アスターの花言葉を使って素敵なプレゼントを贈る7つの方法

アスターの花言葉を使って素敵なプレゼントを贈る7つの方法
皆さんは『アスター』というお花をご存じですか。アスターは中国北部や西チベット・朝鮮半島北部を原産とするキク科の植物です。日本では『エゾギク』や『サツマギク』とも呼ばれています。赤、ピンク、白、紫など様々な色があり、品種も豊富にあります。

このお花は『好き、嫌い、好き・・・』と花びらを1枚ずつ数え、恋の行方を占う花占いで使うお花の元祖とされています。私たちになじみがあるのは『マーガレット』ですが、元々はこちらのようです。

花占いに使われるお花だけあって、花言葉も恋愛に関するものが多いようです。大切な方にプレゼントを渡す際にこのお花を添えて、想いを込めるというのは素敵ではないでしょうか。今回はアスターの素敵な花言葉を紹介したいと思います。



 

アスターの花言葉を使って
素敵なプレゼントを贈る7つの方法

 

その1.私を信じてください


誰でも自分にとって大切な人には信用してもらいたいですよね。その人物は愛する人やかけがえのない仲間など、人によってさまざまだと思います。

共通することはあなた自身がその人を信用しているということですよね。あなたが真摯に心を向けているからこそ、その人にも同じように向き合ってほしいという思いがあるのでしょう。

今は相手の心があなたに向いていなくても、誠意を持って真剣に向き合えば、必ずこちらに心を向けてはずです。きちんと真正面から向き合うという意味で『鏡』などを贈る時にはこの花言葉を添えるといいかもしれません。

 

その2.心くばり


人の気持ちを考えて行動できる人は、優しく思いやりのある人です。身近にそんな人物がいれば、憧れ、目標にしますよね。

目標にしても、なかなか難しいところです。それが社会人1年目であれば、環境の変化や緊張などで行動に出ることに躊躇すると思います。

しかし、失敗を恐れずに出来ることから行動し、真剣に仕事に取り組めば、認めてくれる人は必ずいます。小さなことも真剣に取り組む姿勢が大切です。

もし、周りに新社会人の方がいれば『万年筆』とアスターをプレゼントしてはいかがですか。この万年筆を見るたびにやる気がででくるはずです。

 

その3.恋の勝利


片想い中はささいなことで飛び跳ねたいくらい嬉しくなったり、誰にも会いたくないくらい落ち込んだり、気持ちがジェットコースターのようになってしまう方も多いのではないでしょうか。

無事に想いが届き、晴れて両想いになった時には、なんでもできるような気持ちにもなりますよね。それくらい恋愛というものは人生に毎日に輝きを与え、充実させるたいせつなものです。

あなたのそばに無事に両想いになった人がいれば、このお花と共に映画などの『ペア券』と贈ってみてはどうでしょう。きっとそのカップルにもっと幸せが訪れることでしょう。

 

その4.甘い夢


良い恋愛をしている時は、寝る時間も惜しいほどに相手のことを考えてしまいますよね。早く会いたいと思いを募らせながら、眠りにつく方も多いと思います。

その夢の中にも想い人が出てきて、朝起きてからも胸のドキドキが続いている経験をされた方もいるのではないでしょうか。そんな素敵な恋愛をしているお友達がいれば、『アロマピロー』にアスターを添えてみてはどうでしょう。

ラベンダーなどの良い香りに包まれて眠りにつけば、もっと素敵で甘い夢が見れるかもしれません。甘い夢から覚めれば、またきらきらと輝く日が始まるはずです。

 

その5.追想


あなたはあるお花を見て、誰かを思い出すことはありますか。頭に浮かぶ人物は、いつもそばにいない人だったり、もう会うことが出来ない人だったりとさまざまだと思います。

人はいろんな出会いと別れを繰り返しながら、強くたくましく成長していきますが、その別れを素直に受け止めることが難しかったり、楽しかった日々を思い出して涙することもあるでしょう。

もし、そんな状況に置かれている人がいるのであれば、この花と一緒に『写真立て』を贈ってみてはどうでしょうか。大切な人の写真とアスターが優しく癒してくれるはずです。

 

その6.あなたを信じているけど心配


愛する人のことを信用していても、時には不安になり、疑念を抱いてしまうこともあるでしょう。相手が発した何気ない一言や行動に敏感になり、気持ちが揺れ動くのは、少し心が疲れているからではないでしょうか。

その心の疲れを放っておいたり、胸にしまいこんでしまうと、ますます疲れ、笑顔も消えてしまいます。少しホッとする一人の時間が必要かもしれません。

お近くに心が疲れているような方がいれば『紅茶』や『コーヒー』とアスターをプレゼントしてはどうでしょう。リラックスできる一人の時間を作ることで、また笑顔に戻れるはずです。

 

その7.私の愛はあなたよりも深い


人を愛する気持ちは目には見えませんし、値段で表すことも出来ません。一つ一つの言葉や行動で愛情を示し、相手に受け止めてもらうこと、自身が受け止めることでお互いの気持ちを理解するしかありません。そこに敬意や思いやりがなければ、すぐにわかってしまいます。

ですが、自身の思いを言葉にしたり、行動で示すのはなかなか難しいですよね。そんな時は『手紙』を書き、アスターを添えてみてはいかがですか。そして、手紙の最後にアスターの花言葉を書いてみてください。

その誠実で優しい思いは、きっと相手に伝わり、より愛が深まるでしょう。

 

いかがだったでしょうか。

人を想う優しい気持ちや思いやり、愛情は目には見えません。ましてや、無理矢理に押し付けるものでもありません。だからといって、投げやりだったり、適当に表現するのではなく、目に見えないものだからこそ、誠意を持って真摯に向き合うべきだと思います。

花占いをする時は、想い人のことで頭がいっぱいで、真剣に向き合いますよね。それと同じように恋愛も仕事も、真剣にまっすぐ向き合うことで、相手にも必ず気持ちは伝わるはずです。

一所懸命な人を見捨てる人はいません。必ず誰かが助けてくれます。頑張りすぎて、疲れてしまったときはアスターのお花を見て、一息ついてみませんか。少しでもゆっくりする時間を作ることで、また明日からも恋愛に仕事に頑張れるでしょう。

 

まとめ

アスターの花言葉を使って素敵なプレゼントを贈る7つの方法

その1.私を信じてください
その2.心くばり
その3.恋の勝利
その4.甘い夢
その5.追想
その6.あなたを信じているけど心配
その7.私の愛はあなたよりも深い

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃういます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!