グレープシードオイルの効能が注目される5つの理由

グレープシードオイルの効能が注目される5つの理由
オイル美容という言葉も最近では浸透してきましたよね。オリーブオイル、アルガンオイル、ホホバオイルと美容に良いと話題になったオイルはいくつかありますが、グレープシードオイルの効能もそれらのオイルに負けず劣らず素晴らしいオイルなのです。

グレープシードオイルはその名の通り「ぶどうの種の油」です。英語にするだけでちょっとお洒落に聞こえますが、単純にブドウの種を圧搾してとれたオイルのことを指します。ブドウの種子に含まれている油はとても少量なので、十分な量のグレープシードオイルを搾ろうと思うとそれ相応の量のブドウが必要になります。

ですから、グレープシードオイルは大量のブドウを消費するワインの製造が盛んなイタリアやフランス、チリなどの国で多く作られます。ワインの製造工程の途中に不要となるブドウの種子をグレープシードオイルに作り変えるのですから、それらの国ではほとんど余すことなくブドウを消費しているわけです。

グレープシードオイルは食用としても使えますし、肌にも使える万能なオイルです。他にもグレープシードオイルには健康や美容に役立つ魅力がたくさんあります。そこで今回はグレープシードオイルの効能が注目される5つの理由についてお伝えします。



 

グレープシードオイルの効能が

注目される5つの理由

 

グレープシードオイルには美容にも健康にも役立つ成分が多く含まれている


ブドウと言えばワイン、ワインと言えばポリフェノール。グレープシードオイルにももちろんポリフェノールの成分は含まれています。グレープシードオイルに含まれるプロアントシアニジンはブドウ種子ポリフェノールと呼ばれるほど多く含まれており、とても強い抗酸化作用がある成分です。

ストレスや飲酒・喫煙の影響で体内に発生する活性酸素は単純な免疫力低下だけではなく生活習慣病老化進行更年期障害認知症といった重大な病気の原因のひとつ。これらを抑制したり改善してくれるのがプロアントシアニジンです。

また、ポリフェノールに限らずビタミンEや必須脂肪酸と呼ばれるリノール酸が多く含まれています。リノール酸は過剰摂取は禁物ですが、適量であれば血中コレステロール値を低下させる作用があるので動脈硬化や動脈硬化による心疾患を予防することができます。

肌の保湿作用や美白作用もあります。リノール酸は必須脂肪酸なので体内で作られることはない成分であり、健康な体を維持するために必要な成分であり、子供の体の成長に欠かせない成分です。

グレープシードオイルにはリノール酸だけでなくオレイン酸も含まれます。リノール酸と同じような作用を持ちますが、リノール酸は過剰摂取すると悪玉コレステロールだけでなく善玉コレステロールも減少させてしまいますが、オレイン酸は悪玉コレステロールのみを減少させる作用をもちます。

その他に胃酸の量を調整してくれる効果や胃腸の働きをよくする効果があり胃酸過多や胃潰瘍の予防便秘解消にも役立ちます。胃腸の働きが悪いと体調だけでなくお肌にも悪影響を及ぼします。

美肌づくりには腸内環境を整えることも大切です。これらの成分が持つ効果はそのままグレープシードオイルの効能に関わってきます。ここからはグレープシードオイルの効能がもつ魅力を美容面、健康面に分けて見ていきましょう。

 

使い勝手もよく、アンチエイジング効果の高い成分が含まれている


グレープシードオイルはアンチエイジング効果の高いグレープシードオイルに含まれるビタミンEはお肌のシミやくすみの改善に役立つほか、抗酸化物質のプロアントシアニジンと呼ばれるポリフェノールの一種である成分はビタミンEの50倍も強い抗酸化作用があるとされています。

プロアントシアニジンはコラーゲンの内部生成を促進してくれるため、肌のハリを良くしてくれる他、女性に嬉しい美白効果も見込めます。それはプロアントシアニジンがビタミンEより優れたシミやくすみの原因であるメラニン色素の生成を抑制してくれる力を持つからです。

グレープシードオイルの効能として素晴らしいのはどのような肌質でもよく浸透し潤いや透明感を与えてくれるところで、使用感もさらりとしていて普段使いしやすいオイルのため、化粧水前の導入液として使ったり、化粧前の下地にごく少量混ぜ込んで化粧ノリをよくするために使ったり、様々な使い方ができます。

全身に使えるグレープシードオイルはマッサージオイルとしても優秀で、伸びの良いオイルでマッサージすることで肌も柔らかくなりますし、グレープシードオイルの効能でもある血行促進の効果も得られます。血行促進の効果は肩こり解消にも有効です。

膝や肘などの乾燥しやすい部分に塗ることでかさつきやひび割れの軽減にもなります。肌なじみの良いオイルは塗りごこちがさらっとしてるのにしっかりと保湿力もあるのでハンドクリームのべたつきの苦手な人のネイルケアやハンドケアとして最適といえるオイルです。

毛周期を整えてくれるのもグレープシードオイルの効能です。入浴中のヘッドマッサージやお風呂上がりのヘアケアに使うと髪にハリやこしが生まれます。髪の若返りはそのまま見た目の若返りにも繋がります。

グレープシードオイルは食べ物から生まれたオイルなので肌に直接使うとしてもアレルギー反応が少ないのですが、初めて使うときには念のためパッチテストをしてから使用するようにしてくださいね。

 

日々の健康にも重大な病気の予防にも役立つ効果がある


グレープシードオイルは美容効果が高いオイルですが、健康面にも役立つ効能もたくさん持っています。病気の予防や老化防止の他、月経不順や生理痛の軽減や不妊症の予防、更年期障害といった女性の悩みにも効果的

血流改善の効果を持つため冷えや肩こり、筋肉の疲れ、眼精疲労の軽減にも有効です。その他には花粉症やアトピー性皮膚炎に効果的といった点もグレープシードオイルの効能で注目したいところ。

抗酸化作用によるがん予防、動脈硬化や心疾患、認知症や更年期障害などの避けたい病気の抑制になること、これがなにより魅力的で重要視したいグレープシードオイルの効能です。食用にできるグレープシードオイルは毎日の食生活の見直しに適していると言えます。

 

毎日の食事に使えるため美容や健康効果を実感しやすい


グレープシードオイルはブドウの種から生まれたコレステロールが0%の油オイルです。食用も可能で、オリーブオイルと同じように使うことができます。グレープシードオイルの効能には悪玉コレステロールの抑制や、血行をよくしたり血圧を下げるといった生活習慣病の予防に役立つものがあります。

消臭効果も見込めるグレープシードオイルは、腸内環境を整えてくれる効果と合わせて便の臭いを軽減させたり、体臭を抑制する効果もあります。これらの効果は食用にするにあたって期待したい効果です。

グレープシードオイルにはリノール酸という酸化しやすい成分が多く含まれるにも関わらず、グレープシードオイルには酸化防止剤が含まれていません。それは十分な量のビタミンEが酸化を防いでくれるからです。

健康を考えると気をつけておきたい酸化防止剤などの添加物が含まれていないグレープシードオイルは食用油としてもおすすめです。グレープシードオイルはオリーブオイルと違い特有の香りも味もないため、料理の邪魔をしない油です。

とてもサラッとした舌触りの油ですからサラダにかけるオイルとしても使えますし、サラサラとした油は油切れもよくべたつく食感もないため、たまにであれば揚げ物の油に使うのに最適な油です。もちろん無味無臭ですから素材の味も邪魔しません。

グレープシードオイルは油はねが少なく焦げにくいので揚げ物が苦手な方の救世主とも言える油でもあります。揚げ物が嫌だという理由の多くを占める調理後の後片付けもグレープシードオイルにすれば楽に済みます。

本来廃棄するブドウの種を利用して生まれた油のため比較的安価で手に入れることができるオイルです。近くのスーパーになくても輸入食品店に行けば必ず手に入るので見つけたらひとつ購入して毎日のお料理に有効活用してください。

 

効果的な使い方を心がければより効果を実感できる


グレープシードオイルは安価であり美容健康、食用外用問わず万能なオイルということがわかりました。魅力的な成分や効能がたくさん秘められていたグレープシードオイルですが、その効果を十分に引き出すためにも使い方を少し考えてみてください。

プロアントシアニジンはコラーゲンやイソフラボンとの相性が良い為、食事やサプリメントでサポートしてあげるとより良い効果が得られます。サプリメントでサポートする場合は、サプリメントの容量や使用期限などを必ず守りましょう。

グレープシードオイルに含まれるリノール酸は現代社会では摂りすぎとも言われている成分でもありますが、多くの家庭で普段使われていることの多いサラダ油にもリノール酸は含まれています。

ですから、摂取しないのではなく、調理法や食事のバランスで摂取量を調節すると良いですね。グレープシードオイルの効能である血流改善をより効果的に得るためには入浴後など体を温めたあとにマッサージするのが一番。

その際、無理な力を加えてマッサージするのではなく、肌や筋肉そのものを傷つけないよう優しい力でマッサージするように行うと血流を良くするだけではなくしっとりした肌に仕上がります。スキンケアも同様にお風呂上がりすぐの柔らかい肌が吸収しやすいので、できれば体が冷めないうちに済ませてください。

 

いかがでしたでしょうか。食用にも外用にも使えるグレープシードオイルですが、健康のためにはきちんと使い分けをすることが大切です。マッサージやスキンケアにはマッサージ用やスキンケア用とされている外用のものを、料理に使うものは必ず食用のグレープシードオイルを使ってください。

美容も健康も毎日の積み重ねでつくられるものです。グレープシードオイルはオリーブオイルとほとんど同じ値段で手に入りますから、毎日のスキンケアや食生活に組み込みやすいと言えます。

安価で体に良いものはたくさん使用したいところではありますが、いくら美容と健康に効果的とはいえ1日で成り立つものではありませんし、大量に摂取したところでグレープシードオイルの効能が増すわけではないので、健康を害する原因にもなる無茶な使用、多量摂取は禁物です。

美容効果にしても健康面での効果にしても、続けることが大事。数日で効果が実感できなかったからと諦めず、より効果を得られる使い方を意識しながら毎日続けてグレープシードオイルの効能を実感してみてくださいね。

まとめ

グレープシードオイルの効能で注目したいポイントは

・重大な病気の予防・日々の健康づくりに役立つ強い抗酸化作用
・体やお肌の健康を保つためには欠かせない整腸作用と便秘解消効果
・プロアントシアニジンやビタミンEがもつ抜群のアンチエイジング効果
・眼精疲労・肩こりなどの習慣的な悩みの改善に役立つ血流改善効果
・女性の不調や婦人病の改善もできる血行促進効果