ティートリーを薬箱に☆海外で愛される7つの理由

ティートリーを薬箱に☆海外で愛される7つの理由
ティートリーはその強い抗菌作用で、オーストラリアでは常備薬として用いられているエッセンシャルオイル(アロマオイル)。海外では生活の色々な場面で役立つティートリー、気になりますよね。

そもそもティートリーは、オーストラリアの先住民が、風邪や頭痛の時に使用していた、薬の役割を果たすもの。ティートリー丈夫なことで知られ、切り倒してもすぐに栽培できるほど、生命力が強い植物

最近はアロマが人気になり日本にも浸透してきましたが、まだまだどこの家庭でもあるというほどの認知度はありません。でもティートリーには、家庭に常に置いておきたいほどの、魅力的な効果がたくさん!

アロマを生活に取り入れたいなら、そんな便利なティートリーから始めてみたいですよね。そこで今回は、ティートリーを海外のママのように使いこなすために、効能と便利な使い方をお伝えします。



 

ティートリーを薬箱に☆
海外で愛される7つの理由

 

驚くべき抗菌作用!


ティートリーは、何と言っても抗菌作用が有名。それにはこんな話があるのです。

【 驚くべき、ティートリーの逸話 】

★ ある保育園でインフルエンザが流行った時に、あるクラスだけはお昼寝中にティートリーのスプレーを噴霧していました。

・ するとそのクラスだけは、インフルエンザで学級閉鎖にならなかった!と言うのです。驚く方も多いのではないでしょうか…。

なぜインフルエンザに効果があるかというと、「テルピネン-4-オール」という抗菌物質が、約半分近く含まれているから。また、お風呂場のカビなどにも有効で、スプレーしておくと、カビが生えなくなったりします。

なかでも呼吸器系の感染症には、優れた効果を発揮!風邪は年中無休で襲ってくるので、常備しておくと、便利かもしれません。

 

虫刺されのかゆみにも効く!


なんとティートリーは、皮膚のかゆみも抑えてくれるのです。

【 ティートリーでかゆみ対策 】

★ 原液を1滴ほど、かゆみのある部分に塗布すると、みるみるかゆみが治まってきます。

・ 虫刺されや、アレルギーによる炎症を鎮めてくれるのが、その理由。しかし、原液を直接塗布するのは狭い範囲のみ。広範囲での塗布は、くれぐれも控えてください。

また、まれに少量でも皮膚に異常をきたしてしまうこともあるので、使用する前にはパッチテストをすることをお勧めします。

 

肌荒れ改善効果も!


ティートリーは肌荒れにも有効。ニキビができてしまうと、憂鬱になってしまうもの。

【 ティートリーで肌荒れ改善! 】

★ そんな時ティートリーの原液を、綿棒などにたらして患部に当ててみてください。

・ このティートリーの綿棒貼付、翌日にはニキビがなくなっている、と言う体験談もあるほど効果的!

これも、強い抗菌作用の賜物です。また、顔は皮膚がさらに弱い部分なので、やはり使うとき前は、パッチテストをお勧めします。

 

気持ちの落ち込みにも効くティートリー


ティートリーは、傷や風だけではなく、心にも万能薬!

【 ティートリーで穏やかな毎日 】

★ たまに、怒りが収まらなくて家族や友達に当たってしまうこと、人間ですからあるもの…。

・ ティートリーは、そういった神経の高まりを、落ち着かせてくれる効果もあるのです。

また、脳がスッキリする感覚で集中力をアップさせたり、普段使うハンカチの内側にアロマオイルをたらしてみると、ちょうどよいほのかなティートリーの香りが漂ってきます。

 

香りでコミュニケーション力向上!


ティートリーは、コミュニケーション力も高めてくれるサポーター。しかも、喉に関する能力を高めてくれる相乗効果も期待できます。

【 ティートリーでコミュニケーションアップ! 】

★ 香りをかぐことで、スッキリとした気分に!プチうつ気分の気持ちも上向き、コミュニケーション力が向上します。

なので、コミュニケーションを円滑にしたい方は、ティートリーの香りをかいでみるとよいかもしれません。

 

なんとアレルギーにも効く!


ティートリーは花粉症対策としてに人気。

【 ティートリーで花粉症対策 】

★ ティートリーの抗炎症作用が、アレルギー症状を抑えてくれるのです。

・ 花粉症の方はマスクに少したらしてみるのも、よいかもしれません。

 

ヘアケア用品にもなる!


ティートリーはフケ対策にもおすすめ。

【 ティートリーのヘアケア 】

★ (必ず)キャリアオイルで希釈させて、頭皮マッサージを行うことで、抗菌作用が頭皮に作用し頭皮の匂いやフケなどを予防!

・ 頭皮に使うキャリアオイルは、頭皮の余分な皮脂を取り除いてくれる、ホホバオイルがおすすめです。

これだけ便利なティートリーですが、アロマは基本的に飲めるものではありません。お子さんの手の届く場所などに置いておくと、非常に危険!場合によっては、内臓に支障をきたしてしまうことも…。誤って飲み込んでしまった場合は、早めに病院に行ってください。

 

いかがでしたでしょうか、ティートリーは一つ家庭にあるだけで、いろいろなことに使える優れたアロマ。一つ家庭に置いておくことで、風邪の予防や肌荒れ、皮膚のかゆみなどにも効き便利です。

それだけでなく、アロマの醍醐味である香りにも、癒されること間違いなし!ただ、注意していただきたいこともたくさんあるのも、アロマオイルならでは。一歩使い方を間違えると、皮膚の炎症を起こしてしまったり、飲み込んでしまうと病院騒ぎになってしまったり…、などなど。

アロマには共通して言えることですが、保管する時に大切なのは遮光性の有無。アロマは自然のものなので、遮光していない瓶に入れてしまうと劣化が速まってしまうのです。なので、保管はとても大切。なるべく直射日光に当たらないような、工夫をしてください。

でも扱いに慣れてくると、気軽に使えるもの!とても素敵な効果のあるアロマオイルなので、ぜひ普段使うお薬と一緒に、ご家庭の薬箱へ自然のお薬、ティートリーも常備しちゃいましょう!

まとめ

ママに嬉しい、ティートリーの効能とは

・インフルエンザや風邪対策に役立つ
・虫刺されやアレルギーの炎症を鎮めてかゆみ対策
・ティートリーの綿棒貼付で、ニキビ対策
・ティートリーの怒りを静める鎮静作用
・コミュニケーション向上にもティートリーが効く
・アレルギー症状も抑える、ティートリーの効能
・頭皮の皮脂を取り除き、フケ対策