パンジーが育てやすい花として選ばれるワケ


「三色すみれ」とも呼ばれるパンジーは春の花としておなじみですよね。早春の花屋さんの店先では、パンジーのミニブーケが売られていることがよくあります。優しい色が多い春の花の中で、紫や黄色のパンジーは小さいながらも目立つ存在です。

駅前や公園などの花壇では、冬になるとパンジーがたくさん植えられます。また、ホームセンターなどでも秋口から色とりどりのパンジーの苗がずらりと並びます。春のガーデニングの準備に、また花の少なくなる冬の貴重な花として、売り場の人気を同じスミレ科のビオラといつも争っているのがパンジーです。

これほどパンジーが売られているのは、パンジーがただ単に手間のかからない丈夫な花だからではありません。そこで今回はパンジーが育てやすい花として選ばれるワケについてお伝えします

[ 続きを読む… ]

フランネルフラワーを上手に育てる5つのコツ


産毛のような細くて柔らかな白い毛に覆われているフランネルフラワー。優しい手触りはいつまでも触っていたいと思わされますよね。ネルシャツに使われているフランネル生地の感触に似ているところからその名の付いたフランネルフラワーは、エメラルドグリーンの葉とマーガレットに似た花の対比が美しく目にも優しい雰囲気を持っています

一輪の花が咲いている期間がとても長く、花が途切れないため一鉢でも見栄えが良いのも特徴。オーストラリア原産のフランネルフラワーは、日本の気候では少し難しい面があり上級者向けとも言われています。性質を良く知れば四季を通して花を咲かすことができる多年草です。そこで今回はフランネルフラワーを上手に育てるコツについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

ヒヤシンスを水栽培する時、気を付けたい5つのポイント


花壇や寄せ植えで見るヒヤシンスも素敵ですが、水栽培だと室内で間近に花が見られるのが嬉しいですよね。球根植物には他にも水栽培ができるものがありますが、中でも特にヒヤシンスは水栽培に適しています

それは、ヒヤシンスが球根の内部に十分な養分と花芽を持っているため。ヒヤシンスの球根はタマネギに似て、中心部には茎を出して花になるための芽が備わっています。また、水栽培では限られた容器の中に根を伸ばすため、広い範囲に根を張れないので茎が長いと頭でっかちで不安定。

ヒヤシンスは背が低く茎も太くて安定感に優れ、しかも1本で見ごたえのあるところが魅力的です。そんなヒヤシンスですが、土に植えるのと水栽培とでは少し育て方が違います。そこで今回はヒヤシンスを水栽培する時、気を付けたいポイントについてお伝えします

[ 続きを読む… ]

ジャスミンの育て方に必要な5つのポイント


香りが良く小さな花が愛らしくて美しいジャスミン
を上手に育てることができたら嬉しいですよね。ジャスミンの花と言えば上品な白い花を想像しますが、種類が非常に多く黄色い花も存在します。

また、香水やジャスミン茶の原料に使われていることを知っている方も多いはず。そんな様々な用途に使用されているジャスミンですが、観賞用の品種が豊富なので是非育ててみたい植物のひとつ

自宅でジャスミンを育てることが出来たら寛ぎたいと思う時、少し摘んでお部屋に飾ることがで花の美しさと香りに癒されて素敵な時間を過ごすことが出来ます。実はジャスミンには不安解消の手助けをするリラックス効果があり、心を落ち着かせたい時におすすめの植物

魅力いっぱいのジャスミンですが、育てたことがないと不安に思う方でもいくつかのコツを覚えておくと簡単に育てることが出来ます。そこで今回はジャスミンの育て方に必要なポイントについてお伝えします

[ 続きを読む… ]

モンステラの育て方☆ポイントを押さえて長持ちさせるには

モンステラの育て方☆ポイントを押さえて長持ちさせるには
モンステラの育て方をマスターすることができたら、大きな葉っぱが人気の観葉植物モンステラですから、おしゃれに栽培まで楽しめて素敵ですよね。

観葉植物は、部屋に優しいグリーンの色合いを加える装飾としてとても人気です。しかし、観葉植物の多くは熱帯地域に生息するもののため、日本での管理は少しコツがいります。

特にモンステラは大きく育つことから、「ちょっと難しそう…。」と、躊躇してしまう方もいるのではないでしょうか。

しかし、そんなことはありません。モンステラの育て方のポイントを押さえるだけで、健康に長くモンステラの観賞楽しむことができるのです。

そこで今回は、モンステラの育て方を、長持ちさせるポイントを中心にお伝えします。この機会にぜひモンステラの育て方をマスターして、観葉植物栽培にチャレンジしてみてください。

[ 続きを読む… ]