カーネーションの贈り方☆もらって嬉しいアイデア集

カーネーションの贈り方☆もらって嬉しいアイデア集
カーネーションと言えば、母の日ですよね。毎年5月の第二日曜日は母の日。いつの時代も、ギフトNO.1はやっぱりカーネーションではないでしょうか。感謝の気持ちを込めて、毎年花束を贈っている方も多い母の日のカーネーション!

お花屋さんにも、さまざまな工夫のあるアレンジメントが並び選ぶのも楽しいもの。もらったお母さんも、特別感のあるアイデアの詰まった贈り物は、よりワクワクして嬉しいはず。

でも毎年贈っているとちょっとマンネリ化して、「今年もカーネーションでいいのかな?」なんて、ギリギリまで悩んだりする方も多いのです。

お母さんは「気持ちだけで充分!」と言ってくれたりしますが、せっかくなら、あげる方も楽しめるものを贈りたいですよね。そこで今回は、そんなみんながワクワクする、もらって嬉しいカーネーションを使ったアイデアをお伝えします。

 

カーネーションの贈り方☆
もらって嬉しいアイデア集

 

本数で感謝の気持ちを贈る、ダズンフラワー

カーネーションは、ひらひらしたレースのような花びらで、1本でも華やかなお花。毎年何本贈るか迷いがち!そんな時、「ダズンフラワー」という文化を知っておくと便利。ヨーロッパから古く伝わる文化で、1ダース12本の花を贈るというもの。

【 カーネーションの贈り方☆ダズンフラワー 】

★ お花1本1本に意味がある、と言う素敵な贈り物!

・ その意味は感謝、誠実、幸福、信頼、希望、愛情、情熱、真実、尊敬、栄光、努力、永遠。…どれもポジティブな意味で、贈り物にぴったり。

12本もカーネーションがあったら、とってもボリュームのある花束になって、見た目も豪華なのもポイントです。

 

グラデーションで華やかさUP!

お花屋さんに行って、お店の人とお話しながら選ぶのは楽しい買い物!1色だけのアレンジメントも可愛いですが、ちょっとセンスよくしたい方は、様々な色を使ったグラデーションがおすすめ。

【 カーネーションの贈り方☆グラデーション 】

★ 沢山の種類の色を使うと、ごちゃごちゃした印象になりがちですが、濃いピンクから薄いピンクなど似たようなカラーでまとめると、グッとおしゃれ♪

・ カーネーションとお好みの包装用紙、リボンを準備すれば、自分で花束を作れちゃうのも魅力!ぜひ試してみてください。

 

カーネーションのカップケーキアレンジ

ロマンチックで、可愛いもの好きなお母さんにオススメ、ひらひらした花びらをクリームに見立てた、カップケーキ風のアレンジメントは、作り方も簡単!

【 カーネーションの贈り方☆カップケーキ 】

★ 器の底に合わせて、花の吸水性スポンジ、オアシスもカット。カーネションの茎も短めにカット!あとはぎゅぎゅっと、たくさんお花を入れれば完成です。

・ 形はなるべく丸くなるようにすると、可愛さUP!器は底が丸くて高さがあまりないものを選ぶと、カップケーキらしくておすすめです。

生花じゃなくてブリザードフラワーで作れば、長く楽しめるメリットもあるので、お母さんの好みに合わせて選ぶと良いかもしれません。

 

シャビーな雰囲気、ドライフラワー

最近、「おしゃれなお家作り」を楽しんでいる方に人気なのが、ドライフラワー。アンティーク調なものが好きなお母さんには、あえて一手間かけて、ドライフラワーにして贈ってみてはどうでしょうか。

【 カーネーションの贈り方☆ドライフラワー 】

★ 1番簡単な作り方は、生花をそのまま逆さにして自然乾燥。なるべく風通りがいい場所で日陰干しし、2~3週間かけて、ドライフラワーに。渋い色合いとふわふわの花びらが、ぎゅっと集まって味わいが出るはず。

・ 茎も残せるのでブーケもOK!色を綺麗に残したいなら、ドライフラワー用のシリカルゲルを使った制作方法がおすすめです。

カーネーションは花の部分だけカット。タッパーなどの密閉容器にシリカルゲルを入れ、お花をおき、またその上からシリカルゲルかけるだけ。1週間ほどそのままにし、花びらが落ちないように注意しながら、シリカルゲルを落とせば完成!

 

食べられるカーネーション

母の日でご飯を作ってあげる方もいますが、そんな時に一工夫!食べられるお花、エディブルフラワーで、華やかなお料理を作ってみてはいかがでしょうか。

エディブルフラワーとしてパンジー、ビオラ、バラなどがよく見かけますが、実はカーネーションも食用品種があるのです。

【 カーネーションの贈り方☆食べるカーネーション 】

★ サラダに一緒にしたり、ゼリーやケーキに入れるだけ!実はエディブルフラワーは見た目の華やかさだけでなく、栄養面でも注目されています。

・ 他の食材では取りにくい、ミネラルやビタミンなどを多く含んでいるため、健康面でも母親想い。

カーネーションは食物繊維が豊富に含まれるほか、心臓の働きを助けてくれたり、疲労回復にも効果的がある花。ぜひ母の日ご飯に使ってみてください。

 

話が弾むカーネーションティー

花束じゃなくて、ちょっと変わった贈り物をしたい方や、新しい物好きなお母さんにおすすめなのが、ティーポットの中で花開く工芸茶

【 カーネーションの贈り方☆ティー 】

★ ポットの中で華やかにカーネーションが咲くのが美しい!お湯を注ぐ前はコロっとした俵型の形状で、まさかこれが綺麗なお花になるなんて想像できません。

・ 一緒にティータイムを楽しみながら、サプライズでカーネーションを贈る事ができます。

ポットはガラスでできた、プックリした丸みのあるタイプがおすすめ。合わせてギフトで贈ってもおしゃれです。工芸茶はお店以外でも、ネットショップなどで手に入るので、ぜひ探してみてください。

 

いかがでしたでしょうか、カーネーション1つで、こんなにたくさんアイデアがあるのです。生花のアレンジメントは自分でできなくても、お店の人に相談してみてください。

カーネーションの花言葉は「女性の愛」「純粋な愛情」。さらに色によっても花言葉があるので、ぜひ活用したいところ。母の日に贈り物に代表される赤いカーネーションは、「母の愛」「愛を感じる」など母の日にぴったり。

他にもピンクは「感謝」、紫は「誇り」、珍しい青は「永遠の幸福」、もらって嬉しい花言葉がたくさん!最近見かけるレインボーカラーは、ピンクが入っているからか「感謝」という花言葉があります。

贈り物はちょっとした心遣いが嬉しいもの。わくわくするアイデアで、いつもお世話になっているお母さんを楽しませてあげちゃいましょう!

まとめ

カーネーションを贈るサプライズアイデア

・12本で感謝を伝える、ダズンフラワー
・おしゃれなグラデーションの花束
・カップケーキアレンジで可愛いアレンジ
・アンティーク好きならドライフラワー
・エディブルフラワーで華やかな料理
・綺麗なカーネーションの工芸茶


連記事