ゴーヤの栄養で夏を乗り切る!夏バテ知らず美味しい食べ方

ゴーヤの栄養で夏を乗り切る!夏バテ知らず美味しい食べ方
ゴーヤの栄養は、食べるだけで辛くて苦しい夏バテでも、美味しく解消!夏バテのしんどさを解消できたら助かりますよね。実はゴーヤの栄養には、夏バテを乗り越えるための要素が豊富に含まれています。

苦くて美味しいゴーヤは夏の代表的な野菜の1つですが、栄養満点で夏バテ対策にとても効果的!

ただ、ゴーヤは料理のバリエーションが少ないのが難点。ゴーヤ料理と言えば一般的に有名なのは、ゴーヤチャンプルーくらい。いくら夏バテに効果的だからと言っても、毎日同じ料理を食べていたら、それは飽きてしまいますよね。

そこで今回は、夏バテに嬉しいゴーヤの栄養と、そんなゴーヤを美味しく食べられる方法についてお伝えします。この記事を参考にぜひゴーヤを美味しく調理して、辛い夏の夏バテを乗り切ってください。



 

ゴーヤの栄養で夏を乗り切る!
夏バテ知らず美味しい食べ方

 

ゴーヤの栄養について


まずは、ゴーヤ料理についてお伝えする前に、ゴーヤの栄養について解説!ゴーヤには体に良い様々な栄養が含まれています。

【 ゴーヤの栄養 】

★ そんな栄養の中でも、特に体の調子を整え、風邪予防に効果的なビタミンCが豊富!

・ このビタミンCは熱に弱く、加熱してしまうと壊れてしまうことが多いのですが、ゴーヤのビタミンCは熱しても壊れにくいとされています。

そのため、他の野菜に比べて効率的にビタミンCを摂取できるのも、ゴーヤの魅力!その他、夏場に汗と共に失われがちなカリウムや、ダイエットに効果があるとされる共役リノレン酸などの栄養素も多く含まれています。

 

苦み成分のモモルデシン


そんなたくさんの栄養素を含んでいるゴーヤですが、その中でも特に特筆すべきゴーヤの栄養が、苦み成分の「モモルデシン」。モモルデシンには体に嬉しい様々な作用があり、この成分が夏バテにとっても効果的!

【 ゴーヤの栄養、モモルデシン 】

★ この成分には、夏場荒れがちな胃の調子を整える効果の他、自律神経の乱れを整える効果があり、体のだるさや頭痛などの不調を緩和してくれるのが嬉しい特徴。

・ それだけでなく、体内の血圧を下げる効果もあり、夏に怖い熱中症の予防にも効果的。抗酸化作用もあり、生活習慣病まで予防してくれます。

このモモルデシンが含まれていることにより、ゴーヤは苦くて美味しい上に体にも優しい野菜となっています。なので、ビタミンCやカリウムと合わせて、これらの栄養を含んでいるゴーヤは夏バテ対策にはぴったりな野菜です。

 

定番料理ゴーヤチャンプル


ここからはそんな栄養満点なゴーヤの、おすすめできる美味しい食べ方をお伝えしていきます。まずはゴーヤチャンプルーから。

【 ゴーヤの栄養レシピ、その1 】

★ ゴーヤチャンプルは言わずと知れたゴーヤ料理の定番です。調理法も材料を用意して炒めるだけととっても簡単。

・ ゴーヤ以外にも様々な食材をいっぺんに食べられるため、栄養満点。一般的には玉子や豚肉、モヤシやにんじんのシリシリ(細切り)などなど、ともかく自由。夏バテ対策にもピッタリな料理です。

ちなみに、チャンプルとは沖縄の方言で「混ぜこぜにしたもの」という意味があります。

 

様々なバリエーションのあるゴーヤの漬物


こちらもゴーヤ料理の定番の1つ。

【 ゴーヤの栄養レシピ、漬物 】

★ 一口に漬物と言っても、手軽な浅漬けから、醤油漬けに味噌漬け、酢漬けまで様々な種類があります。意外とバリエーションが豊かなのも魅力。

・ しょっぱくて美味しいこれらの漬物は、ご飯のお供に最適なだけでなく、夏場に不足しがちな塩分も補ってくれる有り難い料理です。

 

ゴーヤの味噌汁


これらの代表的な2つの料理のほかに、意外と多い調理法がゴーヤの味噌汁。味噌汁もゴーヤと一緒に、夏場に不足しがちな塩分などの栄養を摂取できるので夏バテ対策に効果的です。

【 ゴーヤの栄養レシピ、冷や汁 】

★ また暖かい味噌汁の他に、冷たい冷や汁として利用することもできます。

・ 夏場、本当に暑くて暖かいものを食べたくない時などにおすすめ。ただし、ゴーヤには体を冷やす作用があるので、体の冷やしすぎには注意してください。

その場合は、ショウガやネギなど体を温まる作用のあるものも一緒に調理するとある程度緩和できます。

 

苦くないゴーヤの天ぷら


ゴーヤは食べてみたいけどちょっと苦くて苦手、という方におすすめなのがゴーヤの天ぷらです。ゴーヤは油で揚げることで苦みが薄れ、少し食べやすくなります。

【 ゴーヤの栄養レシピ、かき揚げ 】

★ ゴーヤは油と非常に相性が良く、天ぷらの他にかき揚げも美味しくてGOOD!

・ 薄くスライスしてポテトチップスの様に揚げたゴーヤチップスなどとして食べるのもおすすめです。

 

いかがでしたでしょうか、ここまで夏を乗り切るゴーヤの美味しい食べ方をお伝えしました。この他にもゴーヤには意外と様々な料理方法があります。この機会にぜひ、ゴーヤ料理にチャレンジしてみてください。

ゴーヤはとても苦いので、この苦さが苦手という方も多い野菜ではありますが、調理の仕方によっては苦みを緩和することも十分可能!特にゴーヤの天ぷらはだいぶ苦みが緩和されるので、苦手な方にもおすすめです。

ゴーヤは栄養満点で本当に夏バテ対策にはうってつけの野菜。夏バテ以外にも熱中症や生活習慣病予防など、体に嬉しい様々な栄養が豊富に含まれているので、積極的に食べたいところ。

この記事を参考に、ぜひ美味しく栄養満点なゴーヤ料理を作ってみてください。美味しいゴーヤ料理で辛い夏バテを乗り越えましょう!

まとめ

夏を乗り切るゴーヤの美味しい食べ方

・定番のゴーヤチャンプル
・ご飯のお供に最適なゴーヤの漬物
・夏の疲労回復にゴーヤの味噌汁
・暑い特にはゴーヤの冷や汁もおすすめ
・苦みを緩和できるゴーヤの天ぷら