きゅうり栽培は簡単!緑のカーテンにもなる7つのコツ

きゅうり栽培は簡単!緑のカーテンにもなる7つのコツ
きゅうり栽培が簡単に出来て、収穫も存分に楽しめるなら、何かと重宝する野菜だけに、試してみたくなりますよね。きゅうり栽培では、時期をずらして栽培すると、初夏から秋ごろまで収穫を楽しむことができちゃいます!

しかも、1株で3,40本ほどの収穫が見込めると言うから驚き!ただ、野菜類は適度な日光と水やり、湿度などの管理ポイントを理解することは大切です。

このポイントをしっかりと抑えれば、自宅のお庭やベランダでも十分にきゅうり栽培が可能。現代では、ベランダで育てて「緑のカーテン」と言われる、夏の日照りを和らげる状態を作り出すきゅうり栽培も人気!

きゅうりの原産国はインドのヒマラヤ。暖かい場所で育ち、日本でも夏の野菜の代表でもあります。コリコリした食感に水分やビタミンなども豊富

人気のある野菜だけに、慣れたらたくさん収穫できるとなれば、ぜひ育ててみたい野菜ですよね。そこで今回は、初心者でも成功する、きゅうり栽培7つのコツをお伝えします。



 

きゅうり栽培は簡単!
緑のカーテンにもなる7つのコツ

 

土作り準備


きゅうりの栽培は、まず土の準備から。植えつけの2週間ほど前から準備をしていきます。

【 きゅうり栽培:土作り 】

★ まず1㎡あたり苦土石灰約150g、1週間ほど前に完熟堆肥約3kg有機配合肥料約100gを混ぜてください。

・ ベランダで緑のカーテンを作りたいという場合は、大き目のプランターに土を準備。お庭なら株間50~60cmを目安に畑作りをすればOK!

きゅうりの根は比較的浅く広がるので、元肥は全面的にしっかり混ぜておくのがポイントです。

種まきの時期や仕方


きゅうりの栽培は、発芽適温が25、30度と高めなので、温度にも注意が必要。春先などまだ気温が低いため、保温マットを使ったりしながら、適温にしてください。

【 きゅうり栽培:種まき 】

★ まず種まきは鉢に2,3粒づつ種をまき、植えていきます。

・ お庭に直植をする場合は、点まきで2,3粒ほど。本葉が1枚くらいの時に間引きをするのが大切!

本葉が3,4枚くらいの頃に、鉢から大き目のプランターに苗植え。65cmほどの深型のプランターでは2株が目安です。きゅうり栽培は根が深くならないのが特徴。乾燥に弱いので、土の上に落ち葉や藁を引くのもコツのひとつ!

こまめに水やりをしてください。ただ、加湿しすぎると酸欠をおこしてしおれてしまったり、枯れてしまうことも!水はけの良い環境は必須です。

 

肥料の与え方


きゅうりを栽培するのに必要なのが肥料。きゅうりは成長が早いため、肥料切れをおこしやすいので、まめに追肥することが大切です。栄養不足になると実が大きくならずうまく育たないことも…。

【 きゅうり栽培:肥料 】

★ リン酸が良く効くように、液肥や即効性の高い化学肥料を与えるのが正解!

・ 目安として1株から5,6本収穫したあたりで追肥してください。

ただ、肥料は少しずつ与えるのが基本。たくさん与えてしまうのはNG!「根やけ」の原因になります。根やけが起きると育ちにくくなってしまうので、「少しずつ何度も」を合言葉に肥料を与えておくと安心です。

 

水やりのポイント


きゅうり栽培で、水やりはとても重要!実はきゅうり栽培の水やりは、午前中にするのがベスト。

【 きゅうり栽培:水やり 】

★ 鉢やプランターは、表面が乾いたらそこから水が出るように、しっかりと水を与えるのが目安。

・ 鉢やプランターは水はけを良くするために少し下に引いて、底上げをしておくのも、ちょっとした工夫です。

 

つるの誘引


きゅうりの栽培で忘れないようにしたいのが誘引。支柱やネットを使って早めに誘引してください。

【 きゅうり栽培:つるの誘引 】

★ 親づるは、ネットや支柱に誘引しておけば大丈夫。

・ 緑のカーテンを作るなら、ネットを上から張っておくと、よりやりやすくて便利。5・6節以上から出た子づるは、本葉を2枚ほど残してその先で摘むのが基本。

きゅうり栽培は成長が早いため、葉が生い茂りすぎないように、早め早めのお手入れで丁度良いスピードです。

 

病気・害虫に注意!


きゅうりの栽培で気を付けたいのが、害虫や病気

【 きゅうり栽培:病気や害虫対策 】

★ きゅうり栽培でかかりやすい病気は、べと病、炭そ病、つる枯病、ウドンコ病など!これらの病気は、多湿により発生しやすくなるのが特徴。

・ そのため、水はけのよい状態を作ることが何よりも大切です。特に下葉なども整理しておき、風通りや日当たりが良い環境を用意してあげてください。

虫ではアブラムシなどが付きやすく、ウイルス病を媒介。対策としては日々チェックして、早期発見、駆除するのが最も重要です。

 

収穫時期と、収穫のポイント


きゅうりの栽培は長期にわたり行うことができますが、収穫もこまめに行うようにしたいところ。

【 きゅうり栽培:収穫 】

★ 果実が17cmくらいを目安に収穫!最盛期には朝と夕方2回収穫が適切です。

・ この収穫が遅れると果実が大きくなりすぎに…。結果、株に負担がかかるため、収穫量も減っていきます。「早めに収穫」がポイント!

取り残しのないよう、こまめに見ながら収穫して行くのがきゅうり栽培での収穫です。

 

いかがでしたでしょうか、きゅうりの栽培7つのコツをお伝えしました。緑のカーテンを作るには、しっかりとつるを誘引すること!これだけでもきれいに収穫までできますので、成長と共に誘引してあげるよう工夫してみてください。

それだけに今では便利な、「きゅうり用のネット」も販売されています。きゅうり栽培の専用ネットだと、つるも簡単に巻き付くようにできているのが便利!

そういった市販のものを購入して、上手に使うのも手間が省けておすすめ。緑のカーテンは、見ているだけでも涼しく感じとても癒されるアイテムです。

ただ、きゅうりは連作障害を避けるために、同じ場所でも栽培間隔を2、3年あけるようにしてください。プランターなら、また土から作り直せば大丈夫!ベランダなどで育てても、人工授粉の必要もありません。

今回の記事を参考にして、ポイントをしっかり押さえ、美味しいきゅうりを収穫しちゃいましょう!

まとめ

きゅうりで緑のカーテンを作るポイント

・元肥のしっかりとした土づくりをする
・夏に向けて種まきの時期を決める
・少しづつ何度も追肥をする
・水やりはしっかり与え水はけも良くする
・つるは早め早めに誘引しておく
・病気害虫は早期発見、駆除する
・収穫時期を逃さずこまめに行う

待ち受ける運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人、お仕事や人間関係も、実は誕生日から運命の日を導き出すことによって分かるのです。

いま、メディアで話題の『運命の星』では、あなたの運命の人が誰なのか、そして、運命の日がいつなのか、期間限定で無料診断してくれます。あなたの今後の人生を左右する運命の日をズバリ教えてくれますよ。

幸運の行方が気になる人は是非やってみてください。