2月の誕生花とその花のロマンティックな花言葉

2月の誕生花とその花のロマンティックな花言葉
2月生まれの人や、周りに2月生まれの家族や友人・恋人がいる方は、2月の誕生花がどのような花で、どういった花言葉を持っているのか気になりますよね。2月の誕生花であるフリージアは、黄色や白い花が代表的で、可愛らしい見た目と甘い香りが人気の花です。

春を感じさせるような明るい色味がチャームポイントです。花言葉は色によって異なっており、「無邪気」や「純潔」など、ロマンティックな意味合いを持っていますので、2月生まれの人へのプレゼントとして贈っても喜ばれる事間違い無しでしょう。

そこで今回は、2月の誕生花であるフリージアと、その花言葉にどんな意味があるのかについて、具体的にお伝えします。2月生まれの方や、花言葉に興味がある方も、ぜひ参考にしてみてください。

春を思わせるような明るい色味が特徴

2月の誕生花はフリージアです。春を思わせるような、明るい色味が可愛らしいお花ですよね。ブーケにもよく使われている花ですので、一度は見た事があるはずですよ!

松田聖子さんの「風立ちぬ」という曲の歌詞にも、この花が登場しています。フリージアは南アフリカ原産の、アヤメ科の植物で、黄色や白などの綺麗な色をしています。

フリージアという名前は、デンマークの植物学者エクロン氏がこの植物を発見し、フレーゼ(Freese)という親友のドイツ人医師に献名した事が由来と言われています。

 

全体的には「期待」の象徴を持っている

2月の誕生花であるフリージアは、色によって多様な花言葉を持っていますが、どの色でも共通して持っていると言われる花言葉があります。それは、「期待」です。もうすぐ訪れる春を待つような、明るい配色からもイメージしやすい花言葉ですね。

新しい出会いを期待したり、自分の積み重ねている努力が報われるよう期待している人、初めての事にチャレンジする人や新しい環境での暮らしがスタートする人など、何かを前向きに待っている人におススメの花です。

 

黄色い花は「無邪気」を表わす

2月の誕生花、フリージアはロマンティックな花言葉を多く持っています。その中のひとつに「無邪気」があります。

この言葉は特に黄色のフリージアに付けられており、明るい色味の元気なイメージがピッタリです。後輩やお子さんへのプレゼントとして贈っても喜ばれる事間違い無しでしょう。

フリージアはカラーバリエーションが豊富ですが、原種は黄色か白のみで、それ以外の色は品種改良によるものですので、黄色はフリージア本来の色と香りを楽しみたい方にもおススメの色です。

 

白い花は「あどけなさ」を表わす

2月の誕生花であるフリージアは、「あどけなさ」という花言葉も持っています。この言葉は特に白のフリージアに付けられており、何色にも染まらない、純真無垢な印象がピッタリです。

黄色と同じく、フリージアの原種とされており、キンモクセイのような甘い香りが漂います。白はどんな色にも合いますので、他の花と共にブーケにして、女性にプレゼントしても喜ばれるでしょう。

 

紫の花は「あこがれ」を表わす

2月の誕生花であるフリージアは、「あこがれ」という花言葉も持っています。この言葉は特に紫のフリージアに付けられており、高貴で上品なイメージがピッタリです。紫のフリージアはどこか大人っぽい印象がありますよね。

落ち着いた雰囲気を醸し出す紫のフリージアは、ブーケを彩る際にも一役買ってくれます。自分が憧れている目上の人や両親、先輩への贈り物としてプレゼントすると、喜ばれるでしょう。

 

赤い花は「純情」を表わす

2月の誕生花、フリージアは「純情」という花言葉も持っています。この言葉は特に赤のフリージアに付けられています。「赤い色って、情熱的なイメージがあるけれど、純情っていう意味なんだ…」と感じますよね。

赤いフリージアと聞くと、派手で目立ったような色を想像するかもしれませんが、実際は落ち着いた雰囲気を醸し出していて、控えめな印象です。また、キンモクセイのような香りがする白や黄色のフリージアとは違って、赤いフリージアはフルーティーな香りがします。

その事からも、この「純情」という花言葉が付けられたと言われています。自分の気持ちを素直に相手に伝えたい時に、赤いフリージアを贈ると良いでしょう。

 

さて、今回は、2月の誕生花と、ロマンティックな花言葉についてお伝えしました。2月の誕生花であるフリージアは、黄色や白、赤、紫などカラーバリエーションが豊富で、品種によって色とりどりに花を咲かせます。

その香りも特徴的ですので、ぜひ匂いを嗅いでいただきたい花でもあります。もうすぐ訪れる春を感じさせるような、柔らかく明るい雰囲気を醸し出している点が魅力的です。

フリージアが持っている花言葉は、全体的には「期待」という意味がありますし、中でも黄色は「無邪気」、白は「あどけなさ」、紫は「あこがれ」、赤は「純情」など、色によっても異なります。

このように、それぞれの色が表わすイメージも素敵ですので、周りにいる大切な方へのプレゼントとして、花言葉と共にフリージアを贈ってみてはいかがでしょうか。受け取った人も、華やかな見た目と香りに癒されて、きっと喜んでくれますよ。

【まとめ】

2月の誕生花フリージアの特徴と、ロマンティックな花言葉

・春を思わせるような明るい色味が特徴
・全体的には「期待」の象徴を持っている
・黄色い花は「無邪気」を表わす
・白い花は「あどけなさ」を表わす
・紫の花は「あこがれ」を表わす
・赤い花は「純情」を表わす


連記事