チューリップの育て方に失敗しない5つのポイント

チューリップの育て方に失敗しない5つのポイント庭に咲く春の花の代表、チューリップの育て方は、ポイントを押さえればとても簡単ですチューリップは、球根花として最もポピュラーな花のひとつで、その姿は春の訪れを感じさせますよね。
チューリップの原産地は地中海沿岸から中央アジアにかけて、およそ150種の原種があり、品種改良によってさらに多くの品種が生まれています。花の色形も様々、それらの特徴を生かして公園や遊園地などの花壇では、庭デザインの一部として、チューリップはよく利用されています。毎年楽しみにしている方も多いのではないでしょうか

綺麗に咲くチューリップを見ると、育て方にポイントがあるのかな、と気になりますよね。その通り、チューリップの育て方には、幾つかのちょっとしたポイントがあります。そして、それさえ気をつければ、だれでも楽に、綺麗なチューリップを咲かせることができますよ。

そこで今日は、初めての方でもチューリップの育て方に失敗しない5つのポイントをお伝えします。ポイントをマスターして、あなたのお庭にも沢山のチューリップを咲かせましょう。



 

チューリップの育て方に

失敗しない5つのポイント

 

球根を選ぼう


チューリップの育て方で大切なポイントは、球根ですお店で沢山のものを見ると、どれを選べばよいか、迷いますよね。初めてチューリップの球根を買う方は、この条件を満たすものを選んでください。育て方が楽になります。

・大きく、持ってみてずっしりと重たいもの
・薄皮に艶があるもの(薄皮は、多少剥けていても大丈夫です)
・傷のないもの
・病斑のないもの
・分球していないもの(分球とは、百合根のように、ちいさな球根が周りについていることです)

 

土壌を整える


どんな作物にも言えることですが、何かを育てたあとの土壌は酸性に偏ります。チューリップの育て方で、次に大切なのは、土壌です。植える前に土に石灰をふって良く耕し、土壌を中性にしましょう。チューリップは酸性の土壌より、中性の土壌のほうが良く育ちます。

鉢やプランターでチューリップを育てるときは、球根用の土を買ってくると便利です。球根用の土には、肥料が十分に含まれています球根はそのものの栄養だけでも十分育ちますが、花のあと大きく太った球根を得るために、植える土壌の栄養を豊かにする事はとても大切です

また、球根が土中にいる間に根腐れを起こさないよう、あらかじめ鉢やプランターの選び方に注意して、水はけの良い土壌を作ることも忘れないでください。

 

球根植えと水やり


チューリップの球根は秋(10月から11月にかけて)に植え、土中で越冬させます。庭植えも鉢植えも、球根を植える場合は、球根2個分ほど(約10センチ)の深さに土を堀ってから植えましょう。球根同士の間隔は、6センチほど開けると安心です。

また、チューリップは土中にいる間も水が必要です。しかし、土中いる時は何も目印がないため、うっかり水やりを忘れてしまうことも。そんな時のために、冬に花が咲くパンジーやビオラを、一緒に植えるのはいかがでしょうか。冬に花を楽しめ、かつチューリップの水やりを忘れることが無くなりますから、チューリップの育て方が楽になります

 

チューリップが育つ気候


チューリップの育て方は易しいのですが、育つ気候に大きく左右されます。もともとチューリップは湿潤で、夏は乾燥した涼しい気候を好みます。国内では日本海側地域のように、春の気温上昇が緩やかな涼しい土地がチューリップの育て方では好相性で、よく肥大した球根が得られ、病気も少なく育てられます。

もし鉢植えで育てるなら、できるだけ涼しい環境をつくるように心がけてください。冬の間、暖房のきいた室内にチューリップの鉢植えを置くのは厳禁です。適温は10〜15度。20度以上のあたたかい土は球根が育ちませんので、必ず寒さに当ててください。

 

花と収穫


春になり、チューリップの芽が出、葉が増えます。そんな時、チューリップの育て方で注意したいのは、害虫です。暖かく乾燥した地域はアブラムシの発生や、それによる病気がでる可能性が高いため、もしアブラムシや病気を見つけた場合は、付着した葉を抜くなどして病気の広がりを防ぎましょう。そのまま放置すると、花色や球根の出来に影響します。

やがてチューリップが開花します。花を十分に楽しんだ後は、めしべが残らないよう、花茎だけを切り取りましょう。そのまま放置すると、めしべが種を作るため、球根の栄養が種に奪われてしまいます。

チューリップの種は植えても育ちますが、花が咲くまでに7〜8年もかかります。そのため毎年花を楽しむならば、種を付けさせずにしっかりした球根を作る方がおすすめです。良い球根づくりは、チューリップの育て方の中で、来年への準備となる大切な場面です。

花茎を切ったら、日光からの栄養を球根に送るため、葉はそのままに残します。葉が黄色く枯れてきたら、球根が太ってきているサインです。球根を収穫する場合は、葉が枯れてから掘り起こしましょう。掘り起こした球根は、涼しく風通しの良い所へ保管してください。

 

いかがでしたでしょうか。チューリップの育て方は、球根を植えてから越冬させるまでの管理で、良い花が咲くかが決まると言っても良いかもしれません。涼しい気候を好むチューリップですが、乾燥した暖かい地域でのチューリップの育て方は、気温や水やりなど、できるだけ気を付けてあげてください。

良い球根が出来上がると、また来年の春の楽しみができますよね。チューリップの国、といえばオランダ。実はオランダでチューリップが栽培されたのは16世紀に入ってからなのです。トルコを経由してヨーロッパにもたらされたそうです。その後、品種改良により様々な希少種がもてはやされ、2度にわたって大きな経済的混乱が起こりました。

それだけ長い間、人々に愛され続けてきたチューリップ。今も私たちの身近で、春ごとに目を楽しませてくれます。あなたもぜひ、お気に入りのチューリップの球根を見つけて、このサイトのチューリップの育て方を目安に毎年可愛い花を咲かせてください。

 

まとめ

チューリップの育て方のポイントは

・大きくしっかりした艶のある球根を選びましょう。
・球根用の土で水はけを良くしましょう。
・球根は深く植えて、水やりを忘れずにしましょう。
・涼しい環境で球根を冬越しさせましょう。
・花が咲いた後は、花茎を切り取って球根を育てましょう。

待ち受ける運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人、お仕事や人間関係も、実は誕生日から運命の日を導き出すことによって分かるのです。

いま、メディアで話題の『運命の星』では、あなたの運命の人が誰なのか、そして、運命の日がいつなのか、期間限定で無料診断してくれます。あなたの今後の人生を左右する運命の日をズバリ教えてくれますよ。

幸運の行方が気になる人は是非やってみてください。