観葉植物と風水で運気を上げる5つの方法


観葉植物が1つ部屋にあるだけで、なんとなく心が落ち着きますよね。また観葉植物は風水上も部屋に良い『気』を呼ぶと言われています。それは観葉植物には植物そのものの生命エネルギーが備わっており、太陽の光、水、土といった自然のパワーが凝縮されているから。

人間は周囲の環境に大きく影響されるため、環境を整えて『気』の流れを整えることで運気を上げるというのが風水の考え方ですが、観葉植物を家の中に置くことで風水面でも自然と調和した良い『気』が流れます

また観葉植物は大きな家具と違って手軽に配置できます。もちろん、植物の種類によっては置かれた場所の環境の合う・合わないはありますが、観葉植物の種類はとても多く選択肢が豊富なので好みの観葉植物と風水の一致する植物は必ず見つかるはず。

風水は、空間を何に使っているかを考えますので、玄関、リビング、トイレなどそれぞれの環境にふさわしい観葉植物があります。そこで今回は観葉植物と風水で運気を上げる方法についてお伝えします



 

観葉植物と風水で

運気を上げる5つの方法

 

玄関は運気を呼び込む入口にふさわしい観葉植物を


玄関はその家の顔、運気を招き入れる大切な入口です。玄関の観葉植物は風水上『気』の流れを良くし、活力をもたらしてくれる役割があります。でも、玄関は扉の開け閉めによって外気が入りやすく寒暖差があったり、日陰で暗かったりと観葉植物にとってはやや厳しい環境。半日陰でも育つ丈夫な観葉植物を選びましょう。

具体的には、浪費を防ぎお金を貯めるパワーのある金運アップと人間関係の運気をアップするパワーを持ち恋愛運をもたらすモンステラ、「発財樹(財を成す樹)」の別名を持つ金運アップのパキラ、魔除け・厄除けパワーを持つユッカ(青年の樹)、空気浄化による魔除け効果のあるサンセベリアなど。

これらの観葉植物は風水でぜひ玄関に置いて欲しい植物ですが、明るい玄関なら問題ありませんがもし暗くて日中でも電灯をつけるような状態だと生育が悪くなることがあります。

1週間~2週間に1度程度は数時間カーテン越しの光が当たるところで日光浴をさせて下さい。玄関の外に西日など強い光が入らなければ、暖かい日中は外での日光浴でもかまいません。

 

居心地良い空間が何より重要なリビング


風水でリビングは家庭運全般を司る場所です。整理整頓された状態で観葉植物の風水パワーもよりアップし、家の中は平穏になります。しかし、リビングには大抵テレビが置かれていますね。

身体に良くない電磁波や風水ではマイナスの『気』を発するこれらの電化製品は、マイナスの気を浄化させるパワーの強い観葉植物を置いて中和させてしまいましょう。代表は、日向から半日陰を好む観葉植物で蛍光灯だけのリビングでも問題なく育つサンスベリア。

空気清浄効果の高いエコプラントでリビングに最適です。また、玄関に置くと良い観葉植物はリビングでも通用します。変化をつけるためにはハンギングにしても良いアイビーやポトスなどもおすすめ

 

寝室はリラックス効果のある観葉植物を


寝室は1日の溜まった疲れを癒し、エネルギーを充電する場所。風水では、寝ている間に多くの気を吸収していると考えられています。そのた寝室に観葉植物を置き、悪い気を吸収してもらうことは効果的です。

リラックス効果のある丸い葉を持ったモンステラ、葉が下向きに生えることから風水で陰の植物とされ調和をもたらすベンジャミン、マイナスイオンの放出が多いオーガスタなど、数を絞って、窓があれば窓の近くや角に置くと良い気をもたらしてくます

寝室に観葉植物の風水のパワーを取り入れる際注意したいのは、日中の寝室は空気の流れがなくなる場所のため、風通しが悪くなるとカビが発生することがあるので、風通しの良い場所に鉢を時々出し、土を乾燥させるとカビ防止になります。布団のホコリなども葉に付きやすくなりパワーも半減するので時々ホコリを拭ってあげましょう

 

不浄の場所トイレには悪い気を抑え込む植物を


トイレは日当たりが悪く窓がない場合もあり、水を使う場所のため湿気がこもりがちで悪い気がたまりやすくなっています。気を落ち着かせたいなら丸い葉の観葉植物、悪い気を払うなら葉っぱの尖った観葉植物を置くのがおすすめです

日陰や薄暗い場所でよく育ち多湿を好むアジアンタム、耐陰性に優れているポトスは空間を明るくしてくれます。また小さめのアイビーやプミラ、シュガーバインなどを清潔感のある白い陶器などに入れてタンク上にちょっと飾るだけでも良いですね。スペースがあるのであれば凛として爽快感があるサンセベリアも、空気の清浄を兼ねて効果的。

 

仕事運・対人運を上げる観葉植物をオフィスに


オフィスにはパソコンやコピー機などの無機質な機械や、蛍光灯の人工的な光で仕事をしている人にテクノストレスが溜まりがち。観葉植物の風水パワーと浄化のパワーがより強い観葉植物があると癒しと共に仕事の効率も上がります。ユッカは青年の樹の別名の通り、次々新芽を出すその力強い姿から成長・発展のシンボル。

オフィスの開業や事務所の移転などのお祝にもぴったりです。ヤシ科の植物の中でも上へ上へと伸びる力の強いシュロチクも仕事運をアップさせます。空気浄化効果の高いサンセベリアやマッサン(幸福の樹)もオフィス空間に最適。またデスクの上に小さなミニ観葉を置くのもパソコンの電磁波を吸収してくれる効果が期待できます

 

いかがでしたでしょうか。観葉植物の風水パワーは葉の形状によって性質が異なると言われていて、尖った葉先を持つ植物は鋭い気を、丸い葉を持つ植物にはリラックス効果があるとされています。

観葉植物は確かに風水で運気を上げる役に立ちますが、あくまでも生き物です。置き場所や種類を選んで配置しても、肝心の植物自体に元気がなかったら逆効果。観葉植物で風水アップは望めなくなります。

茶色になった葉や枯れた箇所をそのままにしておいてはいけません。また、受け皿に水をためっぱなしにすることも、植物の根を腐らせるだけでなく汚れた水が身近にあることになります。

その様な状態では運気を落としますから、水やりをして鉢の下から受け皿に水がたまったら必ず捨てて、受け皿もいつもきれいに拭いておきましょう。観葉植物が元気であれば、空間に良い『気』を運んでくれます。冬場でも機嫌よくいられるように気を配ってあげて下さいね。

まとめ

観葉植物と風水で運気を上げる方法とは

・玄関には悪い『気』の侵入を防ぎ良い『気』を呼び込む尖った葉の植物を置く
・電化製品があり人が集うリビングはマイナスの『気』を中和させるエコプラント
・寝室はリラックス効果のある植物を置きカビやホコリに注意する
・スペースが狭く悪い気がこもりやすいトイレに多湿を好む植物を選ぶ
・テクノストレスの原因になりやすいオフィスには空気清浄効果のある植物を置く


連記事