黄色いバラの花言葉、意味と役立つ5つの知識

黄色いバラの花言葉、意味と役立つ5つの知識
可憐で愛らしく、新鮮なイメージが人気の黄色いバラですが、黄色いバラの花言葉には「恋」「友愛」「友情」「献身」「さわやか」などの良い意味もたくさんある一方「薄らぐ愛」「不貞」「嫉妬」などのネガティブな意味もあるので、プレゼントするのは少しためらう人もおられるのではないでしょうか。

誰に、どんな時に、どんな風に贈れば喜ばれるのか、悩むところですよね。現代の黄色いバラの源流となる「ソレイユドール」が生まれたのは1900年のこと。「黄金の太陽」という意味を持つその名前の通り、明るく温かい愛すべきイメージです。だからこそ、黄色いバラの花言葉をきちんと理解して、上手に使いこなしたいものです。そこで今回は黄色いバラの花言葉、意味と役立つ5つの知識をお伝えします。



 

黄色いバラの花言葉、

意味と役立つ5つの知識

 

変わらぬ友情に元気を添えてプレゼント


黄色いバラの花言葉には「友情」や「友愛」など友人に贈るのにふさわしい言葉があります。大切な友人が悩んだり疲れている時、或いは目標に向かって頑張っている時には、応援する気持ちとともに変わらぬ友情と元気を贈ってあげたいですよね。

黄色いバラの花言葉には「献身」という意味もあるので「どんな時も、私はあなたの味方だから」「いつでもあなたの助けになるよ」という心強いメッセージにもなります。黄色は太陽の色でもあり、レモンやグレープフルーツを連想させるフレッシュな印象のビタミンカラーなので、気持ちを明るく元気にしてくれます。バラは贈る本数によっても意味が変わるので、「永遠の友情」を表す15本の花束にして贈るのも素敵です。

 

恋を失った人には逆転の発想でエールとして


黄色いバラの花言葉には「薄らぐ愛」「誠意がない」「恋に飽きた」「不貞」「嫉妬」「別れよう」など、恋愛には好ましくないものもあります。バラ全般の花言葉は「愛」や「美」ですが、黄色いバラは愛を伝えるには不向きなようです。それならば、発想を逆転すればどうでしょうか。

ひとつの恋が終わったということは、また新しい素敵な出逢いがあるということ。「愛が薄らいでしまった誠意のない」人との交際を続けたいと未練を残すよりも、きっぱりと「別れよう」。気持ちを整理して新しい一歩を踏み出すために背中を押してあげるという意味で、失恋した人に黄色いバラでエールをを贈るのも良いかもしれませんね。

 

大切な家族や友人に健康と無事を願う気持ちを


父の日に黄色いバラをプレゼントするのは、最近ではかなりポピュラーですよね。バラの他にもヒマワリを贈ったり、「イエローリボンキャンペーン」など、父の日は黄色のイメージが定着してきました。

イギリスでは黄色は身を守る色とされており、戦場に向かう男性の安全を祈って黄色いリボンを木や玄関に結ぶ習慣がありました。これが、父の日の黄色の由来になったようです。黄色は最愛の人の健康と無事を願い、愛と信頼と尊敬を表す色なんですね。

黄色いバラの花言葉は恋愛には不向きですが、兄弟や子供、友人など身近で大切な人が独り立ちしたり、尊敬する職場の上司や同僚が転勤で離れる時、或いは離れて暮らしている両親などに黄色いバラを贈るもの良いのではないでしょうか。精一杯の親愛の情を込めて。

 

縁起の良い黄色は風水好きにはとびきりの贈り物


黄色には明るく元気なイメージがありますが、風水でも「金運」や「変化・変革」「成りたい自分になる」等、とてもポジティブで縁起の良い色とされています。さらに、植物は不浄な気を清める存在とされているので、風水に詳しい人にとっては黄色いバラの花言葉に関係なくとびきりの贈り物になります。

花束だけでなく、贈り方でも色々楽しめます。スタンディングブーケは黄色いバラの可愛らしさを一層引き立てて、そのまま飾ることができます。手間もかからず半永久的に保存可能なプリザーブドフラワーも人気があるので、花器にこだわってみたり可愛い小物とセットにしたりメッセージを添えてみたり。インテリアにもなって、元気ももらえて、運気も上がるとなれば喜ばれることウケアイです。

 

黄色いバラは好みやイメージを優先して楽しく


黄色いバラの花言葉にはネガティブなものもありますが、それを補って余りある愛らしさや、太陽のように元気をくれる眩しさが魅力。恋愛にまつわること以外なら、黄色いバラが好きな人やイメージの合う人に、メッセージカードがわりに楽しく贈ってみても良いのではないでしょうか。

元気いっぱいで可愛いサークルの後輩やエネルギッシュで颯爽と素敵な会社の先輩、いつも明るく応援してくれる家族や友人達に。「あなたのイメージにピッタリ!」「いつも元気をありがとう」という気持ちを込めて。そして、毎日頑張っている自分自身にもたまには黄色いバラをプレゼント。きっと「献身」的にあなたのそばで元気を贈り続けてくれるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。黄色いバラの花言葉、意味と役立つ5つの知識をお伝えしました。黄色いバラの花言葉にはあまり好ましくないものもありますが、良い意味もたくさんあるので、色々な人に色々なメッセージを贈ることができますよね。仲の良いお友達には変わらない友情とともに元気を。

「永遠の友情」を表す15本の花束も素敵です。恋に破れた人にはネガティブな意味を逆手にとれば、踏ん切りをつけるお手伝いができるかもしれません。黄色は大切な人の健康と無事を願う信頼と尊敬の色。家族や友人、同僚の新しいスタートに贈れば応援になります。

風水好きな人なら、縁起の良い黄色いバラは喜んでもらえること間違いなし。スタンディングブーケやプリザーブドフラワーなどで、インテリアとしても楽しんでもらえるように。黄色いバラは花言葉に関係なくファンも多いので、明るく元気なイメージがピッタリの人には小粋な挨拶代わりにプレゼントしたいですね。

まとめ

黄色いバラの花言葉、意味と役立つ5つの知識は

①大切な友人に贈る「献身」は「いつもあなたの味方」という心強いメッセージ
②恋愛にネガティブな花言葉も、失恋した人には新しい一歩への勇気になる
③黄色は大切な家族や友人の健康と無事を願い、愛と信頼と尊敬を表す色
④運気アップの「黄色」と浄化を意味する「植物」の組合せで風水にも使える
⑤明るく元気な人には「あなたにピッタリ!」の意味でイメージ優先のメッセージを贈れる