ゴーヤの育て方に必要な5つのポイントとは

ゴーヤの育て方に必要な5つのポイントとは
夏の定番のゴーヤは沖縄をイメージしますが、温かい季節であればどの地域でも育てることができます。ビタミンCを多く含み、夏バテ予防にも役立つゴーヤの育て方をマスターできたら良いですよね。

ゴーヤの育て方では苗の選び方や植えつける場所と下準備、その後の水やりと収穫のポイントをおさえることが大切です。コツをおさえて上手に育てることができれば、ひと夏の間にたくさんのゴーヤを収穫できます。

また、つる性でぐんぐん伸びるゴーヤの特長をいかして、エコで有名なグリーンカーテンや緑のトンネルとしても楽しむことができ、夏の強い日差しを遮ってくれます。夏の暑い時期にゴーヤをたくさん収穫するコツを覚えて、ぜひ生活に取り入れていただきたいです。そこで今回はゴーヤの育て方に必要な5つのポイントについてお伝えします



 

ゴーヤの育て方に必要な

5つのポイントとは

 

ゴーヤとは


和名では「ツルレイシ」と言い「ニガウリ」「ゴーヤー」、九州地方では「ニガゴリ」とも呼ばれます。原産は熱帯アジアで、つる性の一年生草本です。日当たりが良い場所を選び、水をたくさん与えるといったゴーヤの育て方のポイントをしっかり守ると、ぐんぐん成長して5メートル程に伸びます。ゴーヤは夏バテ解消にも役立ち、ゴーヤチャンプルーやゴーヤチップスをはじめ、薄くスライスして炒めたり、サラダにも入れることができます。

 

種と苗の選び方


ゴーヤの育て方は、種から苗に育てる方法と、手軽に育てたい場合は市販の苗を購入する方法があります。種から育てる場合は、平暖地で4月から5月上旬頃に種をまくのが適しています

その時ゴーヤの種の尖った部分を切り、半日ほど水に浸して放置します。ゴーヤの種はとても固い殻に覆われているので水に浸けておくことで発芽を促します。種の準備ができたらポリポットに土を入れて種を一粒まいていきます。

上に土をかぶせて25度以上に保ちながら様子をみます。しかし、必ず芽が出るわけではないので、初心者の方には市販の苗から育てるのをおすすめします。茎が太くてしっかりとしているもので、葉に元気があり艶の良いものを選びます。

 

下準備と植え付け


ゴーヤの育て方で重要なポイントのひとつである苗を植え付ける場所は、日当たりの良い場所が適しています。西日が強く当たる場所でも水をしっかりと与えると問題なく育ちます。

長い時間日が当たる場所を選んでください。それからゴーヤは生育が早く、大きく育つため元肥が重要となります。畑に植え付けをする一か月位前に畑を耕し、肥料を混ぜ込みます。

さらに2週間後にも肥料を追加して混ぜ込んでおきます。苗の植え付けは本葉が4~5枚そろった時で、株と株の間を50センチほどあけます。植え付けた後はしっかりと水を与えます

 

お手入れと管理


ゴーヤの育て方で水やりは重要なポイントです。ゴーヤは葉からの蒸発が多いので水分を多く必要とします。水が足りないと実が大きく育たず、葉焼けを起こしてしまうので、たっぷりと水を与えるようにします。

また、ゴーヤはつるをどんどん広げながら大きくなるので、つるを伸ばしたい方向に誘引することが必要となります。壁面を覆いグリーンカーテンにしても良いですし、アーチを作って緑のトンネルにしても良いです。また、必要以上に大きくしたくない場合は早めに摘芯をします

 

収穫のタイミング


ゴーヤの育て方で待ちに待った収穫の時期は開花から15~20日ほど経過した頃です。イボが盛り上がり、艶が出ているものを収穫します。ゴーヤをしっかりと持ってハサミで切り取ります。収穫が遅れたリ見落としてしまうと黄色くなってしまい、食べることができません。種取りの目的以外ではよく生育を観察して早めの収穫をします

 

いかがでしたでしょうか。ゴーヤの育て方は特別難しいポイントがなく手順が簡単で、上手くいけばたくさんの収穫ができます。ゴーヤは種からと市販の苗からのどちらからでも育てることができます。

初心者の方には市販のものをおすすめします。苗を選ぶ時に株が葉がしっかりとしていて元気の良いものを選ぶと育てるのも楽です。ただし、ゴーヤは日当たりと水やりが欠かせないという特徴があります。

植えつける時には日当たりの良い場所を選び、ぐんぐん成長をしている時は特に水やりを忘れないようにたっぷりと与えてください。上手に育てることができたら、収穫を待ちわびた時期からは想像がつかないほどたくさん収穫をすることができます

熟しすぎると食感が悪くなり、黄色く変色して食べれなくなってしまうので、よく観察をしてイボが盛り上がりツヤが出たものを見つけたらすぐに収穫をします。ゴーヤは夏の暑さで食欲が落ちたときに夏バテ防止などの嬉しい効果が期待できます。お伝えしたゴーヤの育て方のポイントをおさえて、ぜひ挑戦してみてください。

まとめ

ゴーヤの育て方に必要なポイントは

・元気の良い苗から育ててみよう
・日当たりの良い場所で育てよう
・肥料をしっかりと施そう
・水を忘れずしっかりと与えよう
・よく観察をして収穫を早めにしよう