ウエディングブーケどうしてる?海外挙式でのポイントとは

ウエディングブーケどうしてる?海外挙式でのポイントとは

花嫁のウエディングドレス姿を一層引き立ててくれるウエディングブーケ。ウエディングブーケの始まりは、男性が女性に花束を渡してプロポーズを行い、女性は結婚を受諾する返事としてその花束から1輪抜いて男性の服に挿した動作が、後に結婚式で使用するブーケとブートニア(ブートニエール)として定着した、と言われています。

そんな背景のあるウエディングブーケ。今となっては、結婚式の重要なアイテムの1つとなりました。しかし実際選ぶとなったら、色、デザイン、種類…いったい何を基準に選べばいいの?と感じている方も多いようです。

そこで今回はウエディングブーケの選ぶコツと海外挙式でのポイントをまとめてみました。式場でブーケを投げ、キャッチした人が次に結婚すると言われるブーケトスも、海外で多い素敵な演出ですね。持ち帰る人の様子も思い浮かべながら、素敵なデザインを選んでください。



 

ウエディングブーケどうしてる?
海外挙式でのポイントとは

 

ウエディングブーケの種類と相性のよいドレス


ウエディングブーケには種類がいくつかあります。代表的なブーケの名称と相性のよいドレスをまとめてみました。

・キャスケード

キャスケードとは「滝」の意味。滝の流れのような逆三角形のフォルムのブーケです。華麗な美しさなのが特徴です。上半身は身体に沿ったデザインなので背が高く、上品さや、華やかさを求める方にピッタリです。

<相性のよいドレス>プリンセスラインのドレス、Aラインのドレス

・ラウンドブーケ

一番人気のブーケです。丸いラインの半円のドーム型で、もっともオーソドックスでシンプルなブーケです。花の種類や大きさにより、可愛らしくまたはエレガントにもゴージャスにも、様々な雰囲気に見せることができます。

<相性のよいドレス>プリンセスラインのドレス、Aラインのドレス、エンパイアラインのドレス、和装

・クレッセントブーケ

クレッセントとは「三日月」を表します。花のラインがきれいに月の形のように滑らかな弧を描きます。個性的にスタイリッシュに決めたいと思っている方にピッタリです。

<相性のよいドレス>Aラインのドレス、スレンダーラインのドレス

・クラッチブーケ

クラッチとは「つかむ」という意味で、花をそのままきゅっと束ねたブーケのことです。ナチュラルさや可愛さを演出されたい方におすすめです。小柄な方にもよく似合います。

<相性のよいドレス>Aラインのドレス、エンパイアラインのドレス、スレンダーラインのドレス、マーメイドラインのドレス

・アームブーケ

腕に抱えて持つことから「アーム(腕)ブーケ」と呼ばれています。ナチュラル、スタイリッシュな印象を演出したい方におすすめです。

<相性のよいドレス>スレンダーラインのドレス、マーメイドラインのドレス

・メリアブーケ

花びらを一枚一枚丁寧に張り合わせて八重咲き風に束ねたブーケです。大輪の花は上品さと華やかさを演出します。

<相性のよいドレス>マーメイドラインのドレス、和装

・ボールブーケ

ボールにしたブーケにひもを着けたタイプ。どこから見ても花が綺麗に見えて両手が使えるのが特徴です。2次会やカジュアルウエディングにぴったりです。

<相性のよいドレス>和装、カジュアルドレス

こんなに種類があるなんてびっくりされたと思います。選ぶのも大変だと思いますが、その選ぶ時間もきっと思い出に残ることだと思います。季節の花を取り入れたりして世界に一つしかないウエディングブーケに出会えると良いですね。

 

ウエディングブーケと色について


ブーケの色も大事なポイントです。色の役割も頭に入れて自分の好きな色や自分との相性の良い色を取り入れると良いでしょう。もちろん、ドレスとの相性も大切。ドレスと同系色を選んだり、反対色でワンポイントとして遊んでみるのも良いかもしれません。

・白色のブーケ

純白で清潔な色。結婚式にふさわしい定番の色です。どんなドレスとも相性がよいでしょう。

・ピンク色のブーケ

かわいらしく甘いイメージのピンク色。女性らしいイメージです。ピンク色のブーケは、結婚式を彩るアイテムとしてはピッタリです。

・青色のブーケ

青色は清潔感があり、知的な印象を与えてくれます。また、「サムシングブルー」という言葉がある通り、幸福の象徴としても使われてきました。清純さと幸福感を演出してくれます。

・オレンジ色のブーケ

明るくて元気なイメージのオレンジ色。オレンジは和みを演出する色でもあります。
日本人の肌色にもよくなじむので明るい感じを出したい人にはオススメです。

・赤のブーケ

ひときわ目立つ赤色。めでたい結婚式にはぴったりの色です。二人の結婚式を、力強く、希望に満ちたものに演出してくれます。

・紫色のブーケ

高貴さをイメージする紫色。色の持つ神秘と優雅さは昔から人を惹き付けてきました。気品さと女性らしさで花嫁を演出します。タイトなドレスラインとの相性がよいでしょう。

ウエディングブーケに使用する花には、薔薇、カサブランカ、カラー、ガーベラ、トルコキキョウなどが定番となっています。もちろん生花であれば季節のお花を取り入れることも可能です。ブーケのイメージにあった花をセレクトするとよいでしょう。

 

ウエディングブーケの素材選び


ウエディングブーケには生花が一般的ですが、最近ではブリザートフラワーやアートフラワーという種類も使われるようになりました。それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

・生花

<メリット>みずみずしい、香りがよい、種類が豊富、旬の花が利用できる
<デメリット>日持ちしない、痛みやすい

・ブリザートフラワー

ブリザートフラワーは花そのものを美しい姿で保存できるように、人体に無害な薬品で加工した花のことです。一度脱色してから着色料を吸わせて作るのが特徴です。

<メリット>生花に近い質感が楽しめる、自然界にない色を楽しめる、長期保存できる。
<デメリット>色落ちしやすい、取り扱いに注意、花の種類が少ない、花束やクラッチブーケには向いていない、生花に比べて高価

・アートフラワー

アートフラワーとは布やプラスチックでできた人工的な花のことです。最近ではクオリティが高い商品が沢山あります。

<メリット>丈夫で長持ちする、種類が豊富、デザインの自由度が高い
<デメリット>生花ほどみずみずしさがない

一番のおすすめはやっぱり生花でしょう。生花にしかない暖かみがあり、結婚式という特別な日にふさわしい演出をしてくれるでしょう。しかし、せっかくの記念に使用した花を長持ちさせたり、ドレスを汚したくない等の理由がある場合はブリザードフラワーやアートフラワーを選択するのもありと思います。

 

海外挙式でウエディングブーケの持ち込みのポイント


海外挙式をあげる方は、ウエディングブーケの機内の持ち込みのことも頭にいれなければなりません。まず、生花だと検問にひっかるので生花の機内持ち込みはNGです。なので、生花をウエディングブーケに使いたいのであれば、現地調達という手段しかありません。

またブリザートフラワーやアートフラワーの場合は手荷物としての持ち込みは可能ですが、大きな荷物になるために航空会社へ事前に問い合わせたほうがよさそうです。機内に持ちこぶ場合には、専用のケースに入れて手持ち部分が動かないようにしっかり固定することが大切です。

 

いかがでしたか。一生に一度しかない花嫁姿。素敵な思い出に残るウエディングブーケに出会えるとよいですね。

ウエディングブーケはオーダーメイドするのが一般的ですが、最近では個人レッスンを受けて手作りする方や親戚やお友達に頼んで作るという方もいるそうです。なんだかこういうのも特別な想いがそれぞれ合って良いですね。

また、せっかく使用したウエディングブーケを保存する方法に、使った後にドライにしたり押し花にしたりする方法もあるそうです。形を変えて一生残るなんて素敵ですね。

初めてづくしで悩む事も多いウエディングブーケ。一番はプロに相談するのが良いと思います。今回お伝えした知識をふまえて、ぜひ一度問い合わせてみるのがよいでしょう。

 

まとめ

ウエディングブーケどうしてる?海外挙式でのポイントとは

・ウエディングブーケの種類と相性のよいドレス
・ウエディングブーケと色について
・ウエディングブーケの素材選び
・海外挙式でウエディングブーケの持ち込みのポイント

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃういます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!