椿の花言葉は色で違う☆思いを添える色別メッセージ

椿の花言葉は色で違う☆思いを添える色別メッセージ
椿の花言葉を添えて、普段は言えない感謝の気持ちや、秘めた想いが表現できたら、照れることなく、伝えられそうですよね。

椿の花と言えば古くから日本や中国で愛されてきた身近な花の一つ。「椿姫」や、椿オイル、シャンプー、そして化粧品まで、東洋においての美の花として、女性には特に身近に感じる花なのです。

椿の花全般の花言葉の意味は「控えめなやさしさ」や「誇り」。さらには西洋で「敬愛」「完璧」などの意味合いもあります。しかも椿の花の花言葉は、赤や白やピンク、三種の色それぞれにもあるのです!

少し赴きを変えて、メッセージが伝わる椿の花や雑貨などのアイテムに、ぴったりの椿の花言葉のメッセージを添えて贈れたら、ちょっとおしゃれですよね。そこで今回は色でも違う、贈り物に最適な椿の花言葉をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

椿の花言葉が素敵☆色によって変わる美しい意味をご紹介!

椿の花言葉が素敵☆色によって変わる美しい意味をご紹介!

皆さん椿の花の花言葉をご存じでしょうか。椿の花は多くの人がご存じかと思いますが花言葉まで知っているという人は意外と少ないのではないでしょうか。実は椿は花の色によって花言葉が異なりなす。

椿は花びらが散るのではなく花自体が落ちるのでその姿が首が落ちるようだといわれ贈り物には向いていない花だといわれていますが椿の花言葉はとても美しい意味のものばかりです。椿は庭木としてもとても人気のある花なので目にする機会がい多い花です。

花言葉を知っているだけでこれから椿の見方が変わってくるかと思います。今回は椿の美しい意味の花言葉を7つご紹介していきます。気になった方は是非読んでみてくださいね。

[ →続きを読む… ]

椿の花言葉と由来を解説♪上流階級に愛された花7種紹介

椿の花言葉と由来を解説♪上流階級に愛された花7種紹介

椿は葉に艶があり、花も見事な花を咲かせます。椿は日本が原産地で、ヨーロッパに渡り栽培され大人気の花になりました。19世紀にヨーロッパで大ブームになった小説「椿姫」に登場したことでも有名ですね。

「椿姫」は娼婦が25日間は白い椿を残りの5日間は赤い椿を付けて社交界に現れるという小説です。椿は特にヨーロッパの上流階級に愛されて、椿専用の温室まで作られたほどです。椿は花言葉がいろいろあり、それには椿の特徴が由来しています。また日本では葉の厚さから「厚葉木(あつばき)」や葉の艶から「艶葉木(つやばき)」と呼ばれたという説があります。

更に革のようにしっかりした葉なので「強葉木(つばき)」と呼ばれたという説もあります。椿は学名を「カメリア・ジャポニカ(Camellia japonica)」と言います。宣教師として来日し、椿をヨーロッパに持ち帰ったG.Kamelさんの名前から取ったと言われています。上流階級に愛された花と花言葉を紹介したいと思います。

[ →続きを読む… ]

椿の花言葉を添えて女性に贈る☆小粋な花の贈り方7選

c5e64da8170fe6deafba03877f1ac949-e1422530063667

「椿を贈る」ということに、あなたはどんなイメージをお持ちですか?「お見舞いには向かない花(花が散らずに、ポトッと落ちる様が「首が落ちる」ことを連想させるため)」という、マナーに基づいたイメージが強いでしょうか。しかし、椿は日本人に古くから愛され、冬でもつやつやと美しい葉などの様子から「不老長寿の霊木」としても尊ばれてきた植物でもあるのです。

また、豪華な八重咲きや、おなじみの赤や白の花色だけではなく、黄色や黒っぽい色の花もあるなど、バリエーションもいっぱいです。ここでは、椿の花の花言葉にも基づいた、贈り方のアイディアをご紹介します。

[ →続きを読む… ]

椿の花言葉は色によって違う☆赤と白に秘められた女性像

椿の花言葉は色によって違う☆赤と白に秘められた女性像
椿は古くから日本人に愛されてきた花のひとつですよね。江戸時代から品種改良がなされ、日本産品は現在2,200種以上を数えます。また、18世紀に欧米に渡ると「西洋椿」と呼ばれる、豪華で華やかな花をつける品種が多く作られました。そのため、ひとえに椿と言っても、花の姿は様々で、その分花言葉もたくさんあるのです。

そこで今日は、椿の基本の色でもある、赤と白のそれぞれの花言葉にスポットを当てながら、そこに浮かび上がる女性像についてお伝えします。ではご覧ください。

[ →続きを読む… ]