花言葉で友情を伝える☆友人に贈りたい、かわいい花々

花言葉で友情を伝える☆友人に贈りたい、かわいい花々
花言葉で友情をさりげなく伝えられたら、つい気恥ずかしくて言えない友人へのエールも、気軽に送ることができそうですよね。現代では花言葉もあまり広がっていませんが、メッセージカードに花言葉を友情とともに添えるだけで、その真意は伝わるもの…。

全国大会などの重要な試合に出場するために、遠征などで旅立つ友人には、ちょっとした押し花の栞にして贈っても、ふとした場面で見返すことができますし、結婚式などでは花束はもちろん、後々まで残るブリザーブドフラワーなどもアイデア。

日ごろは毎日じゃれあっていた友達同士でも、「ここぞ!」と言う時に、気持ちを伝え合い、どこにいても絆を深めていきたいですよね。そこで今回は、大切な友人に贈りたい、琴線に響く花言葉で友情が伝わる花々をお伝えします。

 

花言葉で友情を伝える☆
友人に贈りたい、かわいい花々

 

そのものズバリ!フリージア

卒業式シーズンにぴったりの花がフリージア。特に女性であればふんわりとした雰囲気が可愛らしい花ですから、甘酸っぱい青春の思い出とともに贈りたい花の筆頭!恋も似合う花なので、失恋した時に友情を取り戻したい…、などの意味合いでも素敵です。

【 花言葉で友情を伝える☆フリージア 】

★ フリージアの花言葉は「友情」。ズバリの花言葉で友情を伝えるのも、ストレートでおすすめ!

・ さらに、ほかにも「憧れ」などの花言葉で友情を伝えられるので、年上の友人に贈るにはぴったりの花束。

また清楚で優しい花なので、そんなイメージにぴったり合う方に送ってみてはいかがでしょうか。

 

ローダンセの花言葉で、永遠の友情を

初夏の時期に咲くお花がローダンセ。キク科のお花で、小さな花序の周りに沢山の花びらをつけるのが特徴。和名も可愛らしく「ヒロハノ花簪(ハナカンザシ)」。赤い可愛らしい蕾がカンザシのようだったことから名づけられました。

【 花言葉で友情を伝える☆ローダンセ 】

★ ローダンセの花言葉は「終わりのない友情」「変わらぬ思い」

・ この言葉の由来は、ドライフラワーにしても色が変わらず鮮やかであることから…。思い出が色あせても変わることのない思いがある、と伝えています。

そのため、ドライフラワーとしても生花としてもポピュラーな花なので、プレゼントしやすいお花!ピンクやローズピンク、白など様々な色があるので、プレゼントする友人の印象に合わせて、選んでみてください。

 

鉢植えや寄せ植えで贈るなら、ジニア

ガーデニング好きな友人に贈るなら、花壇や鉢植えはもちろん、寄せ植えにも向いているジニアの花言葉で友情を伝えてみるのもアイデア。ガーデナーにポピュラーな花で、和名では「ヒャクニチソウ」と言われるように、花期が長いのが人気の秘密!

【 花言葉で友情を伝える☆ジニア 】

★ ジニアの花言葉は、「不在の友を思う」「遠い友を思う」「別れた友への想い」「注意を怠るな」などなど…。

・ 「注意を怠るな」の花言葉に限っては、新社会人や新大学生になる友人にぴったりですが、友情を伝える言葉のなかでも、特に遠く離れた友へ贈りたいのがジニア。

遠く離れた友人へ贈るジニアなら、その花びらの可愛らしさからブリザーブドフラワーになっているものもおすすめです。

 

花のイメージがない友人なら、アイビー

日ごろからちょっとクールで、可愛らしいお花よりは、スタイリッシュなものの方が良いかな…、と言う相手なら、インテリアとして人気の観葉植物、アイビーの花言葉で友情を伝えてみてはいかがでしょうか。

【 花言葉で友情を伝える☆アイビー 】

★ アイビーの花言葉は、ズバリ「友情」の他、「誠実」や「不滅」などのメッセージも…。これから引越しをするなど、遠く離れる友人なら、誠実や不滅のメッセージも良いかもしれません。

・ また、このアイビーには「永遠の愛」や「結婚」の花言葉も持ち合わせているため、大切な友人の結婚式でのお祝いにもおすすめ!

気軽な新築祝いとしても、インテリアになるので、喜ばれるかもしれません。

 

小さな花が集まる、ライラックで青春を想う

青春時代の思い出を想いながら贈るのであれば、ダンゼンおすすめの花はライラック!ライラックはフランス語では「リラ」とも言われ、その昔は歌の歌詞にも起用された、花言葉で友情を伝えられる花のひとつ。

【 花言葉で友情を伝える☆ライラック 】

★ 全般のライラックの花言葉は、「思い出」や「青春の思い出」。友達へのダイレクトなメッセージとしては、「友情」や「大切な友達」の意味合いもあります。

・ 特に白色のライラックになると「青春の喜び」と言う花言葉が込められているので、卒業式や社会人になる友人に贈りたくなる花。甘いながらも爽やかさが残る花の香りもあいまって、キュンと郷愁を感じるのではないでしょうか。

ただし、人気の紫色のライラックは「愛の芽生え」や「初恋」など、恋にまつわるものもあるので、メッセージに意図した花言葉を添えて、間違えのないように贈ってください。

 

いかがでしたでしょうか、今回は大切な友人に「ここぞ!」と言う時に贈りたい、いくつかの花言葉で友情が伝わる花々をお伝えしました。フラワーギフトと言えば、恋人やお祝いのイメージがありますが、時には友人へのエールや節目に贈るのも素敵。

花束だとちょっと照れくさい…と感じたなら、ちょっとしたギフトに花を一輪添えても、おしゃれですし、実用的なリースやアイビーのような観葉植物で贈っても◎。最近ではブリザーブドフラワーも人気なので、花が苦手な人にも贈りやすくなりました。

その他、ローダンセなどドライフラワーにしても色鮮やかな花であれば、ソルトと混ぜて、おしゃれなバスソルトなどの美容グッズにしてしまうのもアイデア!友人とケンカした時などなら、「許しあう愛」の意味合いを持つラベンダーのバスソルトもおすすめ!

仲直りがしたい時、応援したい時、卒業などの別れの時、お祝いまで…、照れくさい気持ちを代弁してくれる、花言葉でぜひ、友情をさりげなく伝えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

友情の花言葉を持つ花々とは

・フリージアはずばり、「友情」
・ローダンセで誓う「終わりのない友情」
・遠くの友人にはジニアの「遠い友を想う」
・インテリア映えするアイビーも「友情」
・ライラックで郷愁を誘う「青春の思い出」


連記事