フランネルフラワーを上手に育てる5つのコツ


産毛のような細くて柔らかな白い毛に覆われているフランネルフラワー。優しい手触りはいつまでも触っていたいと思わされますよね。ネルシャツに使われているフランネル生地の感触に似ているところからその名の付いたフランネルフラワーは、エメラルドグリーンの葉とマーガレットに似た花の対比が美しく目にも優しい雰囲気を持っています

一輪の花が咲いている期間がとても長く、花が途切れないため一鉢でも見栄えが良いのも特徴。オーストラリア原産のフランネルフラワーは、日本の気候では少し難しい面があり上級者向けとも言われています。性質を良く知れば四季を通して花を咲かすことができる多年草です。そこで今回はフランネルフラワーを上手に育てるコツについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

グレープフルーツの効能が注目される5つの理由


爽やかな酸味の中に甘味とほのかな苦味が感じられるグレープフルーツは、ちょっと大人のフルーツという感じがしますよね。そして最近はダイエットに使えるとグレープフルーツの効能に注目が集まっています

「グレープフルーツ・ダイエット」というダイエットは大きく分けると、食事前やお腹が空いた時にグレープフルーツの香りを嗅いでおく事で食べ過ぎを防ぐ、食事前にグレープフルーツを食べると苦味成分の効果で食欲を抑える。どちらかと言えば食欲を抑えて食べ過ぎを予防する「守り」のような効果によるものです。

しかし、グレープフルーツにはその香りや苦味成分で食欲を抑える働きがあるだけではなく普通に取る食事の中でグレープフルーツの持っている成分を効果的に働かせること(攻め)で、ダイエットばかりか様々な病気や老化現象に立ち向かえるだけの高い効果があるのです。そこで今回はグレープフルーツの効能が注目される理由についてお伝えします

[ 続きを読む… ]

ヒヤシンスを水栽培する時、気を付けたい5つのポイント


花壇や寄せ植えで見るヒヤシンスも素敵ですが、水栽培だと室内で間近に花が見られるのが嬉しいですよね。球根植物には他にも水栽培ができるものがありますが、中でも特にヒヤシンスは水栽培に適しています

それは、ヒヤシンスが球根の内部に十分な養分と花芽を持っているため。ヒヤシンスの球根はタマネギに似て、中心部には茎を出して花になるための芽が備わっています。また、水栽培では限られた容器の中に根を伸ばすため、広い範囲に根を張れないので茎が長いと頭でっかちで不安定。

ヒヤシンスは背が低く茎も太くて安定感に優れ、しかも1本で見ごたえのあるところが魅力的です。そんなヒヤシンスですが、土に植えるのと水栽培とでは少し育て方が違います。そこで今回はヒヤシンスを水栽培する時、気を付けたいポイントについてお伝えします

[ 続きを読む… ]

ラベンダーオイルが身体にとっても良い5つのワケ


ラベンダーオイルはアロマテラピーの代表といえるほど知名度があり、よく使われるオイルのひとつです。身体に優れた効能が期待できるラベンダーオイルを使いこなすことができたら良いですよね。

一般的なラベンダーは、真正ラベンダーと呼ばれ、他にスパイクラベンダー、ラバンジン、フレンチラベンダーがあります。ラベンダーオイルには心と体に良い効果をもたらす成分が含まれていて、さらに女性に嬉しいお肌や髪のお手入れに使える所も魅力のひとつです。

ラベンダーといえば安眠効果でおなじみで、リラックス効果が非常に高いです。そのため心を落ち着かせたい方や、ぐっすり眠りたい方にぜひ取り入れていただきたいです。そこで今回はラベンダーオイルが身体にとっても良いワケについてお伝えします

[ 続きを読む… ]

木蓮の花言葉を知って前向きに生きる5つのコツ


春になると、漂ってくる花の香りに近づいてその花を確かめたくなりますよね。上品な甘い香りの主、それはきっと木蓮です。木蓮の花言葉は「威厳」「崇高」「高潔な心」「持続性」「忍耐」「自然への愛」などといった、どこか荘厳なイメージが感じられます。

木蓮の木は庭木にしては高木のため間近では花をよく見られませんが、お寺や日本庭園などでも、上を向いてわずかに開いている木蓮の花を見ることができます。木蓮には紫色の紫木蓮(シモクレン)と、その仲間の白木蓮(ハクモクレン)があり、園芸的には木蓮というと紫木蓮を指し、白色を白木蓮としています。

原産地の中国では古くから高貴な花と尊ばれ、宮中や寺院に植えられてきました。日本ではハクモクレンが咲いて散る頃にソメイヨシノが咲き、ソメイヨシノが満開になる頃、シモクレンが咲き始めます。

古くからある花だけに、木蓮はその花言葉にも生きるためのヒントを与えてくれるような深みを持っています。そこで今回は木蓮の花言葉を知って前向きに生きるコツについてお伝えします

[ 続きを読む… ]