花言葉で祝福を贈る☆7つのシーンでおススメの花々

花言葉で祝福を贈る☆7つのシーンでおススメの花々

花言葉で祝福を贈ると、ただ色合いやバランスだけで花束を見繕って贈るより、お祝いの気持ちがより一層相手に伝わります。しかし、生花のプレゼントは花屋さんに行ってその場で店員さんに任せてしまう人が多いのではないでしょうか。

職場の人が昇進をして異動をする際のお祝いや親しい人の開業、開店祝い、知人のお子さんの入園・入学祝いなど・・・。お祝いの日取りが事前にわかっているので、しっかりとプレゼントする花や花言葉についても調べておきたいものです。

それでは、花言葉で祝福を贈るにはどのような花がいいのでしょうか?それは、贈る相手と自分の関係性、相手に伝えたい祝福のメッセージによって、違います。そこで本記事では、それぞれ最適な花言葉の祝福の意味が込められている、花の種類をお伝えします。



 

花言葉で祝福を贈る☆
7つのシーンでおススメの花々

 

「母への愛情」を表すカーネーション


自分の母親や配偶者の母親に花言葉に感謝の気持ちを込めて贈るなら、カーネーションがおすすめです。カーネーションというと、母の日に贈る花の定番なのでありきたりだと思われるかもしれません。

【母の日の定番、カーネーションの花言葉】

・赤のカーネーションの花言葉は、「母への愛情」なのです。
・ピンクのカーネーションの花言葉は「感謝」です。

【カーネーションの花言葉の効果的な伝え方】

赤とピンクのカーネーションを合わせた花束で、母への愛情と感謝を伝える。

 

新規開業、開店祝いに幸せのコチョウラン


日頃からお世話になっている人や親しい人が事業を開業、開店するときには白のコチョウランの花を贈りましょう。

【新規開業にコチョウランの花言葉】

・白のコチョウランの花言葉は「幸せが飛んでくる、華やかさ」です。
・ピンク色のコチョウランは「あなたを愛します」で意味が違います。

【コチョウランの贈り方】

・コチョウランは専門業者が多くあります。
・2本立ち、3本立ちなどがあり、10,000円以上のタイプが主流です。
・コチョウラン専門店で、予算を伝えて選びましょう。

個人的に贈るささやかな花ギフトなら、ミニ胡蝶蘭「リ・アン」もおすすめです。2,000円台から見つけることができるでしょう。5,000円前後の予算があれば「ミディ胡蝶蘭」の種類も華やかでおすすめです。

コチョウランはこの花言葉から、新たな門出にはぴったりなのです。同じコチョウランでもピンク色だと花言葉は「あなたを愛します」と意味深になってしまうので、白を選ぶのが無難でしょう。

 

ポインセチアは祝福と激励を伝える冬の花


見た目にも鮮やかで、あらゆる祝福のプレゼントとして使えるのがポインセチアです。

【あらゆるシーンで贈れる、ポインセチア】

・ポインセチアの花言葉は「幸運を祈る、祝福」
・西洋のポインセチアの花言葉は「元気をだして」

【ポインセチアを贈るシーン】

「聖夜」の花言葉を持つポインセチアはクリスマスに最適!
・10月から12月が開花時期。お歳暮としても贈られています。

まさにお祝いや激励の花言葉を持つポインセチアは、相手に祝福の気持ちを伝えるには最適です。

西洋の「元気をだして」という花言葉は、祝福と今後の激励を兼ねてプレゼントをしたいときにもおすすめです。この花言葉はあまり知られていないので、ひと言メッセージで添えても喜ばれます。

 

「夢が叶う」、「奇跡」の青いバラで激励


困難な目標に向かって頑張り続けている人に贈るなら、青いバラがおすすめです。バラは、色によってその花言葉にも様々な異なる意味を持ちます。

【青いバラの花言葉】

「夢が叶う、奇跡、神の祝福」というちょっと珍しい意味が含まれています。

【青いバラのおススメのギフト】

・青いバラ一輪を、アクセサリーケースに入れたもの。
・青いバラにシルバーのラメを散りばめたギフト。
・青いバラとレインボーローズの組み合わせで「無限の奇跡」

もともと難しいとされてきた青いバラが、商品となっているだけでも大きな奇跡です。この青いバラを見ているだけでも、神秘的な気持ちになりますし、奇跡が起こりそうな気分になるでしょう。もらった側も身の引き締まる様な、清々しい気持ちになれます。

 

品のある凛とした女性にユリの花束


祝福する相手が清廉で純粋な女性の場合には、ユリの花が最適でしょう。

【ユリの花言葉】

・ユリの花言葉は「純粋、無垢、威厳」などです。

【ユリの花束を贈るシーン】

・知り合いのお子さんのお稽古事の発表会の祝福のお花として。
・知人や親戚のお子さんの卒業式や入学式に
・友人の結婚や、結婚記念日に
・品のあるおばあちゃんへ、還暦祝いにユリの花束

もちろん大人の女性にも差し上げるのもいいでしょう。「自分はあなたのことを、とても純粋だと思っています。」という気持ちも伝えることができるのがユリの花です。

 

門出を祝うスイートピー


春に咲くことと、その可愛らしい容姿から、卒業シーズンに人気が高いスイートピー。花言葉にも卒業にまつわるものがあり、おすすめです。

【スイートピーの花言葉】

・スイートピーの花言葉は「青春の喜び、新たな門出」です。
「優しい思い出、別離」という意味もあります。

【スイートピーが似合うシーン】

・入園、入学の際に祝福の気持ちを伝えるのに最適です。
・「優しい思い出」の花言葉を添えて、卒業シーズンに道を分かつ友人や恋人に贈るのにもおすすめです。

この「別れ」や「新たな門出」の花言葉は、スイートピーの蝶のような姿形からだと言われています。蝶が羽ばたくようなスイートピーは、花びらがフワフワとした印象で、見た目がとてもかわいらしく、甘い匂いがするため、女性に贈るのにぴったりでしょう。

 

マーガレットは友人の誕生日におすすめ


友人の誕生日やお祝いの時にお花を贈るなら、ただ祝福の意味合いが花言葉に含まれる花ではなく、友情の花言葉を持つマーガレットがおすすめです。

【マーガレットの花言葉】

・マーガレットの花言葉は「嘘のない友情、真実の友情、誠実」です。

【マーガレットを贈るシーン】

・友人の誕生日プレゼントとともに。
・友人の結婚式や、遠方に出向く時のお祝いに。

友情を謳った花言葉の花は珍しいですし、花びらを一枚ずつとっていく花占いでも有名なマーガレットは、派手すぎず、地味すぎない見た目なので、好み関係なく、万人に喜ばれるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。祝福の気持ちを伝える花言葉といっても、さまざまな祝福の形があるため、そのケースによって選ぶのに最適な花の種類はたくさんあります。そのため、花言葉で祝福の気持ちを贈る際には、どのようなお祝い、もしくはメッセージを相手に伝えたいのかを再度確認することが重要です。

さらには、花を贈る相手が家族なのか、友人なのか、お世話になった人なのか、恋人なのかなど、自分の関係性も意識をします。伝えたい気持ちと贈る相手が決まっていれば、最適な花言葉を持つ花は自ずと決まってきますから、不安であれば花屋さんに相談してみましょう。

花言葉までちゃんと考慮された花の贈り物をもらうと、受け取った側は、自分のことを心から思ってくれているんだと感動も一層大きなものになるでしょう。

 

まとめ

シーン別に花言葉で気持ちを伝える花選びのコツ

・母親への感謝の気持ちを贈るならカーネーション
・開業などビジネスの門出にはコチョウラン
・オールマイティな祝福に使えるのはポインセチア
・難しい難題に立ち向かっている人には青いバラを
・清廉な女性に贈るお花にはユリがおすすめ
・入園入学には青春の門出にぴったりのスイートピー
・友達を祝福するときは真実の友情、マーガレット

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃういます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!