6月の誕生花を贈る☆花言葉とともに贈りたい花々とは

6月の誕生花を贈る☆花言葉とともに贈りたい花々とは
6月の誕生花を花言葉とともに贈れば、ちょっとスペシャルになりますよね。366日それぞれに、その日に因んだ花を当てはめた誕生花。6月の誕生花を、6月生まれの相手に贈るアイデアは、まだまだあまり浸透していないだけに、サプライズにも!

贈る側に方にとっても、6月の誕生花や大切な相手の誕生日豆知識を深く知るきっかけとなり、楽しく贈り物を選ぶことができるはず。

1年の中でも6月は日が伸びて、気温が高くなることで夏の始まりを感じられたり、ジューンブライドのいわれのように、結婚すると幸せになれる月という、ポジティブなイメージ!

ただ一方で、梅雨のシトシトジメジメした時期でもあるだけに、可愛い6月の誕生花を贈って、気分を明るくしたいですよね。そこで今回は、そんな6月の誕生花に焦点を当て、誕生日に贈ると喜ばれる花言葉を持つ6月の誕生花を7つ、お伝えします。

 

6月の誕生花を贈る☆
花言葉とともに贈りたい花々とは

 

ゴデチアで不変の愛を贈る

品種の多さが魅力のひとつともなっているゴデチア。華やかな花色が多い品種ですが、透明感のある色味が多く、上品さを感じさせる6月の誕生花。花持ちがよく草丈も高いので、切り花としてよく用いられます。

【 6月の誕生花、ゴデチア 】

★ 6月9日 ゴデチア 花言葉:不変の愛

・ 「不変の愛」という情熱的な花言葉があるので、交際期間が長いカップルや結婚歴が長い夫婦間の贈り物として最適!

手渡すだけでなく、是非花言葉も一緒に伝えてみたいゴデチア。切り花にしたあとも蕾が咲くという強い性質を持ち、長く楽しめることが出来るのも、贈り物に嬉しいポイント!

 

ガクアジサイのミニ鉢植え

中心の花を飾る額縁のように、周りに花を咲かせることから、名前を付けられた6月の誕生花。花のように見える部分は、実は花びらではなくガク。花のように見えることから装飾花と呼ばれています。中心の小さな蕾のような部分が本当の花びらです。

【 6月の誕生花、ガクアジサイ 】

★ 6月11日 ガクアジサイ 花言葉:素直

・ 大きな玉のように装飾花を咲かせるホンアジサイとは違い、控えめに咲くことから「素直」「謙虚」という花言葉が付けられているのが素敵。

花束やミニ鉢植えを贈っても良いですが、大切な方とガクアジサイの名所を訪れるというのも、思い出深い誕生日となって良いかもしれません。

 

皆に愛される、クチナシの幸せ

梅雨時に大きな純白の花を咲かせるクチナシ。見た目の優美さだけでなく甘い香りを放つことから、庭木としても人気がある6月の誕生花。結婚式のブーケにも用いられることが多く、老若男女に好まれる花ではないでしょうか。

【 6月の誕生花、クチナシ 】

★ 6月13日 クチナシ 花言葉:洗練

・ その美しい花姿から、「洗練」「優雅」「とても幸せ」といった花言葉が付けられた、贈り物にピッタリの6月の誕生花。

洗練された、なんて表現すると少し高尚な感じがしてしまいますが、趣味やファッションにこだわりのある方に「洗練」の花言葉とともにクチナシを贈ると、喜んでもらえるかもしれません。

 

贈り物にオトメギキョウの感謝を添えて

オトメギキョウは初夏に花を咲かせる常緑多年草で、その花の形からベルフラワーとも呼ばれている6月の誕生花。小さな紫色の花が集まって咲く姿は愛らしく、鮮やかなのでガーデニングにもよく使われる花です。

【 6月の誕生花、オトメギキョウ 】

★ 6月20日 オトメギキョウ 花言葉:感謝

・ 「感謝」という言葉は、いつ誰に伝えても嬉しいもの!

オトメギキョウは丈夫で育てやすい性質の花なので、大切な方への誕生日プレゼントとして贈るなら、ご自身で種や苗から育てたものを贈り物にしても喜ばれるはず。

草丈のあまり大きくならない品種なので、花束にして贈るよりもコンパクトな鉢植えで贈ると見た目も良く、長く楽しめます。

 

目上の方に贈りたい、ササユリ

日本原産の日本を代表するユリ。このユリの仲間の中でも花が大きく、ササに似た形の葉が特徴の6月の誕生花がササユリ。可憐で華やかな花姿に人気が集まり、ウェディングブーケにもよく用いられています。

【 6月の誕生花、ササユリ 】

★ 6月23日 ササユリ 花言葉:上品

・ 「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言葉があるように、昔からユリは女性の美しさを褒めたたえる表現に使われていました。そのことからも年配、目上の女性に贈ると喜ばれるはず。

白もしくは薄いピンクの花色からも、女性らしさを連想させるササユリは、とても魅力的!ただ栽培が難しく、自生する地域も狭いことから、希少価値が高い花。花屋さんで手に入れにくい場合は、プリザーブドフラワーを検討してみるのもアイデアです。

 

いつも頑張っている家族に、レッドクローバー

和名では「アカツメクサ」と呼ばれている6月の誕生花。シロツメクサよりも大きく、イチゴのように見える、薄紅色の小花を密生させる花姿から、「ストロベリーキャンドル」とも呼ばれています。

近年ではその健康効果に着目され、食用・飲用としても栽培されていることにも、注目したいところ。

【 6月の誕生花、レッドクローバー 】

★ 6月26日 レッドクローバー 花言葉:勤勉

・ 暑さと乾燥にやや弱いものの、厳しい環境でも育つことから「勤勉」という花言葉が付けられています。

日頃、仕事に家事に頑張っている両親や祖父母に、花言葉と共に贈ると喜んでもらえるのではないでしょうか。草丈が長いので背が高めの花瓶に入れ飾っておくと、見た目もよく楽しめるはず!父の日にさりげなく飾っておいても良いかもしれません。

 

尊敬する家族や周囲の人々へ、ベラルゴニウム

色鮮やかな花を咲かせ、水平方向に広がりながら、ボリュームのある株に成長するベラルゴニウムは、鉢植えやプランターで育てられることが多い6月の誕生花。

【 6月の誕生花、ベラルゴニウム 】

★ 6月29日 ベラルゴニウム 花言葉:尊敬

・ 「尊敬」という花言葉が付けられているので、日頃お世話になっている先生や先輩、母親、祖母に花言葉を添えて贈って頂きたい6月の誕生花!

ピンクや赤といった鮮やかな花色なので、母の日の贈り物としてもバッチリ。贈り物にする際も、鉢植えやバスケットフラワーにして手渡すと、花がよく見えて見栄えが良くなり、おすすめです。

 

いかがでしたでしょうか、6月は春が終わり夏に向けて気温が高くなり始める時期。あじさいなどが有名ですが、それだけではなく、これだけの花々があるのです。6月の誕生花はすべての日にあるため、他にもたくさん!

沢山の花が咲き頃を迎える時期なので、是非大切な方の誕生日を祝う際には誕生花を、そして花言葉を添えて贈るのにも、楽しく選べて、相手にとってもちょっとしたサプライズ!自分の誕生日に因んだ花があり、それに付けられた花言葉を一緒に贈られれば、とても嬉しく思うはずです。

国民の祝日が無い6月が、毎年憂鬱という方も少なくありませんが、この時期だからこそ、人が集まる学校や職場帰りに、大人数で誕生日を祝える!というのも、6月の良いところ。

雨が多く気持ちがどんより、落ち込みがちな季節…。鮮やかな6月の誕生花を愛でて、楽しく皆で誕生日をお祝いし、明るく前向きな気持ちで夏の訪れを待ちましょう!

まとめ

6月の誕生日に贈りたい花々と花言葉

・ゴデチア~不変の愛~
・ガクアジサイ~素直~
・クチナシ~洗練~
・オトメギキョウ~感謝~
・ササユリ~上品~
・レッドクローバー~勤勉~
・ベラルゴニウム~尊敬~


連記事