トイレを癒し空間に変える観葉植物の選び方

トイレを癒し空間に変える観葉植物の選び方
トイレに観葉植物を置く事で、癒しの空間を作り、心を落ち着かせる事が出来たら、素敵ですよね。来客へのおもてなしとしても、トイレに観葉植物を置くだけで、「さり気ない所にも気を遣ってくれているな」と、好印象を与える事が出来そうです。

しかしながら、「トイレに観葉植物を置きたいけれど、どんな物を選べば良いの?」と、迷う事があるのではないでしょうか。実はトイレにピッタリの観葉植物選びには、暗い場所でも育つ事や、湿気のある空間でも丈夫である事など、いくつかのポイントがあります。

そこで今回は、トイレを癒しの空間に変える、観葉植物の選び方についてお伝えします。手間がかからない観葉植物が多いので、「忙しいけどトイレに観葉植物を置きたい!」という方も、ぜひご覧ください。

湿気に強い性質の観葉植物を選ぼう

トイレのような、水回りの場所は、湿気に強い性質の観葉植物を置くようにしましょう。また、万が一水がはねてしまっても、ダメージを受けにくい観葉植物であると、安心して置く事が出来ます。

「閉鎖的で、夏はムシムシするから、とても暑苦しい空間になって困っている…」という方でも、トイレに観葉植物を置けば、視覚的にも涼しげになり、癒しの空間を作る事が出来るでしょう。

例えば、小さな葉をたくさんつけるアジアンタムや、水を好む性質のセローム、フレッシュグリーンの色が美しいアスプレニウム、メジャーなアイビーなども、湿気に強い観葉植物として人気があります。それぞれの品種によってサイズや葉の形が異なりますので、トイレの広さや、インテリアの雰囲気に合わせて、楽しみながら選ぶ事をおススメします。

 

日陰でも育つ性質の観葉植物を選ぼう

トイレに観葉植物を置くなら、日陰でも育つ性質の物を選びましょう。窓が無いトイレに観葉植物を置く場合は、閉鎖的で暗い環境になりますので、この条件がとても大切なポイントとなります。

日陰に強い性質の観葉植物は、濃い緑色の分厚い葉をつけるザミフォーリアや、花を咲かせるホヤ・カルノサ、南国の雰囲気を醸し出すテーブルヤシなどが挙げられます。

少し空間に余裕があるのであれば、大きな葉が特徴的なモンステラを置くと、トイレがアジアンテイストの空間へと早変わりします。

逆に、トイレが狭くて、観葉植物を置くスペースが取れない場合は、ポトスを吊るして飾る事もおススメです。中でも、「ポトス・パーフェクトグリーン」という品種は、日陰に強い性質ですので、ほぼ日光に当たらない環境にトイレがあっても、長く育てる事が可能です。

植物は多くの場合、日光に当てる必要があり、光合成をしないと丈夫に育たない品種の物が多いイメージが強いかもしれませんが、このような耐陰性のある観葉植物であれば、仕事や家事で忙しい方でも、植物を移動する手間が省けて、嬉しいですよね。

 

寒さに強い観葉植物を選ぼう

トイレに観葉植物を置く際は、寒さに強い物を選ぶ事もポイントです。特に、冬場はトイレにひんやりと冷たい空気が流れてしまう事が多いのではないでしょうか。トイレに観葉植物を置くならば、気温が低くても丈夫に育つ特性の物を選ぶと、安心して育てる事が出来ます。

具体例を挙げるならば、0℃以上の環境であれば立派に育つデコラゴムや、フィカス・プミラ、温かい雰囲気を醸し出すガジュマル、力強い事から別名「青年の樹」と呼ばれているユッカ・エレファンティペスも、寒さに強い観葉植物です。

ただトイレで観葉植物を育てるだけでなく、視覚的にも暖かい印象をインテリアとして演出したいのであれば、モンステラやアスパラガス ・スプレンゲリーも、葉の形が可愛らしく、人気があります。

 

消臭・抗菌効果が強い、フェイクグリーンも試してみよう

「トイレの環境が、観葉植物を置くのに全く適していない…」という方や、「本当に水やりも温度管理をする余裕もないほど忙しい」という方は、いわゆるフェイクグリーンと呼ばれる、人工の観葉植物を置いてみてはいかがでしょうか。

こちらは、本物の観葉植物ではないものの、電気の光などで光触媒物質と化学反応を起こし、空気中の元素と反応する事によって、酸素や水素に分解してくれる優れものです。

手間が全く掛からない上に、消臭・抗菌効果がある為、トイレの気になる匂いを除去し、清潔な空間を保ってくれます。近年では見た目も本物に近い、リアルな物がたくさん出回っていますので、「まずはフェイクグリーンで疑似体験をして、時間に余裕が出来たら本物の観葉植物を置いてお世話してみようかな?」と試してみる事もおススメです。

 

今回は、トイレを癒しの空間に変える、観葉植物の選び方について、お伝えしました。窓が無いトイレは、日陰に強い性質の観葉植物を置く事がポイントです。また、夏は蒸し暑く、冬はひんやりと寒くなる、極端な環境になりやすい為、ご自宅のトイレの気温に合わせて、観葉植物を置いてみる事もおススメです。

基本的には、トイレにピッタリの観葉植物は手間がかからない物がほとんどで、水やりや移動も頻繁に行う必要はありません。本物の観葉植物以外にも、近年話題のフェイクグリーンは、特にデオドラント効果が強い為、お客様へのおもてなしとしても役に立ってくれるでしょう。

今回の記事を読み、「トイレに観葉植物を置いてみたいな」と感じたら、ぜひご自宅のトイレの環境に強い特性の観葉植物を調べ、それぞれの葉の形や雰囲気から、お好みの物を選んでみてください。


連記事