椿の花言葉に魅了される☆光と影が見える7つのメッセージ

椿の花言葉に魅了される☆光と影が見える7つのメッセージ
椿の花言葉には光と影の二面性があります。どんなものがあるのか気になりますよね。その可憐な出で立ちから様々な人々を魅了し、「日本書紀」にはすでにその記録が残されているのが椿の花。

ヨーロッパに渡ってからは海外でも親しまれ、人気を博しました。ただ、その美しさから、陰も陽も、様々な影響を芸能に与えているのも事実。

文化や芸術だけでなく、その木や油は薬用や木材としても優秀で、椿油は今でも美容品として広く愛用され、親しみ深い椿なのですが、「縁起の悪い花」と言う人や、中には忌み嫌っている人も…。

それだけに椿の花言葉も奥深く、光と影、数多くのものがあります。とは言え椿の花言葉は、明るいものがほとんど。しかし、少し踏み込んで考えると別の意味があるとしたら、どんなものか知りたいですよね。

そこで今回は、そんな奥が深く魅力的な、椿の光と影が見える7つの花言葉をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

椿の花言葉、表と裏☆美しさが胸に迫る7つの豆知識

椿の花言葉、表と裏☆美しさが胸に迫る7つの豆知識
椿の花言葉は、「控えめな」美しさや優しさなど、いかにも日本的な美意識を表しています。確かに椿は、日本女性の美しさを象徴するような花ですよね。寒い時期に咲く色鮮やかな椿の花は、寂しくなった庭の景色を美しく彩ってくれます。

椿と言って多くの人がイメージするのは、一重咲きの深紅や白の花ですが、他にもピンク色や二つの色がミックスしている花色のもの、八重咲きや牡丹咲き、二段咲きなど多くの品種があります。

実はその色によって、椿の花言葉にはさまざまあり、中にはちょっと怖いイメージのものも…。美しさと怖さの二面性のある椿。どんな由来や花言葉を持っているのか、ちょっと気になりますよね。

そこで今回は、そんな椿の花言葉が持つ二面性とその理由をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

椿の花言葉は色で違う☆思いを添える色別メッセージ

椿の花言葉は色で違う☆思いを添える色別メッセージ
椿の花言葉を添えて、普段は言えない感謝の気持ちや、秘めた想いが表現できたら、照れることなく、伝えられそうですよね。

椿の花と言えば古くから日本や中国で愛されてきた身近な花の一つ。「椿姫」や、椿オイル、シャンプー、そして化粧品まで、東洋においての美の花として、女性には特に身近に感じる花なのです。

椿の花全般の花言葉の意味は「控えめなやさしさ」や「誇り」。さらには西洋で「敬愛」「完璧」などの意味合いもあります。しかも椿の花の花言葉は、赤や白やピンク、三種の色それぞれにもあるのです!

少し赴きを変えて、メッセージが伝わる椿の花や雑貨などのアイテムに、ぴったりの椿の花言葉のメッセージを添えて贈れたら、ちょっとおしゃれですよね。そこで今回は色でも違う、贈り物に最適な椿の花言葉をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

椿の花言葉が素敵☆色によって変わる美しい意味をご紹介!

椿の花言葉が素敵☆色によって変わる美しい意味をご紹介!

皆さん椿の花の花言葉をご存じでしょうか。椿の花は多くの人がご存じかと思いますが花言葉まで知っているという人は意外と少ないのではないでしょうか。実は椿は花の色によって花言葉が異なりなす。

椿は花びらが散るのではなく花自体が落ちるのでその姿が首が落ちるようだといわれ贈り物には向いていない花だといわれていますが椿の花言葉はとても美しい意味のものばかりです。椿は庭木としてもとても人気のある花なので目にする機会がい多い花です。

花言葉を知っているだけでこれから椿の見方が変わってくるかと思います。今回は椿の美しい意味の花言葉を7つご紹介していきます。気になった方は是非読んでみてくださいね。

[ →続きを読む… ]

椿の花言葉と由来を解説♪上流階級に愛された花7種紹介

椿の花言葉と由来を解説♪上流階級に愛された花7種紹介

椿は葉に艶があり、花も見事な花を咲かせます。椿は日本が原産地で、ヨーロッパに渡り栽培され大人気の花になりました。19世紀にヨーロッパで大ブームになった小説「椿姫」に登場したことでも有名ですね。

「椿姫」は娼婦が25日間は白い椿を残りの5日間は赤い椿を付けて社交界に現れるという小説です。椿は特にヨーロッパの上流階級に愛されて、椿専用の温室まで作られたほどです。椿は花言葉がいろいろあり、それには椿の特徴が由来しています。また日本では葉の厚さから「厚葉木(あつばき)」や葉の艶から「艶葉木(つやばき)」と呼ばれたという説があります。

更に革のようにしっかりした葉なので「強葉木(つばき)」と呼ばれたという説もあります。椿は学名を「カメリア・ジャポニカ(Camellia japonica)」と言います。宣教師として来日し、椿をヨーロッパに持ち帰ったG.Kamelさんの名前から取ったと言われています。上流階級に愛された花と花言葉を紹介したいと思います。

[ →続きを読む… ]