4月が見頃の花 オススメの名所 【関西編】

4月が見頃の花 オススメの名所 【関西編】
4月は入学や就職など、新しい生活サイクルがスタートする時期ですよね。外に出ると、4月の花が可憐に咲き誇る姿を見て、ウキウキとした気持ちになれますし、「出会いの季節」を明るく彩る光景に元気を貰えたら、新しい環境でも頑張れそうな気がします。

日本の春を象徴する桜は、4月の花の中でも見られる時期が特に限られていますので、絶対に外せない!という方もいるでしょう。春には他にも、チューリップやポピーといった、カラフルな花が咲き誇ります。

そこで今回は、4月が見頃の花と、その名所についてお伝えします。それぞれの花の魅力や、その名所で行われるイベントについてもお伝えしますので、ぜひ観光やドライブコースに追加して、4月が見頃の花を楽しんでみましょう!

 

4月が見頃の花 オススメの名所 【関西編】

 

秀吉がお花見をしたという醍醐寺に行き、幻想的な桜を見よう

4月の花と言えば、やはり桜!毎年開花が待ち遠しく、思わずウキウキしてしまいますよね。「日本人なら絶対に見頃を逃せない!」と思ってしまう、春の花の代表格でもあります。

関西には桜の名所が多くありますが、中でも京都の「醍醐寺」の桜は特に綺麗で、テレビや旅行のパンフレット、ポスターでも頻繁に取り上げられています。

豊臣秀吉が「醍醐の花見」をしたと言われているこのお寺には、樹齢100年を越えるソメイヨシノをはじめ、シダレザクラやカワヅザクラ、ヤマザクラ、ヤエザクラなど、多種多様な桜の木が約1000本生えています。

桜のトンネルを通りながら見上げて楽しんでも良いですし、夜にはライトアップが行われる為、夜桜を観賞する事も出来ます。毎年4月の第2日曜日には、秀吉が行ったという盛大な宴を模した「豊太閤花見行列」が開催されています。

このイベントでは舞楽や狂言を見る事ができ、秀吉の時代にタイムスリップしたかのような、ワクワクする気持ちになれます。4月に醍醐寺に訪れた際はぜひ、煌びやかに行われるお祭りの雰囲気も楽しんでみてください。

 

兵庫県立フラワーセンターでは約500種ものチューリップを楽しめる

桜と並んで、4月の花の代表格とも言えるチューリップ。品種改良によって、そのカラーバリエーションや形の数が年々増えていますので、「こんな色もあるんだ~!」と驚く事も多いのではないでしょうか。

関西でチューリップを見るなら、兵庫県加西市にある「兵庫県立フラワーセンター」がおススメです。一年を通して約4500種もの花が咲くこのフラワーセンターには、約500品種のチューリップが咲き誇ります。その数はなんと22万本!

あまりに大きすぎて驚いてしまうような数ですよね。園のシンボルにもなっている風車をバックに見るチューリップは、まるで外国に来たかのようなメルヘンチックな気分にさせてくれるでしょう。

兵庫県立フラワーセンターでは、同じ時期に見頃を迎えるハクモクレンやマンサク、ヤマザクラといった植物も美しく花を咲かせます。

フラワーセンターの公式FacebookやTwitterでは、開花情報も伝えていますので、「行ってみたい」と感じた方はぜひアクセスして、見どころを詳しくチェックしてみてください。

 

大阪の万博記念公園では約38万本ものポピーがカラフルに咲く

ポピーも4月に見頃を迎える花です。風に揺れる可愛らしい姿がカラフルで、明るい気分にさせてくれますよね。

大阪府吹田市にある「万博記念公園」は、1970年に開催された大阪万博の跡地で、岡本太郎氏の太陽の塔が有名ですよね。園内では色とりどりの花を見る事ができ、ポピーの名所でもあります。

敷地内にある、自然文化園花の丘では、約38万本ものアイスランドポピーが咲き誇ります。黄色やオレンジ、赤に染まる丘はとても美しく、4月上旬から4月下旬頃まで楽しむ事が出来ます。

万国博覧会の当時の様子を知れる記念館や日本庭園、天然温泉なども利用できますので、観光客の方にも、とてもおススメです。1日中楽しめるスポットですので、ぜひゆっくりと時間をかけて園内を散策してみてください。

 

いかがでしたでしょうか、今回は4月が見頃の花と、その名所についてお伝えしました。やはり4月の花として最初に思いつく花は、「日本人なら絶対に見頃のタイミングを逃せない!」と多くの人が思うであろう桜ですね。

家族や友人と食べ歩きをしたり、宴会やサークルの集まりなどでお花見をする事で盛り上がり、仲間と一緒に春の訪れを喜べる花です。特に今回お伝えした、京都の醍醐寺では、豪華絢爛な雰囲気に包まれ、贅沢なお花見が出来る事でしょう。

また、チューリップは、カラーバリエーションが多く、4月の街を可愛らしく彩る花です。品種改良によって多種多様な形をしたチューリップが増えており、ズラリと並んだカラフルな花壇は、いつまで見ていても飽きさせない魅力があります。

4月の花として、大阪の万博記念公園に咲き誇るポピーについても取り上げました。春には明るい配色の花を頻繁に目にする事が出来ますので、見ているだけでウキウキした気分にさせてくれるでしょう。

暖かい陽気の日にはぜひ、今回お伝えした花の名所にも足を運び、お花を見て元気をもらいましょう!

【まとめ】

4月が見頃の花とその名所について

・秀吉がお花見をしたという醍醐寺に行き、幻想的な桜を見よう
・兵庫県立フラワーセンターでは約500種ものチューリップを楽しめる
・大阪の万博記念公園では約38万本ものポピーがカラフルに咲く


連記事