8月の誕生花をプレゼントする時のポイントと注意点

8月の誕生花をプレゼントする時のポイントと注意点
夏本番を迎える8月は、お花を見て暑さを忘れ、爽やかな気分になりたいですよね。お盆に帰省した際は、家族や友人に日頃の感謝を込めて、8月の誕生花をプレゼントしてみてはいかがですか。

8月の誕生花は、全体的に「栄光」や「燃ゆる想い」、「神秘」のイメージを思わせるような花言葉を持っており、夏らしい鮮やかな色をしている点が魅力的です。

見ていると前向きな気持ちになりますので、貰ったら誰もが喜ぶ事間違いなしでしょう。そこで今回は、花言葉が素敵な8月の誕生花をいくつかピックアップし、プレゼントする時のポイントと、注意点をお伝えします。

相手が8月生まれの場合、誕生日の花を調べて贈っても良いですし、日にちに関わらず、相手に似合いそうな花を選んでもOKですので、ぜひ花言葉に気持ちを込めてプレゼントしてみましょう!それではご覧ください。

帰省した際は家族や友人への感謝として、ペチュニアを贈ろう

ペチュニアは、8月2日の誕生花とされています。お花屋さんにもよく並ぶ花ですので、お家で育てた事があるかもしれませんね。ピンクや紫、白など、カラーバリエーションが豊富な上に、単色だけでなくストライプなどの模様が付いた品種もあります。

ペチュニアの花言葉は、「あなたと一緒なら心がやわらぐ」です。これは普段お世話になっている方や、付き合いの長い方に贈りたい言葉ですよね。

8月はお盆休みがありますので、「帰省して地元に戻るとホッとする」という方は、家族や友人に感謝の気持ちを込めて贈ると良いでしょう。老若男女問わず人気のペチュニアは、鮮やかで夏らしい色で見る人の心を楽しい気持ちにさせてくれますよね。

ヒマワリのブーケを贈る際は、本数にも注目しよう

ヒマワリは、8月8日の誕生花とされています。元気で明るい印象の見た目が、夏らしいお花ですよね。

ヒマワリの「あなただけを見つめる」や「あこがれ」、「栄光」といった花言葉は、太陽の方に向かって咲く習性から来ています。親しみのあるお花ですので、ヒマワリのイメージが合う、陽気な性格の友人や、元気なお子さんまで、老若男女問わず喜ばれるでしょう。

「あなただけを見つめる」や「あこがれ」という花言葉を伝えれば、憧れの先輩や、好きな人にも、あなたの信頼を伝える事が出来るでしょう。

ヒマワリの花束を作る際は、あなたの気持ちをさらに効果的に伝える為に、ヒマワリの本数を工夫する事がポイントです。実はヒマワリはブーケにする際の本数にも、メッセージが込められているのです!

3本だと「愛の告白」、7本だと「密かな愛」、11本だと「最愛」を表わします。本数によってメッセージが変わるなんて、面白いですよね。ヒマワリをプレゼントする際は、ぜひ渡す相手への気持ちを、花束に込めて贈ってみてください。

 

「燃ゆる思い」の花言葉を持つ赤いサルビアで、好きな人への愛を伝えよう

赤いサルビアは、8月14日の誕生花とされています。夏から秋にかけて、長く楽しめますし、育てやすい花として人気があります。

赤いサルビアの花言葉は、「燃ゆる思い」です。情熱的な赤・燃えるように熱い愛情の赤の色を表わした花言葉となっていますので、好きな人への愛を伝えたり、付き合いの長いパートナーへの感謝を込めて贈る花としてピッタリですよね。

サルビア全体の花言葉としては、「尊敬」や「知恵」という意味もありますので、習い事の先生や職場の上司、学校の先輩に贈る際に「いつもご指導ありがとうございます。」と気持ちを伝える際に贈ると良いでしょう。

憧れの女性には、ピンクのガーベラを贈ろう

ピンクのガーベラは、8月19日の誕生花とされています。可愛らしい見た目が女性にも人気の色で、結婚式にもよく使われています。

花言葉は、「崇高美」や「神秘」です。「崇高美」には高嶺の花というイメージがあり、「神秘」は謎に包まれたような、よく分からない印象の言葉ですので、花言葉だけを伝えてしまうと、相手は「どういう意味で渡したんだろう?」と疑問に感じてしまうかもしれません。

ピンクのガーベラを渡す際は、「前からずっと憧れていて、あなたは自分にとって魅力的な人です。」と伝えたり、「ミステリアスな美しさを持っているあなたに似合いそうだと思って、この花を選びました」など、花言葉が表す意味や、その色を選んだ理由を相手に伝えるようにしましょう。

 

さて、今回は、8月の誕生花をプレゼントする時のポイントと、気を付けるべき点をお伝えしました。夏本番を迎える8月は、蒸し暑い日が続きますので、お花が元気に咲く姿を見て爽やかな気分になり、日頃の疲れを吹き飛ばせたら素敵ですよね。

「崇高美」や「あこがれ」の花言葉を持ち、カラフルに咲く姿が素敵な8月の誕生花は、好きな人への愛を伝える事はもちろん、職場の上司や家族への感謝の気持ちとして贈るのにもピッタリです。

お花によっては、ブーケにする際の本数によって花言葉が変わるものもありますので、伝えたい気持ちに合った形でプレゼントする事がポイントです。相手に似合いそうな色・形の物を選び、その花を選んだ理由やメッセージを伝えると効果的ですよ!ぜひ、日頃の感謝を込めて贈ってみましょう。

【まとめ】 

8月の誕生花を贈る際のポイント

・帰省した際は家族や友人への感謝として、ペチュニアを贈ろう
・ヒマワリのブーケを贈る際は、本数にも注目しよう
・「燃ゆる思い」の花言葉を持つ赤いサルビアで、好きな人への愛を伝えよう
・憧れの女性には、ピンクのガーベラを贈ろう


連記事