すみれの花言葉を知って前向きに生きる5つのコツ

すみれの花言葉を知って前向きに生きる5つのコツ
野原や花壇に咲く可憐なすみれの花言葉は、とても慎ましやかで美しいと有名ですよね。すみれは、花の色によって少しずつ意味が異なります。紫のすみれの花言葉は「誠実」「謙虚」「ちいさな愛」、白いすみれの花言葉は「あどけない恋」「無邪気な恋」「純潔」、黄色いすみれの花言葉は「田園の幸福」「つつましい喜び」、ですがどの花言葉も可憐なすみれのただずまいをイメージします。

密かな恋に憧れている人、愛と信頼を育んでいる人、また、穏やかな心をとり戻したいと願っている人。そんなあなたに、すみれの花言葉はぴったりのイメージを与えてくれるはず。また、すみれの姿を思うことですみれの花言葉の美しいイメージがさらに高まり、現実に幸せと愛を引き寄せることができます。

あなたの心に、すみれの花言葉は優しくしみわたり、明るい未来への道をともに歩んでくれること間違いなし。そこで今回は、すみれの花言葉を知って前向きに生きる5つのコツをお伝えします。



 

すみれの花言葉を知って

前向きに生きる5つのコツ

 

1.誠実


誠実とは、他人や仕事に対して、まじめで心がこもっていることを指します。「あの人は誠実です」と、周りの人からそんな風に思われたいですよね。誠実な人は、行う物事に心をこめられる人。時には日陰になって誰かを助けることも多々あります。

そんな誠実な人の姿と、ひっそりと道端で咲くすみれの花の姿は、どこか似ている雰囲気があります。可憐に咲くすみれの姿は、目立たぬ場所からそっとあなたに、心優しく手を差し伸べてくれる人のよう。

すみれの花言葉があなたへ贈るメッセージは、「誠実であれ」です。何事も誠実さを忘れずに生きてください。そうすれば、あなたの姿もきっとすみれのように、一層愛される存在になります。

 

2.謙虚、謙遜


謙虚とは、控えめで素直なこと。謙遜は控えめな態度でふるまうこと。控えめで素直な人柄は、素晴らしい美徳として男女問わず憧れますよね。道端や草陰にひっそりと咲くすみれの姿は、そんな控えめなイメージそのままです。

小さく俯いて咲く花の形は、自分をアピールするように咲き誇る花とは異なり、とても謙虚な印象です。花の色、紫色を思い出してください。じつは紫色は、自然界の中ではなかなか手に入りにくく、非常にまれな色です。

ですから野の中でどんなに小さくても、すみれの紫色は一筋の光明のように、人目を引き魅了します。謙虚、謙遜の裏返しで「私は地味だから」、「私は目立ちたくない」など、時折そんな言葉を口にしそうな場面がありますよね。

そんな言葉がでそうになった時こそ、一旦言葉は心に留め、すみれの花言葉とその姿を思い出してください。控えめで慎ましいいでたち、しかしその素直な魅力で人を感動させずにおかないすみれ。

どんな人であっても、その存在を消すことはできません。そしてだからこそ、その姿や行いが、まるですみれの紫色のように、人の目に確かに留まります。どんなに控えめでも安心してください。あなたの行いは必ず見てくれる人がいます。紫のすみれの花言葉に込められた、あなたへの励ましのメッセージです。

 

3.あどけない恋、無邪気な恋


子供の頃に誰かを好きになった思い出。大人になってから思い出すと、淡くて甘酸っぱい気持ちになりますよね。無邪気さ、あどけなさとは、邪心がなく可愛らしいことを指します。その姿は赤ちゃんや子供に例えられます。

子供はとても素直で、好きなものは好き、嫌いなものは嫌いと、はっきりと意思表示しますよね。しかしだんだん大人になるにつれて、人は自分の印象を良く見せるために努力をし、嫌いな相手ともにこやかにお付き合いする場面も増えてきます。

職場で好きな人ができても、表立って「あなたが好き」などと言えるわけがありません。大人になればなるほど、あどけない昔が懐かしく思われるに違いありません。人は誰しも心の中に、インナーチャイルドと呼ばれる純真な面を持っています。そこはあなたの心の中で最も大切な場所です。

そこからの声はあなたの本心であり、その声を無視して物事を進めると、心がちくちくと痛みます。恋をする時、その恋の声はインナーチャイルドからの声です。そしてあなたの理性とぶつかって、恋の悩みが生まれます。それはとても愛おしい悩みであるはず。白いすみれのように小さなインナーチャイルドは、あなたの本当の願いを知っていて、そっと花開いてあなたに思いを伝えます。

あどけない恋は昔の思い出だけではなく、あなたの心に住まう、白いすみれのようなインナーチャイルドが育むものです。もし恋に悩んだら、心の中に白いすみれの姿を想像してください。白いすみれの花言葉は、インナーチャイルドの声として、あなたの心の奥底にいつまでも寄り添い続けます。

 

4.純潔


白いすみれの花言葉は、純潔。純潔とは、心に汚れがなく清らかなこと。邪念や欲がなく潔白で、無垢なこと。自分自身でそうあるには難しいですよね。なぜ難しいか、白い色を思うと良く分かると思います。白い色。私たちが目にする白は、実はほんの少し、色が加わっています。

本当に白いピュアホワイトという色は、自然界の中で光や雪の姿で突如現れますが、人の手では作り出せない色なのです。ですから、ピュアホワイトは神様の色として良く用いられますし、この白いすみれの花言葉である「純潔」は、白の宿命をとても忠実に表しています。

専門的なお話は割愛しますが、印刷のカラーモードにはRGBとCMYという記号があります。色料の三原色CMYは、シアン、マゼンタ、イエローの意味で、お家にプリンターを持っている方なら、これにK(黒)が加わったインクの色としてお馴染みですよね。

また光の三原色RGBは、パソコンやテレビモニターの色で、レッド、グリーン、ブルーです。CMYは全部の色を混ぜると黒になります。ところが、光であるRGBは全部の光線を重ねると、白になります。私たちは、様々な人や物事に関わって生きています。日々疲れますし、そんな純潔な人間ではいられません。しかしそう思えてしまう時、どうぞ白いすみれとRGBを思い出してください。

私たちは様々なものに影響を受けて暮らしていますが、それによって汚れて黒くなるのではなく、重なり合って白に、神様の色に近づいてゆくのです。白いすみれの花言葉は、それをあなたにメッセージとして伝えています。ぜひ、白いすみれの花言葉を受け止めて、毎日の疲労が汚れたものではなく、あなたの心が清らかなピュアホワイトに近づくための、心地良い疲れなのだと気づいてください。

 

5.田園の幸福


田園は郊外や地方のこと。田園には、都会の雑踏から離れたのびやかな空気があります。都会の中で私たちはどんな存在でありたいか、日々思考を巡らせていますよね。仕事ではスキルを積み、能力の高さを認めてもらうことが大切ですし、容姿ではファッションに気をかけ、常に洗練させていないと、だらしのない人、という印象を周囲に与えてしまいます。

都会では人と比べられることが多く、それゆえに自分のイメージを作り上げなくてはなりません。一方地方ではどうでしょうか。田畑を耕す人々、庭の手入れをする人々は、見た目の洗練よりも自分の作り上げたものの充実を想います。

自分の育てた野菜やハーブを食卓にのせられるのは、地方での暮らしの大きな魅力であり、そこに人との対比は、ほぼありません。黄色いすみれの田園の幸福は、人と比べられずに、ありのままのその人でいられる喜びを表しています。

すみれだからと言って、常に紫でいなくてはだめ、という価値観の押し付けはありません。黄色くても良いのです。田園にあるかのように、あなたはあなたのままでいてください。それは黄色いすみれの花言葉から、あなたへ贈る最後のメッセージです。

 

いかがでしたでしょうか。すみれの花言葉から、様々な思いが湧き起こりますよね。小さなすみれの花は、その姿ゆえにある一定のイメージが持たれやすい花です。しかし、色んな視点でその姿を見ることによって、深いひらめきや気づきがもたらされます。

すみれは世界中に広く分布し、その姿は多くの人が知っています。また、品種改良されたすみれは、パンジーとして今やポピュラーなお庭用の直物にもなっています。そんなすみれの花言葉に秘められた思いを、様々な国の人々が読みとり、どの国も「つつましく優しい」イメージと、すみれの花言葉を持っていることは、とても驚きますよね。

あなたもすみれの花を思い出して、明るく毎日を送ってください。すみれはいつも、あなたが踏みしめる大地のそばで、そっと咲いてあなたを見守っています。

まとめ

すみれの花言葉から見つかるものは

・誠実・・・・・・すみれのように誠実に。
・謙虚、謙遜・・・・・・でも、あなたの姿は、多くの人の目に留まります。
・あどけない恋、無邪気な恋・・・・・・心に住まう子供の声に耳を傾けて。
・純潔・・・・・・出会いや物事を重ねると、心が清らかなピュアホワイトに近づきます。
・田園の幸福・・・・・・あなたはあなたのままでいいのです。

待ち受ける運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人、お仕事や人間関係も、実は誕生日から運命の日を導き出すことによって分かるのです。

いま、メディアで話題の『運命の星』では、あなたの運命の人が誰なのか、そして、運命の日がいつなのか、期間限定で無料診断してくれます。あなたの今後の人生を左右する運命の日をズバリ教えてくれますよ。

幸運の行方が気になる人は是非やってみてください。