花の名前の漢字を使って素敵な名前を考える7つのコツ

花の名前の漢字を使って素敵な名前を考える7つのコツ
綺麗な花の名前に使われる漢字は、やはり綺麗で素敵なものが多いですよね。そんな花の名前の漢字を使った名前はきっと花のように素敵な名前になるでしょう。

花の名前を付けるのはよくないとも言われていますが、花は人を癒し、明るい気持ちにしてくれますので、花の名前を使いたいという方は多いのではないでしょうか。

実際に、花の名前の漢字を使った名前は人気の名前の上位に選ばれていますよね。

女の子の名前に使われることが多いですが、男の子の名前にも使える花の名前の漢字はたくさんあります。

花の名前の漢字を使って名前を考えるのはあなた自身なので、あなた次第で可愛くもかっこよくもなります。今回は、花の名前の漢字を使って名前を考える際のコツを紹介したいと思います。



 

花の名前の漢字を使って
素敵な名前を考える7つのコツ

 

その1:生まれる季節から考える


春だったら桜や菫など、誕生日の季節から名前を考えるとよいでしょう。

花は季節によって、咲く花が違ってきます。それならば、やはり生まれてくる季節に咲く花の名前の漢字を使う方が季節を感じられてよいのではないでしょうか。

まずは誕生日辺りに咲く花調べて、そこから気に入った花の名前の漢字を探していくつか選んでおくと考えやすいですね。また、誕生日にはそれぞれの日付によって誕生花というものもあるので、名前に使えそうな花の名前ならその漢字で考えるのもよいでしょう。

 

その2:読めないものは避ける


素敵な花には素敵な名前がついていますが、簡単には読めない難読漢字と呼ばれるものも多くあります。好きな花の名前だったり、その漢字を使いたいなと思っても、読めないものは名前としてはふさわしくありませんね。

出来れば、呼びやすくて誰でも分かるような名前がよいですね。どうしても使いたい場合は、その花の名前の一文字を使ったり読み方を変えてみるといいかもしれません。

 

その3:使えない漢字に気をつける


名前を考える際に気をつけてほしいのは、花の名前の漢字の中には、名前に使えない漢字も存在するということです。間違ってその漢字を使うことがないようによく調べておきましょう。

また、名前に使用するのはよくないとされる漢字もあるので、そちらについても調べておくようにしましょう。名前を考えた後に、その漢字は使えないなんてことにならないようにしたいですね。

いくら名前に使える漢字だからといっても、あまり名前に使うにはふさわしくないような漢字も出来れば避けたいですね。名前を考えて最終的に決めるのはあなたですが、子どもがその名前を付けられてどう感じるかを考えて漢字を使ってください。

 

その4:男の子の名前は女の子っぽくならないように付ける


花の名前の漢字を使った女の子の名前は考えやすいですが、男の子の名前となると少し考えてしまいますね。

かわいらしい花の名前の漢字を使うと女の子の名前のようになってしまうので、使う場合は組み合わせる漢字などに気を付けるといいですね。

もちろん、そのまま可愛い名前を付けてもいいですが、男の子の場合、からかわれてしまったりして嫌な思いをしないように考えて名づけてくださいね。

花の名前だとどうしても女の子の名前に偏りがちですが、樹木や果物も含めて考えると男の子の名前も考えやすいかもしれません。

 

その5:文字数の多い花の名前を使う場合は工夫をする


紫陽花や向日葵などは花も漢字も素敵ですよね。でも、そのまま子どもの名前としてふさわしいかどうか考えてしまいますよね。いくら素敵な名前でもキラキラネームと思われてしまうかもしれません。

文字数が多いけれど、素敵な漢字なので是非使いたいという場合は、漢字を一文字だけ使ったり縮めてみたりしてみましょう。そのとき、元の花がイメージ出来たらより素敵な名前になると思います。

漢字を組み合わせる場合は、組み合わせる漢字にも気をつけたいですね。「花」や「実」など花に関連するものや「春」「夏」といった季節と組み合わせると素敵な名前になるでしょう。

 

その6:花言葉も意識する


花には花言葉というものがあるのを知っていますか。素敵な花の名前には素敵な花言葉も数多くあるのです。

どんな風に育ってほしいという願いがあると思いますので、それに合った花言葉から花を探してみるのもよいのではないでしょうか。花言葉から花をいくつか選べばきっと、素敵な名前もすぐに浮かんでくるでしょう。

素敵な花言葉とは逆の意味の花言葉もありますので、悪い意味の花言葉を持つ花の名前を名づけることがないようにそちらも調べておくとよいかもしれませんね。

 

その7:子どもが書ける漢字を使おう


名づけた名前を一番多く使うのは名づけられた子どもですよね。子どもが書けないまたは読めないような花の名前の漢字を使わないようにしましょう。

出来ればそれと同時に、子どもがどんな花なのか分かるような花の名前にしたいですね。そうすると、子どもも自分の名前について説明をしやすいでしょう。

可愛い花の漢字、人と被らない変わった名前にしようと名づけるのはよいですが、一番に名づけられる子どものことを考えてくださいね。

 

いかがでしたか。

花の名前の漢字を使って名前を考えることは、名づけの方法としてはそれほど難しくないことのように感じますね。花の図鑑などで調べたりするのもよいですし、花屋さんや公園などに出かけて実際に花を見て考えると素敵な名前が考えられそうです。

綺麗な花はたくさんありますので、悩むと思いますがまずは、花の色や形、花言葉や、名前の響きなどから自分が素敵だと思う花を見つけてくださいね。

そして、子どもへの願いと花の名前の漢字を使って素敵な名前を考えましょう。

 

まとめ

花の名前の漢字を使って素敵な名前を考える7つのコツ

その1:生まれる季節から考える
その2:読めないものは避ける
その3:使えない漢字に気をつける
その4:男の子の名前は女の子っぽくならないように付ける
その5:文字数の多い花の名前を使う場合は工夫をする
その6:花言葉も意識する
その7:子どもが書ける漢字を使おう

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃういます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!