花の名前を女の子につける時に気をつけてほしい7つの事

花の名前を女の子につける時に気をつけてほしい7つの事
「女の子が生まれたら花の名前をつけたい」と考えている方は多いのではないでしょうか。美しくかわいらしい花の名前は女の子の名前にぴったりで、人気上位の名前にも選ばれています。花の名前だとイメージをしやすいですし、古風な名前にも現代的な名前にもなりますね。

女の子の名前に使える花の名前は調べると数多くあると思いますが、今回は、花の名前を女の子につける時に、参考にしてほしい気をつけるべきことを紹介したいと思います。



 

花の名前を女の子につける時に
気をつけてほしい7つの事

 

花の名前がよくないと言われることを知っておこう


花の名前は今では人気の名前ですが、反対に花の名前を付けるのはよくないとも言われています。

それはなぜかというと、花はやがて散る、枯れてしまうからです。咲いている時期が限られている花も多いこともあり、はかないイメージがあってよくないと避けられていたようですね。

しかし、花は人を癒してくれ、気持ちを明るくしてくれるものです。花のように美しく、人に愛される子に育ってほしいという願いを込めて花の名前をつけるのは何も悪いことではありませんね。

ですから、あまり気にすることはないですが、人によってはこのような理由で花の名前はよくないという考えもありますので、知っておくとよいでしょう。気になる方はもう一度考え直してもいいと思います。

 

季節に合った名前をつけよう


どんな花の名前がいいのか決めかねている人は、生まれてくる季節の花を調べてみてはどうでしょうか。花は、季節によって様々な花が咲きますよね。春だったら桜を入れてみたりすると季節感のある名前になりそうですね。

誕生日の花なども参考にするのもいいかもしれません。

 

花言葉も調べてみよう


花には、それぞれ花言葉というものが存在します。贈り物をするときなどに、調べたことがある方もいるかと思います。花がきれいでも、その花言葉が悪い意味だったりすることもあるので、出来れば素敵な花言葉をもつ花がいいですよね。

どんな女の子になってほしい、という願いがあると思うので、花言葉から花を探すというのも一つの方法だと思います。こんな意味のある花の名前なんだよって子どもと話せたら素敵ですよね。

 

響きを大切にしよう


名前を呼んだとき、呼ばれたとき嬉しい名前がいいですよね。呼びにくい名前だったり、何だか嫌な響きだと子どもがかわいそうです。これは、花の名前を付ける場合でなくても、子どもの名前を決めるときに大切なことだと思います。

花の名前は響きもきれいなものが多いですが、花の名前を少し変えたり、違う漢字と組み合わせたり、呼び方を変えたりするときは気をつけたいですね。

 

読めない名前にしないように


最近は変わった名前にする方が多いですよね。あまりにおかしな名前をつけてキラキラネームと言われて子どもが馬鹿にされるような名前にしたくはありませんね。

他の子と被らないようにというのはいいですが、読めない書けない漢字だったり、意味の通じない当て字当て読みなんかは、子ども自身も周りも困りますのでよく考えてください。

花の名前を付ける場合はあまりキラキラネームになるようなことはないかと思います。しかし、カタカナの花の名前を漢字にするといった場合は注意が必要ですね。

 

子どもに説明できるようにしよう


花の名前をつける場合、子どもに名前の意味を聞かれたとき説明しやすいのではないでしょうか。

桜や、スミレ、ひまわりなどみんなが知っているような有名な花なら誰でもどんな花かイメージできますよね。子どもが成長したとき、外国の方に説明することがあった場合も、花の名前だと名前の由来を説明しやすそうですよね。

ただ、珍しい花だったり、花言葉や響きから決めた場合、実際の花を見たことがないなんてこともあると思います。子どもに聞かれたとき、どんな花かよく知らないなんてことにならないようにしましょう。

 

名前に相応しい花にしよう


花がかわいいから、花言葉が素敵だからといって、女の子の名前として相応しくない花だってあります。

どうしてもその花の名前にしたいという場合は、長い名前は少し縮めてみたり、その花の漢字の一つを使ってみたりするといいでしょう。「花」や「美」などと組み合わせてみるのもいいかもしれませんね。

 

花の名前を女の子につける時、花の見た目以外にも色々な面から名前を考えることが出来ますね。子どもが自分の名前を好きになってくれるように、素敵な名前にしてくださいね。

手に入れられる花でしたら子どもと一緒に育ててみるのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

花の名前を女の子につける時に気をつけてほしい7つの事

・花の名前がよくないと言われることを知っておこう
・季節に合った名前をつけよう
・花言葉も調べてみよう
・響きを大切にしよう
・読めない名前にしないように
・子どもに説明できるようにしよう
・名前に相応しい花にしよう

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃういます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!