【ミモザアカシアの育て方】来年も咲かせる為の7つのコツ

【ミモザアカシアの育て方】来年も咲かせる為の7つのコツ
日本でミモザアカシアというと、房アカシアと銀葉アカシアを指すことが多いですよね。ミモザというのは「オジギソウ」の意味で、明治に日本に来た「ニセアカシア(ハゲシバリ)」を通称でアカシアと呼んでいたために、房アカシア・銀葉アカシアが「ミモザアカシア」と呼ばれるようになりました。

イギリスでフランスから輸入されるフサアカシアの花をミモザと呼んだことから、現在ではフサカアカシアや銀葉アカシアのことをミモザアカシアやミモザと言います。オーストラリア原産の木で、早春に黄色い花を咲かせます。関東以南では露地植えができるので、昔は街路樹に植えられていました。葉っぱが銀色に輝き、黄色の花とのコントラストが目を引きますよね。

そこで今回はミモザアカシア(銀葉アカシア)を来年もきれいに咲かせるコツを7つのステップで分けてお伝えします。ではご覧ください。

[ 続きを読む… ]

ミモザの花言葉を使って気の利いたメッセージを贈る7つの方法

 ミモザの花言葉を使って気の利いたメッセージを贈る7つの方法
ミモザ(ミモザアカシア)はオーストラリアの国花・原産で、葉がシルバーがかったグリーンであることから、銀葉アカシア、花が房のように咲くので房アカシアとも言います。

オーストラリアが原産で、寒さにはちょっ弱いのですが、まだ暖かい秋に花芽をつけ、3月、4月になると春になると黄色い小さな綿毛のような花を咲かせ、春の喜びを知らせてくれます。花は少しの間、ドライフラワーにしても楽しめます。時間が経つと色が茶色っぽくなるのですが、リースなどにしてしばらくお部屋に飾ってみても素敵ですよね。

「ミモザサラダ」は、サラダに卵の黄身散らして花に見立てたもの。イタリアでは、3月8日の「女性の日」に、女性にミモザの花を贈る習慣があるそうですよ。

花言葉は「友情」「真実の愛」「秘やかな愛」「豊かな感受性」「堅実」「エレガンス」「神秘」など。この花言葉をキーワードに、大切な人、お世話になっている人へ、お花と共に想いを込めたメッセージを贈る方法をご紹介します。

[ 続きを読む… ]

ミモザの花言葉とピッタリな贈り物の選び方7例

ミモザの花言葉とピッタリな贈り物の選び方7例
ミモザの花は主にギンヨウアカシアのことをさします。春に咲く黄色い小花がとってもかわいらしいですよね。料理のミモザサラダは卵の黄身をミモザの花にたとえています。

イタリアでは3月8日の「国際女性デー」を「ミモザの日」と呼び、男の人から女の人へプレゼントを贈る習慣があり、それは恋人に限らず友人や同僚、母親などすべての女性が対象となっています。日ごろの感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈ってみませんか。

そこで今日はミモザの花言葉とピッタリな贈り物の選び方を紹介します。ではご覧ください。

[ 続きを読む… ]