プレゼントの花を贈るなら☆相手の暮らしで選ぶアレンジ

プレゼントの花を贈るなら☆相手の暮らしで選ぶアレンジ
プレゼントの花を贈る時の基準、相手に喜んでもらいたいと思うと、尚更悩んでしまいますよね。相手が好きなプレゼントの花はもちろん、相手のライフスタイルに合った花も大切!

プレゼントで花を贈ることは定番中の定番!でもそれだけに、一方で花を贈る時に気をつけたい事柄もたくさんあります。そこで気になるのが、贈る相手のライフスタイル。

「自分とはライフスタイルが違うけど、こういう人にはどういう花のアレンジが最適なんだろう?」「あまり花を贈ったことはないけれど、感謝の気持ちを伝えるために花を贈りたい相手がいる…。」そんな時、アレンジアイデアも知りたいですよね。

そこで今回は、相手の暮らしに合った花のアレンジを、いくつかお伝えします。ちょっとおしゃれに楽しく、気配りいっぱいのプレゼントの花を贈ってください!



 

プレゼントの花を贈るなら☆
相手の暮らしで選ぶアレンジ

 

花を贈る時に気をつけたいこと


花にはたくさんの種類があります。相手の好みがわかっていれば、好みに合った花を贈るのが1番ですが、「相手がどういう花を好んでいるかわからない…。」という場合も多いのではないでしょうか。

【 プレゼントの花☆花言葉や誕生花 】

★ そういう時にオススメなのが、気持ちが伝わる花言葉を持った花々や、相手の誕生花、さらにお手入れのしやすさを考えて花を選ぶこと!

・ 素敵な花言葉を持っている花なら「この花の花言葉、◎◎って言うんです」と一言添えるのも良いですし、メッセージカードに花言葉を書いてそっと渡すのも、喜ばれる贈り方です。

 

子供がいるご家庭に☆サプライズアレンジギフト


誕生日プレゼントや子供さんのお祝い時に贈りたい一品。プレゼントボックスを模した箱やバスケットにガーベラやスプレーバラなどの明るい色合いの花々を詰め込み、リボンでラッピング!

【 プレゼントの花☆サプライズボックス 】

★ バルーンと一緒に大きな箱に詰め込めば、サプライズ感たっぷり!とても印象に残るはず。

・ どんなバルーンが良いかは相手にもよりますが、キャラクターものやメッセージが書いてある可愛らしいものがおすすめ。出産祝いにもオススメです。

 

一人暮らしの働く女性に☆アロマバスギフト


一人暮らしの働く女性には、アロマバスを贈るアイデアはいかがでしょうか。入浴剤として使える花のアロマは特にオススメ!固形入浴剤なら、お風呂で楽しむこともできますし、芳香剤として部屋に置くこともできます。

【 プレゼントの花☆アロマバス 】

★ アロマには色んな種類がありますが、リッチな気分にさせてくれるバラ・自信がないときにパワーを与えてくれるジャスミンなども人気!

・ 花の形をしたものを箱に詰めて、プレゼントしてみると女子力高いプレゼントの花が出来上がります。

入浴剤の他にもハンドクリームなども◎。忙しい女性の疲れを癒やすアレンジです。

 

花が好きな人に☆生花


花が好きな人には、生花を贈るのがシンプルで一番!生花であれば季節に合わせた花をプレゼントすることができるのも魅力。

プリザーブドフラワーなど、枯れない花もありますが生命力・香りを感じられるのは生花だけ。そして、花が枯れると同時に処分することができるので、相手に負担を与えません。ただし、湿気や高温、夏場は寿命が短くなりますし、匂いも出てきますから不向きと言えます。

【 プレゼントの花☆生花のブーケ 】

★ グラスなどに飾ることができる小さなブーケは、日常の色んなシーンに使用できるので◎!

・ ダイニングブーケとして、キッチンブーケとして、玄関先に飾るちょっとしたブーケとして、相手に気軽に楽しんでもらうことが可能です。

 

ご高齢の方に☆プリザーブドフラワー


【 プレゼントの花☆ブリザーブドフラワー 】

★ プリザーブドフラワーの良さは、なんと言ってもお手入れの簡単さではないでしょうか。

・ 水が要らないのでご高齢の方や忙しい方にピッタリ!花粉がないためアレルギー持ちの方へのプレゼントにもおすすめです。

注意点はプリザーブドフラワーは造花ではないということ…。永遠に枯れない花というわけではありません。湿気と直射日光は大敵。それに注意しておけば、数年ほどはみずみずしさを保持することが可能!

「プリザーブドフラワーには香りがないから……」という懸念があるなら、アロマオイルやポプリを一緒に贈るのがオススメです。

 

おしゃれな人に☆ソープフラワー


おしゃれに気を配っている人には、ソープフラワー(花の形をした石鹸)を贈ってみてはいかがでしょうか。

【 プレゼントの花☆ソープフラワー 】

★ 手元に残るものというのは贈ったものが相手の好みと違った場合、負担になってしまうことも…。

・ その点、ソープフラワーなら、手を洗う時などに使ってもらえば手元に残りません。

香りは癒やしを与えるものを選ぶと◎。万人受けする香りを選ぶよう心がけるのがコツです。ギフトボックスにプリザーブドフラワーを詰めると、更におしゃれ度が上がります。

 

花より団子☆エディブルフラワー


花に興味がない人に鉢植えを贈るのはNG!毎日の水やりや花への気配りなど、負担に思う人も少なくないはず。「あの人は、花より団子な人だな~」という人に花を贈りたい時は趣向を変えて、エディブルフラワーを贈るというのはどうでしょうか。

【 プレゼントの花☆エディブルフラワー 】

★ エディブルフラワーとは「食べられる花」のこと。視覚的にも味覚的にも楽しむことができる一品!

・ ケーキやクッキー、ババロア、ゼリーなどなど…。様々なお菓子に取り入れることが可能です。

まさに食べることが大好きな相手にぴったり!紅茶と一緒に贈って、紅茶に浮かべてもらうのも◎。

 

いかがでしたでしょうか、貰って嬉しいと人気の、プレゼントの花アレンジアイデアをいくつかお伝えしてきました。ちょっとしたプレゼントの花としても、面白いアイデアがあったのではないでしょうか。

花のプレゼントを贈るなら、相手に「本当に嬉しい!」と思ってもらいたいもの…。プレゼントをもらうこと自体が、嬉しいと相手は思ってくれるかもしれませんが、更に喜んでもらうためにも、相手の暮らしに合わせたアレンジギフトは気配り上手!

自分基準で花のアレンジを選んでしまい、相手の負担になるのはいただけません。今回お伝えしたアレンジ以外にも、花にはたくさんのアレンジがあるのが魅力。

「どういう暮らし、考え方を持っている人なのか」「どういうことに関心がある人なのか」など、相手のことを思い浮かべてみてください。きっと、相手にぴったりな花のアレンジが見つかるはずです。

まとめ

おすすめの花ギフトアレンジ

・相手に合わせたアレンジを選ぼう
・お子様がいるなら、サプライズバルーンボックス!
・一人暮らしの女性にはアロマギフト
・花好きには生花のミニブーケ
・ご高齢、アレルギー持ちの方は、プリザーブドフラワー
・おしゃれに気を配っているなら、ソープフラワー
・食べることが大好きな相手には、エディブルフラワー