献花台へ供える花を持参する際に知っておくべき7つの事

献花台へ供える花を持参する際に知っておくべき7つの事

献花は死者を悼み、弔うための大切なものです。最近では無宗教の葬儀も増えていることなどから、葬儀の中で献花が行われることも増えてきました。

とはいっても、必ず葬儀の中で献花を行わなければならない、という決まりもありませんので、意外と献花のルールやマナーを知らない方も多いのではないでしょうか。

冠婚葬祭というフォーマルな場面では、守るべきマナーや、行ってはならないタブーが数多く存在します。特に葬儀というデリケートな場面ではマナーは絶対に守らなければなりません。

悪気があったわけではないのに、知らずに行ってしまったマナー違反が遺族や参列者の方を傷つけてしまっては悲しいですよね。訃報は突然訪れるものです。

いざという時のために、大人としてスマートな対応が出来るよう、今回は献花台へ供える花を持参する際に知っておくべき7つの事をお伝えします。



 

献花台へ供える花を持参する際に
知っておくべき7つの事

 

献花とは


献花とは、参列者が祭壇に捧げる花のことをいいます。仏式で行われることもありますし、キリスト教の葬儀の場合には、告別式の際に献花が行われるのが一般的なスタイルです。仏式の焼香に代わるものとしてよく行われています。

また、宗教色を出さない式などでも行われることがあります。著名人の葬式後の「お別れ会」や、大きな事故の慰霊祭などがその例です。大勢の方の供養を一度に行う場合にはそれぞれの宗教を考慮することが難しいので、宗教色を取り払って行われるようです。

 

仏式の葬儀で用いられる花の種類


仏式の葬儀の場合、菊やカーネーションが一般的ですが、献花台へ供える花の種類に厳密な決まりはありません。故人が好んだ花を用いる場合も多いようです。ただ、「供える」という動作を考え、茎がしっかりした花を選んだ方がより適しているでしょう。

 

キリスト教の葬儀で用いられる花の種類


キリスト教の場合、献花には白い花を用い、仏式と同様に菊やカーネーションが一般的に広く用いられています。トゲがあるということから、故人がバラに特別な思い入れがあるという場合を除き、バラが献花として用いられることはありません。

そして、キリスト教の場合、献花に用いられる花は絶対に生花です。基本的に造花はタブーだとされています。

 

キリスト教の葬儀で必ず献花が行われる理由


近年では仏式の葬儀の中で献花が行われる場合も増えてきました。仏式の葬儀における献花とは、「焼香」ど同じような意味合いをもち、花は故人に対して捧げられています。

一方キリスト教の場合、「捧げもの」は神に対してのみ行われるべきであるという考えがあるので、献花の花は故人に捧げるためというよりも、故人を飾るためであったり、参列者の悲しみを表現するためとして捉えられています。宗派による献花の違いをきちんと理解しておきましょう。

 

献花の順番


葬儀の中で献花が行われる場合は、司会者の指示に従って行いましょう。献花を行う順番としては、まず喪主、次に遺族、最後に一般の参列者が順番に行うという流れになります。

 

献花の作法


あなたの献花の順番が回ってきたら、まず右手に花が、左手に茎がくるように両手で受け取ります。献花台の前に進み、一礼したのち、花を時計回りに回し、両手で献花台に置きます。花の根元が祭壇に向かうように置きましょう。

最後に一礼し、黙祷します。合掌は仏式の作法なので、行わないようにしましょう。またカトリックのキリスト教信者は十字を切ってお祈りをしますが、信者でなければ一礼のみで大丈夫です。その後、遺族に一礼をし、自分の席に戻ります。

慌てずスムーズに行うためにも、事前に一度練習しておくと良いですね。

 

献花の花の持ち込みについて


基本的に献花の花は式場で用意されているので、花の持ち込みは行いません。故人や遺族の気持ちを尊重するためにも、用意された花で献花を行う方が良いでしょう。ただし、有名人の献花式などで、花を持参するように事前に通達があった場合は、その指示に従ってくださいね。

 

いかがでしたでしょうか。今回は献花についてお伝えしました。葬儀はとてもデリケートな場面ですのでマナー違反は絶対に避けたいものですよね。とはいっても、葬儀という悲しみの場面ではつい気が動転してしまうものです。

良かれと思った行動が遺族や参列者に不愉快な思いをさせてしまっては取り返しがつきません。葬儀の流れや、献花の決まり、意味やマナーは宗派によって違いますので、今回お伝えした7つの事をしっかり押さえてくださいね。

この記事が少しでもあなたのお役に立つことを願っています。

 

まとめ

献花台へ供える花を持参する際に知っておくべき7つの事

・献花とは
・仏式の葬儀で用いられる花の種類
・キリスト教の葬儀で用いられる花の種類
・キリスト教の葬儀で必ず献花が行われる理由
・献花の順番
・献花の作法
・献花の花の持ち込みについて

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃういます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!