アーモンドの効能☆女性に人気の理由と効果的な食べ方

アーモンドの効能☆女性に人気の理由と効果的な食べ方
アーモンドの効能は、最近注目されていますよね。多くの方々が、一度は身体にいい食品として聞いた事があるのではないでしょうか。アーモンドを使った商品も続々と出ていて、コンビニやスーパーでは何種類もの商品を見かける事も多いはず。

アーモンドの効能が注目されている分、身近な食べ物になってきたように感じている方も多くなりました。よく見かけているあんな小さい1粒に、どんな効果があるか気になるはず!嬉しいことにアーモンドの効能は、女性に必要な栄養素が豊富!

とくにビタミンE、食物繊維にオレイン酸など、美容に欠かせない栄養がいっぱい入っているのです。身体を思う方、身体の中から美容に気を使っている方、身体に優しく痩せたいと思っている方など、健康志向の女性におすすめなら、試したいですよね。

そこで今回は、期待できる女性に人気がある理由である、アーモンドの効能と栄養価を、効果的な食べ方とともにお伝えします。



 

アーモンドの効能☆
女性に人気の理由と効果的な食べ方

 

アーモンドと言えば!アンチエイジング効果☆


アーモンドはビタミンEが豊富で、1gあたりでは食品の中ではナンバーワン!ビタミンEが豊富と言われている、アボカドと比べるとなんと10倍。このビタミンEは若返りのビタミンと言われていて、抗酸化作用があります。

【 アーモンドの効能☆アンチエイジング効果 】

★ 酸化とは物が錆びてしまう状態、人間の酸化を防いでくれるものが抗酸化作用。とくにしみやしわへの効果が期待でき、加齢やストレスによる肌の老化を防ぎます。

・ またビタミンEだけでなく、ニキビの改善によいとされるビタミンBもたっぷり!

アンチエイジングの効果の高いスキンケアもいいですが、アーモンドの効能で、さらに身体の内側から健康に美しくなってください。

不溶性の食物繊維で、お通じ問題とさよなら


アーモンドは食物繊維も豊富!さらに、食物繊維には水溶性と不溶性の2種類がありますが、アーモンドは不溶性

水溶性は炭水化物の消化・吸収をゆるやかにして、身体への吸収を抑える効果があるのに対して、不溶性は水を吸収して便の量を増やすため腸を刺激し蠕動運動を活発化させます。

蠕動運動とは腸が縮んだり伸びたりして、食べたものなどを移動させる運動のこと…。

【 アーモンドの効能☆便秘解消 】

★ 蠕動運動をさらに活発にする、オレイン酸も入っているため、より他の食品に比べお通じの出もよくなるというのです。

・ オレイン酸はオリーブオイルやごま油、キャローラ油にも多く含まれますが、含有量はアーモンドがNO1。いろいろな油類より、アーモンドのほうが食べやすくておすすめ!

 

ダイエット効果で人気、アーモンドの秘密


アーモンドは高カロリーのイメージがありますが、意外にもダイエットにも効果あり。アメリカのハーバード大学の研究で、毎日の食事にアーモンドを取り入れた人の体重を調べたところ、多くの人が5キロ以上の減量に成功した結果が出ています。

しかも、1年間でリバウンドなしという効果も実証済み!でもなぜ、こんなダイエットに効くアーモンドの効能があるのでしょうか…。アーモンドの主成分はオレイン酸、リノール酸という「一価不飽和脂肪酸」でできていて、これが体内環境を整える働きがあるのです。

【 アーモンドの効能☆ダイエット 】

★ そして先に説明したとおりアーモンドには食物繊維も多いため、お通じをよくして体内の老廃物を排出したり、食後血糖値の上昇を抑えて、余分なブドウ糖を吸収しない働きをしてくれます。

・ 他にもアーモンドには多彩なミネラルが含んでいて、溜まった老廃物の排出してくれるので、デトックス効果が期待できたり、体内の余計な水分を排出してくれる、カリウムがむくみ予防をしてくれるアーモンドの効能も。

食事制限や運動だけではなく、身体の中から整えてくれるアーモンドの効能がたくさん。ダイエットの際はアーモンドも一緒に摂取してみてください。

 

アーモンドの基本的な食べ方


アーモンドは、大人の女性に1日に必要な摂取量をカバーすることも可能。量は25g、数にすると20~23粒!

【 アーモンドの効能☆基本の食べ方 】

★ 一気に食べるのは大変ですが、3食ご飯に合わせて食べれば1食に付き7、8粒!、おやつにも食べるなら1回につき5、6粒でOK

・ これなら気軽に食べられるはず。特に食事の30分~1時間前に食べると効果があがります。

柔らかい生アーモンドなら、さらに食べ方は豊富。粉砕したりペーストにすれば吸収をさらに高められて、効率よく摂取できます。細かく砕いてサラダやお菓子にふりかければ、カフェで出てくるお料理みたいで、おしゃれに楽しめるのも魅力です。

 

アーモンドの効果的な食べ方


そんなアーモンドですが、特におすすめなのがブレンダーで滑らかくしたアーモンドミルク!アーモンドミルクはここ最近、アレルギーで牛乳や豆乳が飲めない方にも飲めると、第3のミルクとして注目されている飲み物。

1度に沢山摂取できるし、飲みやすいのでオススメ!作り方は簡単です。生アーモンドは、一晩水に浸けた物を準備し、使う前に水洗いしてください。

【 アーモンドの効能☆アーモンドミルク 】

★ アーモンド1カップにつき、水を4カップ準備し、ブレンダーやミキサーに入れます。そのまま粉砕するだけ!

・ つぶつぶが気になる場合は、ガーゼなどでこせばOK。牛乳の代わりに料理やお菓子に使えるので、気軽にアーモンドを取り入れられます。噛む力が弱い、小さいお子さんやご老人も気にせず摂取できるのも嬉しいポイント。

コーヒーや紅茶に入れてティータイムにもおすすめ!シリアルの牛乳代わりに使えば、朝食やおやつのときにも気軽に摂取できます。食べやすい調理方法で効率よくアーモンドを摂取してみてください。

 

いかがでしたでしょうか、アーモンドのあの一粒に、こんなに沢山の栄養価が入っているなんて驚きだった方もいるのではないでしょうか。食物繊維やビタミンが豊富なものを沢山食べるのにも限界があり、毎日食べ続けるのも辛くなってしまうもの。

でも1粒が小さいアーモンドだったら、しかも毎回5粒ほどなら、続けやすいのもアーモンドのメリット。さらにアーモンドミルクなら、摂取量も多く手軽に楽しめます。

生アーモンドを水に浸すのが時間がかかり少し面倒ですが、夜寝てる間に準備しておけば朝には、美味しいミルクが作れる用意が整うので、時間のあるときはぜひ作ってみてください。

最近アーモンドミルクの市販のものも増えて来ているので、1度試してから作ってみてもいいかもしれません。またナッツアレルギーの方は、摂取は危険ですので、ご自身で判断してください。アーモンドの効能で、女性らしく綺麗になっちゃいましょう!

まとめ

アーモンドの効能と効果的な食べ方

・ビタミンEでアンチエイジング効果
・食物繊維でお通じスッキリ
・一価不飽和脂肪酸やミネラルで健康ダイエット
・まずはじめるなら市販のローストがおすすめ
・こだわり派なら、生アーモンド
・効率よく摂取するなら、手作りアーモンドミルク


連記事