シルクフラワーを手作りで☆初心者でも安心7つのポイント

シルクフラワーを手作りで☆初心者でも安心7つのポイント

シルクフラワーをご存知ですか?シルクフラワーとは、簡単に言えば造花のことですが、最近では技術も進み、シルクフラワーもプリザーブドフラワーに引けをとらないぐらい、色合いも形も良くできています。シルクフラワーで手作りするのは、生花で手作りするよりも簡単なので初心者でも安心して作業することができます。

生花で手作りする場合は、いかにして花もちを良くさせられるかをポイントに色々な気遣いをしなければなりません。しかしシルクフラワーは造花です。長期間保存が可能なうえに、アレンジしやすいというメリットもあります。

生花よりも気を使わなくて済むシルクフラワーは、初心者がフラワーアレンジメントするには良い花材となることでしょう。そこで本記事では初心者でも安心して作れて、しかも美しく仕上がるポイントをお伝えします。



 

シルクフラワーを手作りで☆
初心者でも安心7つのポイント

 

やり直しができるから安心


シルクフラワーの最大のメリットは、やり直しが出来るというところです。フラワーアレンジメントをする時、生花だと花もちを特に気にしなければならないので、色々なところで花材への気遣いをしなければなりません。

一方でシルクフラワーは造花です。初心者がフラワーアレンジメントをする場合、一番引っかかるところが1回でイメージ通りの作品が出来るかどうかなのですが、シルクフラワーは造花のために、その心配が必要ないのです。

色合いを考えながら作品を作っていっても、イメージ通りの形に仕上がらなかったり途中で作業手順を間違えてしまうことだって考えられます。そんな時シルクフラワーで手作りしていれば、生花では出来ない「やり直し」をすることが可能なのです。

 

メインの花をうまく選べれば安心


シルクフラワーで作るフラワーアレンジメントは、生花やプリザーブドフラワーほど高価なものには見えないかもしれません。ですが生花やプリザーブドフラワーに負けないぐらい、魅力的なフラワーアレンジメントにすることは可能です。

そのポイントは・・・

・メインとなる花を安価なものを避けます。
・華やかな存在感のある美しいものをチョイスします。
・単体でも見栄えをするような花を選ぶようにしましょう。

メインとなる花を単体でも素敵だと感じたら、そのシルクフラワーが目立つようにフラワーアレンジメントをすれば素敵な作品が仕上がることでしょう。

 

丸い花をメインにすれば安心


初心者がフラワーアレンジメントで苦労するのが、うまく形を整えることです。シルクフラワーのメリットは、時間を気にせず自分が納得のいく形に仕上げられるまで粘れるところです。

初心者に扱いやすい花の形は・・・

・丸いフォルムを持った花です。
・大きめの花材をメインにすることです。

束ねるときに角度調整をさほど気にしなくてもキレイにまとめられるところがポイントです。

 

ラウンドブーケが初心者に最適


初心者でシルクフラワーを手作りしようと考えた時は、ラウンド型にチャレンジしてみるのが良いでしょう。

ラウンド型のメリットは・・・

・花束を丸いフォルムに仕上げるので、製作過程での形のチェックをしやすいです。
・ラウンド型で作ってみることによって、完成のイメージもしやすいです。

最初にこの形をマスターしておけば、その他の形を作る時の良い足がかりとなることでしょう。

 

初心者向けの資材を使う


シルクフラワー初心者の人は、まず始めにどこから手を付けたら良いのか、何を揃えれば良いのか・・・と、初歩から迷うケースが多いでしょう。でも、安心してください。販売店では、ちゃんと初心者向でも資材の用意がしやすくなっています。

おススメのシルクフラワーの資材とは・・・

・ブーケを作る時はブーケホルダーを利用すると初心者でも簡単に作ることが出来ます。
ブーケホルダーは、700円ほどで手に入るので、手作りをして材料費を抑えたいときなどにも最適です。

ブーケホルダーの使い方は・・・

・ブーケホルダーは基本的にシルクフラワーを差し込んでいくだけです!
・ラウンド型がキレイに作ることが可能です。
・持ち手の部分にひと工夫するとさらに見栄えが良くなります。

生花やプリザーブドフラワーに引けをとらない素敵なフラワーアレンジメントとなることでしょう。

 

花だけでなく葉っぱも大切


シルクフラワーには、葉っぱの部分も大事な役割をしています。やはり花束にはグリーンが必須アイテムです。いろいろなカラーの花を組み合わせていくときにグリーンが入っていると、その他の色が引き立ちます。花のみでメインとなる部分を作り終わったら、うまく葉の部分も組み合わせていきましょう。

上手なグリーンカラーの取り入れ方は・・・

・大きめの葉と小さめの葉を用意しておきます。
・大きいものから小さいものへと組み合わせることで立体感が生まれます。
・花に合わせて葉を用意します。
・大きい葉と小さい葉の組み合わせ方を頭に入れて選びます。

初心者さんが挑戦する場合には、最後の「大きい葉と小さい葉の組み合わせ方を覚える」ことが、最大のグリーンカラーの取り入れポイントとなるでしょう。

 

その他アイテムでより素敵な仕上がり


生花と違うシルクフラワーのメリットは・・・

・花材にデコが出来ることです。
・ツヤを出すためにマニキュアを利用できます。
・しずくを演出するためにストーンをデコすることも出来ます。
・パールなどのアイテムを一緒にアレンジできます。

マニキュアはもちろん、パールなどできらめき感を演出できるので、生花やブリザーブドフラワーと比較しても、より豪華なアレンジメントが可能となるのです。

 

いかがでしょうか。初めてシルクフラワーの手作りに挑戦する人々へ向けて、安心して取り組める制作ポイントを、その工程順に7項目に整理して伝えてきました。ブーケホルダーなど、初心者でも手軽に挑戦できるアイテムもあり、より自信が付いたのではないでしょうか。

本記事のように、シルクフラワーで作るフラワーアレンジメントには、生花やプリザーブドフラワーにはない個性やメリットがたくさんあります。初心者にはハンドメイドのハードルがとても高く感じられるものですし、自分が不器用だと感じている人には、なかなか足を踏み入れることが出来ない世界かもしれません。

しかしシルクフラワーの技術の向上により、生花やプリザーブドフラワーに引けをとらない仕上がりに出来るようになりました。初心者にとってシルクフラワーがあることによって、フラワーアレンジメントの世界に足を踏み入れやすくなった側面もあります。

ぜひ、一度挑戦してフラワーアレンジの第一歩に役立ててくださいね。

 

まとめ

シルクフラワーに挑戦したい人々に贈る、7つの成功ポイント

・生花と違い時間を気にせず、やり直しができる
・メインの花を丁寧にチョイスすれば、全体の美しさが決まる
・メインの花は大きく丸い形の花から、挑戦していこう
・形が整いやすいラウンド型からマスターする
・初心者がアレンジしやすいブーケホルダーを利用する
・葉のアレンジは大きい葉と小さい葉の組み合わせ方が大事
・マニキュアやパールでシルクフラワーならではの仕上げを

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃういます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!