黄色のお花をメインに超かわいい花束を作る7つのコツ☆

黄色のお花をメインに超かわいい花束を作る7つのコツ☆
黄色のお花。黄色のお花を想像した時に感じる気持ち。ひまわり、たんぽぽ、チューリップ・・・なんだか元気な明るい気持ちになって来ますよね。

春には一面に広がった菜の花畑が各地で観光スポットになります。夏になれば、太陽に向かって元気いっぱいに咲いているヒマワリ畑。それから、タンポポのいっぱいに咲いた野原。

想像しただけで、心の中がポカポカとしてきて、希望に満ち溢れたような気分になってきます。そう、黄色いお花には、私たちを元気にしてくれるパワーがあるんです。

そんなすごい力を持つ黄色いお花。黄色いお花のそのパワーを生活に取り入れてみませんか?ちょっとしたコツさえつかめば、誰でも簡単に花束を作ることが出来ます。

自分用に上手に花束にしたものをお部屋に飾ってももいいし、簡単にラッピングして贈り物にできちゃいます。お花屋さんで好みのお花を求めるのもいいですが、野の花を摘んできて花束にするなんていうのも、自然のパワーもいっぱいもらえて、とても素敵ですよね。



 

黄色のお花をメインに
超かわいい花束を作る7つのコツ☆

 

その1.1色でまとめるかアクセントとして使う


ひと口に黄色のお花と言っても、その色合いは様々です。鮮やかな黄色には、気持ちをとても前向きにさせて元気にしてくれる効果がありますが、その反面、気持ちに与える印象が強すぎてしまう事があります。

鮮やかな黄色のお花を花束にするのなら、飾る場所や贈る相手を考慮して選びましょう。また、他のお花と組み合わせて花束を作るのでしたら、アクセントとして数本を使うようにすると、強すぎる印象が和らぎます。

例えば、ミニひまわりだけの花束はいかがでしょうか。ミニひまわりの花言葉は、「情熱、熱愛、光輝」などです。

 

その2.アクセントカラーをプラスして


淡い色味の黄色には、鮮やかな黄色の与える印象と違って、心を穏やかにさせる効果があります。ですが、淡い色味の黄色だけで花束を作ると、ぼやけた印象になってしまいがちです。

ですから、淡い黄色のお花を使って花束を作るのでしたら、他の色のお花をアクセントとして組み合わせるといいでしょう。例えば、淡い黄色のガーベラに、オレンジ色のガーベラを数本アクセントに入れた花束はいかがでしょう。

黄色いガーベラの花言葉は、「究極美、究極愛、親しみやすい」です。

 

その3.組み合わせるのなら、暖色系


黄色の色味にもよりますが、一般的に、黄色には寒色系の色は合いません。暖色系か白、グリーンを合わせると、うまく纏まります。特に、同じ黄色系の濃淡の組み合わせにすると、失敗なく可愛い花束に仕上がります。

例えば、黄色い薔薇に、かすみそうを合わせた花束はいかがでしょう。葉のグリーンもアクセントになって、黄色が引き立ちます。黄色い薔薇の花言葉は、「友情、可憐、献身、美」などがあります。

 

その4.手に持ちながら重ねていくだけ


では、花束を作っていきましょう。手に持ちながら重ねていくだけで、簡単に丸い立体感のある綺麗な花束に仕上がります。まずお花を一本手に持ちます。そこに、茎の真ん中あたりの一点を中心にして、同じ方向に向かってお花を重ねていきます。

全部重ねたら、中心となっている部分を押さえながら、重ねている方向に向かって少しだけねじります。こうすることで、お花がきれいに放射状に広がります。そして、その部分を縛ります。

 

その5.テーブルの上で重ねて作る


初めに、一番背の高いお花を、茎の真ん中あたりを重ねながら、扇上に広げます。ここにはグリーンなどをを使うと、まとまりがいいでしょう。

そこに少しずつ丈の短が短くなるように、他のお花も重ねていきます。中心がなるべくずれないように、扇状が崩れないようにだけ注意してください。

そして、中心辺りに一番メインにしたいお花を置きます。全部お花を重ね終えたら、中心となっている部分を押さえながら、花束を整えます。そしてその部分で縛ります。

 

その6.少ない本数で作るコツ


茎の下の方で縛ると、大きく広がった花束になりますが、本数も沢山必要で、作るのがちょっと大変になります。慣れないうちは、少しの本数で、茎の上の方で縛り、小さめの花束に仕上げましょう。

とっても可愛らしい花束になります。縛った後は、余分な茎を切り落として、茎の長さを揃えます。花瓶に生けるのでしたら、この状態で花瓶に挿せば、綺麗な立体感が出せます。

ラッピングするなら、茎を濡らしたティッシュでくるみ、アルミホイルを被せてから、ラッピングしましょう。

 

その7.ラッピングのコツ


ラッピングペーパーの上に、斜めに花束を置きます。対角線上の角を引っ張って、くるっと花束をくるみます。茎の部分をぎゅっと絞って、テープをぐるっと巻いて固定します。

下のとがった部分のラッピングペーパーを、後ろ側に折り上げて、ラフィアなどを巻き付けます。黄色の花束には、ブラウンのラッピングが良く合います。ラフィアなどでナチュラルな雰囲気のラッピングにすれば、失敗がありません。

どちらも、100円ショップでも手に入りますので、手軽にラッピングに挑戦できますね。

 

いかがでしたでしょうか。

コツさえつかめば、簡単に花束って作れるんです。ラッピングだって、お花屋さんでラッピングして貰わなくたって、自分でナチュラルテイストの素敵なラッピンが出来ちゃいます。

超かわいい、cuteな花束、自分で作ってみませんか。黄色いお花は、私たちの心を元気にしてくれます。癒してもくれます。そして、黄色は、幸運を呼ぶと言われる色ですよね。。

黄色いお花で作った超かわいい花束が、あなたに幸運を運んでくれるかも。

 

まとめ

黄色のお花をメインに超かわいい花束を作る7つのコツ☆

その1.1色でまとめるかアクセントとして使う
その2.アクセントカラーをプラスして
その3.組み合わせるのなら、暖色系
その4.手に持ちながら重ねていくだけ
その5.テーブルの上で重ねて作る
その6.少ない本数で作るコツ
その7.ラッピングのコツ

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃういます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!