでもらってください。そして、一緒に開店を祝ってあげましょう。

 

まとめ

スタンド花を開店祝いで贈るなら必見!7つの贈り方マナー

 

・届ける日を伝えましょう
・サイズを確認しよう
・シーンごとに花を選びましょう
・用途に合ったものを選びましょう
・受取人を確認しておきましょう
・立て札を付けましょう
・地方によっての習慣を確認しましょう

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃういます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!