ほうれん草の育て方に必要な5つのポイント

ほうれん草の育て方に必要な5つのポイント
胡麻和えやおひたしなどの和食、ベーコンと炒めたり、キッシュやグラタンなどの洋食と和洋問わず様々な料理に使えるほうれん草は育て方も簡単で、種を撒けば1、2ヶ月後にはわさわさと葉を広げた姿を見ることができます。

ほうれん草は鉄分が豊富ですから女性に多い貧血の予防にも効果がある食材としてよく知られていますが、実は総合栄養野菜と言われているほど栄養価が高く、美容や健康に良いとされる栄養がたくさん含まれているため積極的に摂取したい野菜です。

栄養豊富であり、調理が簡単でもう一品欲しい時にも役立つ食材のため常備しておきたい野菜のひとつでもあるほうれん草。ご家庭で育てておけば常に新鮮で安心できるお野菜が食べられますし、頻繁に買う野菜をご家庭で作れるようになると節約にもなります。

ほうれん草のもつ栄養は生活習慣病の予防にもなりますから積極的に食べたい野菜です。アクが苦手という人にはサラダほうれん草というアクが少なく食べやすい品種のものをおすすめします。ほうれん草は育て方もわかりやすいので家庭菜園の初心者にも人気の野菜ですから入手するのは簡単です。

ホームセンターや園芸店で安価で種を手に入れることができますから、健康にも毎日の献立にも役立つほうれん草を育ててみましょう。そこで今回はほうれん草の育て方に必要な5つのポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

家庭菜園を簡単に始める5つのポイント

家庭菜園を簡単に始める5つのポイント
家庭菜園と聞くと、土を耕したり、毎日水をやったり、農薬を散布したり、雑草を抜いたり…と面倒なイメージをお持ちの方は多いですよね。いえいえ、家庭菜園は簡単に始めることができますし、方法を選べば気軽に楽しむことができるのです。

丁寧に育てた野菜を収穫する瞬間は家庭菜園の醍醐味と言えますし、自分で育てた野菜は安心安全、美味しさも格別です!近年は天候不順などで野菜が高騰し、その結果、家庭菜園を始める人も増えているそうです。

畑を作らず、ベランダや屋上で家庭菜園を簡単に始める人もいます。ここまで読んで、なんだか家庭菜園に興味が沸いてきたけれど何から始めれば良いのやら…と途方に暮れているあなたのために、今回は家庭菜園を簡単に始める5つのポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

プランターで野菜を増やす5つの方法とは

プランターで野菜を増やす5つの方法とは
プランターからちょっと野菜をとってきて料理にサッと使えたら、とっても便利ですよね。多少見た目が不格好でも、葉が増えたり実がなったりするプロセスを知っていると美味しさもひとしおです。

いざプランターで野菜を育てようとすると、土や肥料、防虫対策、支柱など最初はお金がかかります。そして注意を怠ると虫や病気、生育不良、実がならないなどと色々な問題が起こり途中であきらめてしまって、結局買うより高くつくことも多いのです。

そこで今回はプランターで野菜を増やす5つの方法とはについてお伝えします。投資に対して少しでも収穫量を増やしていくことで野菜作りを継続していければ、コスパも徐々に安定してきますよ。

[ 続きを読む… ]

上手なトマトの育て方に必要な5つのポイント

上手なトマトの育て方に必要な5つのポイント
自分で育てたトマト
が食べられたら嬉しいですよね。トマトはビタミンCやカロテンを豊富に含み、サラダには欠かせない人気の野菜です。何となくトマトの育て方は難しそう・・・と思っていませんか。実は、水やりや風通しなど、いくつかのポイントを守れば、初心者でも育てることができるのです。

トマトは元々、中南米の山岳地帯が原産なので、生育には強い日差しと乾いた気候が一番適しています。日本では4月上旬〜6月下旬に植え付け、5月中旬〜9月上旬までに収穫するのが一般的です。

夏野菜の定番であるトマトですから、気温が高くなり過ぎない春に植えて、夏には育った実が楽しめるというわけです。そこで今回は上手なトマトの育て方に必要な5つのポイントについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

育てやすい野菜を食卓に!簡単7つの食材とレシピ集

育てやすい野菜を食卓に!簡単7つの食材とレシピ集

育てやすい野菜を選ぶことで、初めての家庭菜園も楽しく実現できます。家庭菜園と聞くと、「防虫に摘心に撒き時に、耕したり水やりしたり…。」と難しそうなイメージがありませんか?そんなイメージを持っているならば、「育てやすい野菜」を選んでください!

「育てやすい野菜」と言っても、初心者だからこそ、ピンとこないもの。野菜は品種ごとに育て方が違っていて、収穫までの期間も違い病気や害虫被害を受けやすい野菜と、受けにくい野菜があるのです。

今回は、プランターに撒いたら間引きしながら育て、水やりを欠かさずたまに追肥しながら収穫を楽しむ…。と言った、ベランダや室内で小さくシンプルに、手間なく育てられる野菜をご提案します。

ここでご提案する野菜の土と肥料は、「園芸店で野菜用」と書かれているものを購入し、トマトだけ専用の肥料と支柱が必要です。プランターは65センチ幅のもの。あとは乾いたら水をたっぷり、成長を楽しみます!

今年は本記事を参考に楽しく、育てやすい野菜を育てあげて、収穫祭を楽しんでください!

[ 続きを読む… ]