冬の花と暮らす☆手入れも簡単!鉢植えで育てる7つの花々

冬の花と暮らす☆手入れも簡単!鉢植えで育てる7つの花々
冬の花と言われても、冬場はガーデニングのイメージがあまりないため、ピントこない方々が多いですよね。けれども、パンジーやポインセチアなど、改めて考えると、いろんな冬の花があります。

「冬場は外でのガーデニングも、寒くてなかなかはかどらない…。でも、手軽に花を育てたい。」と言うのが正直なところではないでしょうか。

そんな方におススメなのが、室内で鉢植えで育てる冬の花!窓際で半日陰でうまく育てることで、鮮やかな花を咲かせるものもたくさんあるのです。

お手入れも意外と簡単で、室内で育てれる!そんな花々なら、寒い冬でも楽しく植物を育てることができますよね。お部屋も明るくなり一石二鳥!もっと欲を言えば、初めての方も難しくなく育てれる鉢植えなら安心です。

そこで今回は、鉢植えの冬の花々のなかで、室内で育ち手入れも簡単!初めてさんでも安心の、人気の7種類をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

冬の花でお家を彩る☆玄関に飾る、鉢植えおすすめの花々

冬の花でお家を彩る☆玄関に飾る、鉢植えおすすめの花々
冬の花は寂しげな季節を温かくしてくれる名選手。鮮やかな紅葉も終わり、木々が黄色や赤の葉を落とした冬の風景は、くすんだ色ばかりで寂しげで、こんな時期は家の中だけでも、冬の花で明るく彩りたくなりますよね。

例えば、毎日かならず目にする玄関に、そんな冬の花の鉢植えがあったら、寒い外への外出も心が軽くなり、帰宅した時にはかわいい花の姿にホッと癒されそう!

クリスマスやお正月と、お客様を迎えることも多くなるこの時期、玄関を飾る華やかな冬の花は、そうしたシーンを盛り上げるにもぴったりです。時期やイベントによって鉢植えを変えてみるのも、雰囲気が変わって楽しいですよね。

そこで今回は、室内栽培に適した冬の花の鉢植えを5種、花の特徴やお手入れのコツもいっしょにお伝えします。

[ →続きを読む… ]

鉢植えを長持ちさせたい☆枯らさない為の5つのテクニック

鉢植えを長持ちさせたい☆枯らさない為の5つのテクニック

鉢植えの花はどのように管理していますか。ベランダや庭でプランターを使って花を育てている人、母の日のカーネーションの鉢植えのようにプレゼントされるものあるでしょう。せっかく綺麗な花が咲いているのだから、できるだけ長い間楽しみたいものです。

また、上手に育てられれば次の年も花を咲かせてくれるのも鉢植えの嬉しいところです。ではどのように鉢植えを管理したら、長持ちさせたり次の年も花を咲かせたりすることができるのでしょうか。

同じ花でも切花と鉢植えの扱い方は違ってきます。特別なことや難しいことはしなくても、ちょっと手をかけるだけで鉢植えを長持ちさせることができます。大切な花を長い間楽しめるように、ぜひ試してみましょう。そこで今回は鉢植えを長持ちさせるための秘訣をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

お祝いに鉢植えギフトを!相手に合った品を選ぶコツ

お祝いに鉢植えギフトを!相手に合った品を選ぶコツ

誕生日や記念日に鉢植えを贈りましょう!花や植物はもらってうれしいプレゼントランキングで上位ランキングの定番で誰もが喜ぶプレゼントです。とはいえ、普段あまり花や植物に縁のない生活を送っているとなかなか鉢植えを選ぶのも一苦労!なぜなら一口に鉢植えといっても、花の鉢植えだけでなく、観葉植物や盆栽、 苔玉、光触媒のアレンジメントなど種類がたくさんあるのです。

この種類の多さが鉢植えを贈る時に非常に重要で、見た目や芳香性、手入れのしやすさや置く場所によってぴったり合ったものを贈るとプレゼントしたときだけでなく後からジワンと相手を喜ばせることができるのです。今回はお祝いに鉢植えギフトを!相手に合った品を選ぶコツについてまとめましたのでお伝えします。

[ →続きを読む… ]

鉢植えギフトを両親に☆花言葉を添えて贈りたい7つの植物

鉢植えギフトを両親に☆花言葉を添えて贈りたい7つの植物

「鉢植えギフト」と聞いて、具体的にどんな鉢植えをあなたは思い浮かべるでしょうか?イメージが浮かびにくいかもしれませんね。しかし、昨今では結婚の記念として、両親に感謝の気持ちをこめて贈ったり、両親の結婚記念日にお祝いの気持ちをこめて贈ったりと、新しいギフトの形としても浸透してきているのです。

鉢植えは、贈ったその後も日々花を咲かせたり、成長をしていく楽しみがあります。きちんと育てて行けば、ずっと記念として残るのもよい所。そして植物には、その植物特有の花言葉があります。

あなたの思いをこめた花言葉とともに鉢植えを贈れば、きっとご両親の心に深く残ることでしょう。ここでは7つの鉢植え向きの植物を、花言葉とともにご紹介します。あなたのギフトのヒントになれば幸いです。

[ →続きを読む… ]