6月の花寄せ植え☆鉢植えで楽しむおすすめアレンジ

6月の花寄せ植え☆鉢植えで楽しむおすすめアレンジ
6月の花は、季節の変わる梅雨時、落ち込みがちな気持ちを明るくしてくれますよね。お部屋を活気づけてくれるような6月の花も人気ですが、反対に、雨の滴に濡れるあじさいなどを飾っても、季節を楽しめます。

その他にも、池に咲く白い可憐な睡蓮の花も6月の花。道端に咲く花を楽しむのもいいですが、身近な鉢植えで育てて楽しむのも楽しいかもしれません。

さらに、花を楽しむには、ひとつの花だけでなく、様々な個性を組み合わせた寄せ植えも人気!可愛い6月の花々の寄せ植えを楽しむうちに、梅雨の鬱々気分が吹き飛んだら、梅雨も楽しみになりますよね。

そこで今回は、梅雨時のジメッとした空気を一掃してくれる6月の花々を、おすすめの寄せ植えの組み合わせとともにお伝えします。



 

6月の花寄せ植え☆
鉢植えで楽しむおすすめアレンジ

 

6月の花☆あじさいの寄せ植え


6月の花として定番のあじさいの、開花時期は6月~7月です。様々な品種を持っていますが、その共通点は二つ!

【 6月の花☆あじさいの共通点 】

・ 花が枝先に集まり花を咲かせること。
・ あじさいの色は土壌の㏗値で変わってくること。

…この二つです。

また、日本の季節を象徴する花として、知らない人はいないと言ってもよいくらい存在感のある花ですが、近年母の日のプレゼントとしても、人気を集めているのです!

その理由は、とてもシンプルで、丈夫で育てやすいから。さらに毎年決まった時期に花を咲かせ、末永く人目を楽しませてくれるから、なのです。

 

あじさいの寄せ植え☆おすすめの花材


【 6月の花、あじさいとの組み合わせ 】

★ インパチェンスとベゴニアがおすすめ!

・ 梅雨の時期だけでなく、夏の間も楽しめる寄せ植えを作るなら、この二つの花は、育つ環境や流通の時期などが同じなので、寄せ植えしやすい花々。

インパンチェスは品種改良も進み、様々な形の花や色も選ぶことができて寄せ植えに便利!あじさいとの色合いと組み合わせを自由に選び、自分らしくアレンジしやすい花材として、メインの花として寄せ植えしても十分に楽しめます。

 

あじさいの寄せ植え☆おすすめカラーリーフ


あじさいに合わせたいカラーリーフなら、まず「ヒューケラ・パリ」。葉色のバラエティーに富んだカラーリーフプランツとして、寄せ植えに人気の高い植物です。

【 6月の花の寄せ植えプランツ 】

★ ヒューケラ・パリ

・ 日陰でも良く育つので、あじさいとの相性バッチリ!株がコンパクトで花も鮮やかな赤が魅力。低い位置から花をつけスラッと伸びてアクセントになります。

★ 赤葉クローバー

・ チョコレートクローバーとも呼ばれる、シロツメクサの変種。ワインレッドの花色、クローバーも濃い赤で、寄せ植えの下方を飾るとシックに整えられます。

★ コクリュウ

・ リュウノヒゲの一種。葉が長く大きく竜のひげのように伸びる下草です。黒っぽい葉がとても個性的で独特。他の緑葉を引き立たせてくれるので、寄せ植えパートナーとして、重宝されています。

 

6月の花☆クレマチスの寄せ植え


あじさいの他に、6月の花で忘れてはいけないのがクレマチス。種類品種の豊富さ、美しくダイナミックに咲く花弁の華やかさから、つる性植物の中でも人気のある花!

比較的丈夫で、剪定や誘引をこまめに行えば、元気に花を咲かせてくれます。日当たりを好むので、鉢植えの寄せ植えをする場合には、その辺も意識して置く場所を選ぶのがポイント。

【 6月の花、クレマチスとの組み合わせ 】

★ ただクレマチスは、その存在感だけで華やかなので、他の花との寄せ植えをしなくても、十分に存在感を出してくれます。

・ あまり飾りすぎると、ゴテゴテに盛り過ぎた感が出てしまう恐れもあるので、カラーリーフはいかがでしょうか。

シンプルにクレマチスの足元をまとめ上げると、とても夏らしく見た目にも涼しげに楽しめます。しかし、もし寄せ植えしたい花が見つかったなら「特性」が同じものを選べば、育てる上ではOKです!

 

クレマチスの寄せ植え☆おすすめカラーリーフ


クレマチスと合わせる葉っぱ類も気になるところ。クレマチスは根が傷みやすいので、寄せ植えの際は根に傷をつけないよう、丁寧に扱ってください。乾燥にも注意!準備をしておいて、手際よく寄せ植えをしたい6月の花です。

【 6月の花、カラーリーフ 】

★ リュウノヒゲの一種、スノードラゴンはいかがでしょうか。

・ とても頑丈で、ほとんどの悪条件下でも育つ、強健な植物!スノードラゴンは葉幅が広く、斑の葉が特徴です。

 

6月の花☆カラーの寄せ植え


カラーと言えば、独特のフォルムを持った花と鮮やかに映える色合いが美しい花。そのため、寄せ植えでも人気がある6月の花です。

丈夫なので、他の草花やカラーリーフと合わせて、シンプルに飾っても恰好がいいし、群生して咲く花々を中間層に散りばめれば、賑わいの中に凛としたカラーの姿が強い印象を残してくれます。

【 6月の花、カラーとの組み合わせ 】

★ レースラベンダー

・ カラーの背景を自然に飾り付けてくれるのが、レースラベンダー。スラ―とした茎や濃い紫の花色はメインのカラーの邪魔にならず、使いやすい花のひとつなのです。

 

カラーの寄せ植え☆おすすめリーフ


カラーは品種もたくさんあるのが魅力。それぞれに特徴がありますが、カラーをメインにした寄せ植えならば、「クリスタルブラッシュ」「ルビーライトローズ」などの品種もおすすめ!

メインにするだけの存在感があるため、華やかな6月の花の寄せ植えに仕上がります。

【 6月の花、カラーと合わせるリーフ 】

★ ヒューケラ・ミッドナイトローズ

・ 濃いブロンズ色にピンクの斑が特徴の、ユニークな葉色と形を持っています。

ヒューケラ・ミッドナイトローズは、葉が大きくなり展開すると斑も大きくはっきりとなるので、カラーの足元にアクセントを作ることができるのです。

 

いかがでしたでしょうか、6月の花の寄せ植えにおすすめしたい、花々やその組み合わせ、合わせたいカラーリーフをお伝えしました。雨の多い6月でも十分に寄せ植えを楽しめること、分かっていただけたのではないでしょうか。

寄せ植えにカラーリーフは欠かせない便利なもの!選び方のポイントは、メインの花の色や形とは反対の形状のタイプを選ぶこと。アクセントになって全体的にメリハリが!面白い寄せ植えに仕上がるのです。

そして、メインを引き立たせるための花材には、メインの花色や形を邪魔しない程度の大きさや、ボリューム感などを意識。さらに、同じ環境で育つ種類の花を選ぶことも、安心して育てるためには大切です。

6月の花でインパンチェスもあじさいとの寄せ植えで登場しますが、カラーとの組み合わせでも、華やぎをプラスするなどで人目を楽しませてくれます。ぜひ、あなただけのアレンジを見つけてください!

まとめ

寄せ植えにおすすめの6月の花と、アレンジ

・あじさいはシンプルで丈夫なので、育てやすい
・あじさいには、インパチェンスとベゴニア
・ヒューケラ・パリはあじさいとの相性バッチリ!
・つる性植物なら、クレマチス
・クレマチスにはスノードラゴンがおすすめ
・カラーとレースラベンダーの寄せ植え
・カラーの足元に、ヒューケラ・ミッドナイトローズ

待ち受ける運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人、お仕事や人間関係も、実は誕生日から運命の日を導き出すことによって分かるのです。

いま、メディアで話題の『運命の星』では、あなたの運命の人が誰なのか、そして、運命の日がいつなのか、期間限定で無料診断してくれます。あなたの今後の人生を左右する運命の日をズバリ教えてくれますよ。

幸運の行方が気になる人は是非やってみてください。