押し花作りはとっても簡単☆プロが教えるマル秘ワザ

押し花作りはとっても簡単 ☆ プロが教えるマル秘ワザ
押し花を「小さいころに作った!」と言う女性の方々は多いですよね。花を摘んで新聞紙に挟んでおくだけ、というやり方が主流だったのではないでしょうか。

花は美しいものですが、時間がたつと枯れてしまうもの。そんな美しい花、いつまでもそのまま残しておきたい!そんな時、押し花は昔からよく使われてきました。

この押し花、今では電子レンジやアイロンで手軽に作るのがトレンド!新聞紙で作るより短時間で、きれいに作ることができちゃいます。そんな押し花を作る上での大切なポイントは、「いかに早く、花を乾かすか!」

電子レンジやアイロンは手軽に出来るだけではなく、短時間の乾燥で、色も鮮やかに仕上がるのも魅力!すぐに出来て色も鮮やかなら、試したいですよね。

そこで今回は、新聞紙で作る押し花、電子レンジやアイロンを使って作る押し花の作り方を、そのコツとともにお伝えします。



 

押し花作りはとっても簡単☆
プロが教えるマル秘ワザ

 

押し花にむいている花


好きな植物で作ればいいのですが、まだ慣れていないのであれば、「押し花にむいている花」から始めたいところ。

【 押し花にむいている花 】

・ 水分が少ない。
・ 花びらが薄い
・ 花びら同士があまり重なっていない。
・ 小さい花

…の四つ。

【 初めて押し花、おすすめの花 】

★ パンジー、ビオラ、カスミソウ、コスモス、サクラ、シバザクラ、バーベナ、ミモザ、スターチス、アジサイ、ナデシコ、バラ、ポピー、タンポポ、アネモネ、そしてハーブ類などなど…。

その他、葉やツルも押し花にできることを考えると、初めてでもたくさんの花々から選べます。勿体ない気もしますが、開花したばかりのきれいな花を選ぶのが、ポイントです。

 

植物の下処理


【 押し花の前の下処理 】

① 花は茎とは切り離し、厚みがある部分はカッターで薄く削ぐ

茎を残す場合も、厚みがあるようでしたらカッターで削いだり、太い茎は半分に切って正解!

② 花びらが重なっているときには間引く

このような方法で、乾かす部分を出来るだけ薄く処理して、「早くしっかり」乾燥させることが押し花を成功させるポイント!ここで、しっかり下処理を行ってください。

 

押し花を新聞紙で作る


材料は、押し花にする葉や花、ティッシュペーパー、新聞紙、重しにする本や電話帳。花さえあれば、家にあるものだけで今すぐ作れちゃいます!

【 新聞紙で作る、押し花の作り方 】  

① 花と葉の下処理をする。

② 4~5枚の新聞紙を重しにする本などの大きさに合わせてたたみ、その上にティッシュを置く。

③ ティッシュの上に花を重ならないよう、折れないよう並べる。

④ ③の上にティッシュを重ねて、その上にまた新聞紙を。

⑤ まだ花があるときには、④の上にティッシュ、花、ティッシュ、新聞紙を繰り返し、一番上に新聞紙がくるように…。

重しをのせて1日経った頃、ティッシュと植物はそのままにして、新聞紙だけを取り換えると、仕上がりがよくなります。 その際、花を動かさないように気を付けてください。

重しをのせて3~4日。花がピンとして乾燥していれば完成です!押し花がしっかり乾燥したら、ピンセットなどで優しく剥がして、密封できる袋などに入れた後、日のあたらない場所で保管することができます。

 

押し花を電子レンジで作る


以上が昔ながらの押し花の作り方ですが、実は電子レンジを使えば、たったの1日で押し花が完成!

材料は、押し花にする花や葉、ティッシュペーパー、段ボール、キッチンペーパー、輪ゴム。電子レンジと花さえあれば、こちらも家にあるものですぐに作れるのです。

【 電子レンジを使った、押し花の作り方 】

① 段ボールを適当な大きさ(電子レンジに入る大きさ)にカット!2枚用意します。

② カットした段ボール1枚の上にキッチンペーパーを敷く

③ その上にティッシュを置く。

④ 下処理した花を重ならないよう、折れないよう並べる

⑤ ティッシュをのせて、その上にキッチンペーパーと、もう1枚の段ボールを重ねる。

⑥ 花の位置がずれないように輪ゴムで固定!

⑦ 電子レンジ600wで40秒~1分程度加熱。

ただし、電子レンジの機種によって、乾燥時間が違ってくることも…。長すぎないよう、様子を見ながら加熱すると安心です。また、電子レンジから取り出す時は、段ボールが熱くなっているので気を付けて!

⑧ 花の上に重ねてあった段ボール、キッチンペーパー、ティッシュをゆっくりはがして、押し花を乾燥。

以上で電子レンジ押し花の完成!新聞紙の時同様、ピンセットなどでやさしくつまみ、密封できる袋などに入れて日のあたらない場所で保管します。

 

押し花をアイロンで作る


電子レンジだと、段ボールを切るのが面倒だし、輪ゴムや段ボールを電子レンジで加熱するのには抵抗がある、という方も…。アイロンを使えばもっと簡単に押し花が作れます。材料は、押し花にする花や葉、ティッシュ、アイロンだけ!

【 アイロンで作る、押し花の作り方 】

① アイロン台にティッシュを敷く。

② 下処理をした花を、一度にアイロンがあたる範囲で並べる。

③ 花の上にティッシュを置く。

④ 低温のアイロンで30秒ほど温める。

⑤ 一度アイロンをはなして熱を飛ばしたら、再び10秒ほどアイロンで温める。

⑥ しっかり乾燥するまで、アイロンをはなして熱を飛ばす、10秒温めるを繰り返す。

⑦ 出来上がったらピンセットなどでやさしく剥がして、密封できる袋などに入れ、日のあたらない場所で保管する。

この方法が一番簡単かもしれません。すぐに出来上がるので、慣れるまではちょこちょこと確認しながら、温めるのがポイント!

 

いかがでしたでしょうか、電子レンジやアイロンを使うと、短時間で押し花が出来てしまうこと、今までのイメージと違って、驚いた方もいたのではないでしょうか。

ちなみに、押し花がしっかり乾燥したかは、一番水分が多かったであろう部分が固くなっているかどうかを確認することが一番確実。

その部分を折ってみて、しなっと曲がるようであれば、まだ水分が含まれているということに…。その時は、じっくりともう少し乾燥させることもポイントのひとつです。

反対に、パキッと折れてしまうようであれば、しっかり乾燥しているということ!こうなれば押し花作り成功です!

コツをつかむまでは、乾燥具合を確認するための茎や花びらを最初から用意して、一緒に乾燥させてもいいかもしれません。本記事を参考にして、おしゃれな押し花アートを作っちゃいましょう!

まとめ

押し花のさまざまな作り方

・水分が少なく薄い、重なりの少ない小さい花が向いている
・カッターなどで不要部分を削ぎ、薄くして下処理をする
・新聞紙を重ねる押し花は、3~4日で出来る
・ダンボールで挟んで電子レンジでチン!で一時間仕上げ
・ティッシュで挟んでアイロンをしたらすぐできる